Bright Memories

かすかな記憶、つたない言葉

はじめてのりょこう

タイトルは「はじめてのおつかい」的な感じにしてみました。(どうでもいい) さて、恋愛シミュレーションアプリ『NEWSに恋して』をお楽しみの皆さま、イベントがやって来ました。本編を今か今かと待っている一部のコヤシゲ担にとっては、チュートリアル以来の物語…。まだ出会った所で終わっていたのに、はじめての旅行デートということは付き合ってしまっているのかと、既にイベントのタイトルだけで頭の中がこんがらがる。ドキドキする胸を押さえながら「STORYを読む」を押すと…。

まず、名前の呼び方が違う。自担は私のことを呼び捨てで呼び、私は自担のことを「シゲくん」と呼んでいた。「シゲくん」だなんて今まで呼んだことがなく、しかもゲーム内とはいえ付き合っている私たちだけの呼び方と考えた時、顔から火が出るほど恥ずかしくなった。さらに読み進めると「シゲくん」の家に行っているではないか。しかもひとりで行けるということは、前に来たことがあるということだ。家でドキドキしながら「シゲくん」の仕事が終わるのを待ち、何気ないことでイチャイチャし…。いやいやいや、こんなに親密な関係ってことは……(あっ…うん……そうだな、ここでは言えないな)ということだ。(どういうこと!?) そして、タイトルにもあるように、2人ははじめての旅行デートに出かける。あまり詳しいことは言わないが、シゲらしい設定もてんこ盛りで、思わず「うわ、リアルぅ〜!」と連呼したくなる内容。GLEEさんありがとうございます!ごちそうさまです!

第2話まで読み進め、ノーマルENDかプレミアENDを選べと言われた。ノーマルは今すぐにでも進めるが、プレミアの方がより甘い展開があるとのこと。「今まで本編配信を待ち続けて来た自分だからこそ、粘り強くプレミアを勝ち取ろうではないか!」となぜか闘志を燃やし、今までログインボーナスなどでゲットしたアイテムを駆使し、フィーバー中に自分モテ度をできるだけ上げた。更にイベントフレンドの皆さんにもご協力頂いた。それでもまだ足りない自分モテ度。ここはイベントファッションチェックで地道に上げて行くしかない。と言っても、私は本編を進めていない(=ガチャが引けない=アイテムがない)+課金もしていないので、部屋も服装も質素なまま。到底効率よく自分モテ度を上げることはできない。アイテムのリップグロスを買おうかと悩んだが、やはりイベントファッションチェックで自分モテ度を上げることにした。だが、本編を読み進めているユーザーや課金しているユーザーに勝てるわけがない。休み時間とフィーバーの時間が合えばいいが、私は社会人、仕事がある。では、どうすればいいか。チュートリアルを読んだだけでアプリをあまり利用していないユーザーが対戦相手に当たるまで、対戦相手をチェンジしていけばいいのである。対戦相手の交代には、お金もいらないし体力もいらない。この方法で自分よりもルーム魅力が低いユーザーを選んで対戦した。必ずExcellentが出るわけではないが、可能性はゼロではない。たまたま5回連続Excellentが出た時は、ボーナスとしてさらにモテ度を上げることができた。*1

他にもいろいろ触ってみようと、マイページの設定もやってみた。マイページを開いた時にどんなセリフを言って欲しいか設定できるというものなのだが、あるセリフが自担らしく他のセリフよりも音量が小さかった。こんなセリフを大きな声で言える人ではないので、ここでも「リアルぅ〜!」と言ってしまった。そして、まさかの1番下のセリフ、他のセリフ(というか挨拶)とはかなり違う。初めて気づいて聞いた時、恥ずかし過ぎて笑いが止まらず、むせてえずくというなかなか気持ち悪い反応をしてしまった。そして首元から熱が上がり、鏡で自分の顔を見ると赤面…お風呂上がりと同じくらい顔が赤くなっていた。もちろんGLEEさんをナメていたわけではないのだが、まさか自分がゲームで異性にときめき、赤面する日が来るとは思ってもみなかった。

*1:ただ、この方法でやっていると、何度チェンジしても自分よりルーム魅力が低いユーザーが出てきづらくなってきた。何度チェンジしても、同じ人がループで回ってきている気もする…

祝!充電完了〜『KAT-TUN 10TH ANNIVERSARY LIVE TOUR “10Ks!”』のDVDを観た〜

2016年秋、師匠と上田担の友達と3人で鑑賞したこのDVD。この『KAT-TUN 10TH ANNIVERSARY LIVE TOUR “10Ks!”』終了と共に充電期間に入った3人。前回のカウコン(2017→2018)で充電完了を報告、新曲も披露した。そんな彼らの充電完了をお祝いするという意味を込めて今回鑑賞する。さらに今週のコンサート『KAT-TUN LIVE 2018 UNION』に参戦するので、復習という意味も込めて。(普段からよくKAT-TUN聴くけど最近はEPCOTIAオンリーだったので)それでは感想をどうぞ!(セトリとか完全に忘れてるので初見っぽい感想かも…)

紅く染まる東京ドーム。まるで血の海の様に、ペンライトを振るたびに波打つ。始まる前の、3人からのメッセージ。KAT-TUN3人とhyphenだけの特別な時間が始まる…。懐かしい映像と共にこれまでの歴史を辿る。ツアーロゴを見るだけでこんなにも記憶が呼び起こされるものなのかと驚いた。

1曲目の『GOLD』イントロの足音だけで胸が既に熱くなる。「中丸くんの銃で撃たれたい…」なんて思ってたら、上田くん涙ぐんでる…?気のせいかな…?相変わらず素晴らしく豪華なセットと演出。上田船長の掛け声でいざ出航!お顔が美し過ぎて、言葉を失うほどなんですが。シングルを歌っていく3人、徐々に汗が滲み出て、首筋にタラリと流れる汗も美しい…。『WHITE』でBメロの掛け声に合わせて拳を突き上げる中丸くんが可愛くてだな。お客さんに対する言葉が凄く乱暴だけれど、ただの“好き”だけじゃ、こんなに乱暴な言葉、耐えられないはず。きっとKAT-TUNとhyphenの信頼関係がしっかり築かれているからこそなんだと思う。(ヲタクは、KAT-TUNは「声出さないと命はねぇぞ!」と言うのが当たり前、これこそがKAT-TUNなんだと思うかもしれないけれども、心の底で信頼しているからこそ当たり前だと思えると言いますか……言ってること伝わってます?)『PERFECT』では中丸くんの合いの手が最高過ぎて、自分が入った時もこんな合いの手入れてたことを思い出してニヤニヤしてしまった。凄く良い歌詞の曲でこういうことするのってズルくないですか?笑 豪華なセットや衣装、派手な特効はもちろん、3人の歌声や掛け声、仕草や熱い視線により、いとも簡単に彼らの世界にのめり込む。

それにしても『DON’T U EVER STOP』中丸氏の丸眼鏡の破壊力たるや…。可愛いとカッコいいが共存していて、頭はもうパニックなのに『MOON』で亀ちゃんが暴走。和装をした女性に見立てたスタンドマイク昨年のNEWSのツアー『NEVERLAND』で手越さんが披露したソロ『I'm coming』を彷彿とさせるような動き…。NEWSファンで気になった方見てください!(このタイミングで言うとなんかNEWSファンがエロいの大好物みたい…間違いではないか…) 『KISS KISS KISS』を歌う頃には亀ちゃんの前髪が汗で艶やかに。ただでさえ色気ムンムンな曲なのに、さらに色気出してくるのはもう正直言ってしんどいです。

さて、ここからが本格的にKAT-TUNの過去の楽曲を巡る旅のはじまり。ラップがある曲はどうしても脳内で勝手に聖の声が聴こえてしまうけど、それはもう無意識だし自分しか聴こえないからオッケー(笑)『LIPS』からの『YOU』の表情の変化が激し過ぎて、もうついていけません…。MCでも「こんなに口が悪いけど意外とナイーブ」と言ったり、とにかくギャップが凄い。このギャップに気づいてしまったら、もう終わりです。人生の終わりです。(話が壮大)

中丸くんの心の声が漏れてるシーンからヒューマンビートボックスまで、過去にコンサートとDVDで2度見たはずなのに大笑い。映像と本人の動きが合うと見てる側もなんだかスッキリして、さらに笑ってスッキリでしょ?ずっとキャーキャー言ってるのもコンサートの醍醐味だと思うけれども、こうやって笑わせてくれる。しかもソロで。KAT-TUNはエンターテイナーの集まりで、色んな種類の楽しみを提供してくれる。だからこそ、多くの人の心の隙間を埋めてくれるのかと。だから、他のグループのファンだけど「なんかKAT-TUNいいわぁ〜」としみじみ思ってしまう人が多い気がする。(私もその1人)(かなり個人的な見解) そして亀ちゃんが登場し、過去のドラマの役を思い起こさせるような言動が。恥ずかしがりながらも躍ったり茶番をしたり…。恥ずかしがってるのも含めて、ごちそうさまですっ!(私はドラキュラに弱いのでここでは感想を控えさせて頂きます) 可愛く「10Ks♡」で締めた亀ちゃんの後は、バイクの音と共に上田くん登場。東京ドームでバイク走らせるなんて…しかも「迎えに来たぜ」ってhyphenの彼氏感が凄い。そしてコンサート中に手榴弾を投げられるのは後にも先にも上田くんだけです。

同じ衣装でも曲に合わせてライティングを変えて、こういう細かい工夫がコンサートを支えている。スタッフさんありがとうございます。3人の幼少期からの映像が流れ、2015年の先に『4U』の歌詞が。アイドルから「歌って!」と言われずに、こんなにスムーズにファンがコンサート会場でひとつになるとは。これこそコンサートマジックと言えるだろう。

『TRAGEDY』からは、ペンライトと同じ紅色の衣装で登場。この曲も次の『UNLOCK』もこの頃だとまだ新曲だったので、かなり聴き込んでいたと思う。だからか、映像では他のメンバーが歌っているのに田口くんの声が勝手に聴こえてくる。CD音源大好きマンなので、仕方ないですね。*1そして、3人になって初めての楽曲『君のユメ ぼくのユメ』を披露。白いロングジャケットを羽織った3人。どちらかというと静かな方の曲だと思うのだが、3人から感じたパワーは凄まじく「今から色んなことを個々で吸収して、フル充電してやるぞ!」と充電前に全てを出し切っているように感じた。6人、5人、4人で湧かせていた東京ドームをたった3人で盛り上げ切った。本編最後のモニターを使った演出も良かった。「Special Thanks to “-”」に愛を感じて泣きそうになったところで、アンコール!KAT-TUNが終わるわけじゃないんだから、笑って「またね」と言えるように楽しい曲をアンコールに詰め込んでくれたんだと思う。そんな中で『PRECIOUS ONE』は3人でひとつの音楽を作り上げていて、hyphenへの想いをアンコールの最後に伝えるなんてロマンチックだなと思った。WアンコールはKAT-TUNを忘れないように、名前を心に刻むかのように叫んだ記憶が思い出された。

ということで、以上がDVDの感想。このコンサートで感動したことを思い出した。それは、曲のタイトルが今の少クラのように画面の左上に表示されるということ。あるようでなかった心遣い*2、hyphen以外のお客さんも楽しめたのでは。

これはNEWSにも言えることなのだが、メンバーが減ったグループは、歌の面では抜けたメンバーのパートを残ったメンバーの誰かが歌うことになる。昔から思っていたのだが、KAT-TUNはどのメンバーもハモりに回れるのが強みだと。歌うパートが増えて、さらにハモるパートが増えても個々のクオリティーが高いKAT-TUNは全く問題ないなと思った。そして、ダンスの面では立ち位置が変わってくる。KAT-TUNのように1人ずつ減るとなると、偶数と奇数を交互に迎えてセンターの有無問題が毎回発生する。だが、どんな形でも成り立ってしまうのがKAT-TUNだ。(MCではアンバランスだったけれどもw)

と、長々失礼しました。今週末のKAT-TUN楽しみ!やっとここまできた。久しぶりに「声出さねぇと命はねぇからな!」と言われたい。特効も含め、あのパフォーマンスのデカさをまた体感できるとは。熱、感じてきます!

*1:と言っておく。エイトの件でまだモヤモヤを引きずっております…

*2:やっているグループが既にあったらすみません。私の記憶の限りでは初めて見ました…

新しい道へ進む決断

NEWSが絶賛ツアー中、来週にKAT-TUNのコンサートを控えた今日2018年4月15日に、関ジャニ∞からすばるくんが脱退、年末には事務所を退所すると発表があった。昨日Twitterで、フライデーのことや会見が開かれることを知った。チラッと見ただけでこんなに大ごとになるとは思わず、特に誰かに話すわけでもなかった。今日、日曜日だったが珍しく仕事があり、会見時は外出中だった。仕事の合間にTwitterを覗くと…トレンドに「すばる」とあった。その瞬間「脱退」と「退所」を悟った。

すばるくんだけじゃない。他の人が辞めていった時も急だった。テレビではまだグループとして活動したとしても、私たちファンが会えるのはコンサートや舞台、イベントと限られている。2010年に山Pと亮ちゃんがNEWSを脱退した時も、知らない間に6人最後のコンサート*1が終わっていた。私は今まで運良く関ジャニ∞のコンサートに3度行くことができた。昨年のジャムにもお邪魔し、最高の夏になった。だがそのジャムが、すばるくんが関ジャニ∞として最後の出演コンサートになるとは。やっぱり急だ。

夜になって、少しは感情の整理が出来るかと思ったが無理だった。まだ【関ジャニ∞】と【渋谷すばる】を切り離すことに違和感を感じる。これから年末に向けて徐々に受け入れて行くのだろうか?それすらも想像できない。会見の映像を観たが、泣いているメンバーと泣くのをこらえているメンバー、そして無理に笑おうとするメンバー…。私をジャニヲタにした友達である師匠が当時1番好きだったグループ、関ジャニ∞。自分が関西人ということで勝手に親近感がわいていたグループ、関ジャニ∞。You&Jというのもあり、特別視してきたグループ、関ジャニ∞。そんな関ジャニ∞が変わる。すばるくん、そしてすばるくんのいない関ジャニ∞をこれから応援することができるのかどうかはまた考えよう。今は何も考えられない。会見の村上くんと同じように「なんでや…」「嫌や…」という気持ちばかりが湧いてくる。

「脱退」「退所」の発表があった日の正直な気持ちをありのままに書いた。時間が経つと人間は恐ろしいもので、無意識に綺麗な文章を書こうとする。なので、あえて今の心の中身をさらけ出してみた。

 

いつもいた人がいなくなって初めて、その人の存在に気づく。

*1:『LIVE!LIVE!LIVE!』しかも人生で初めてのコンサート

NEWSと恋、してる?

3月27日にNEWSの恋愛シミュレーションゲーム『NEWSに恋して』がリリースされた。TwitterなどのSNSを見ると予約注文している方が多く、例に漏れず私も予約注文していた。メンテナンス中にアプリを起動してしまった為、アプリを1度消して再インストールしたりスマホを再起動させたりと、きちんとアプリが作動するのに何時間も掛かってしまったが、なんとかチュートリアルまで辿り着いた。始めてみるとちょくちょくリアルな部分があり、その度にドキドキ。メンバー同士の絡みなんてコンサートのMCでよく見る感じで、画面上はタップで写真とセリフが変わるだけなのに、情景が流れるように思い浮かんで動画を見ているようだった。写真はこのアプリの為に撮影したということで、表情も豊かで(良い意味で)生々しい。真面目にチュートリアルのセリフもしっかり一言も漏らさずに読み、無事に本編へ……。

「あれっ、自担の本編がない!?」

コヤシゲを選んでも“Coming Soon”の文字が出てくるだけ。どうやら今はテゴマスの2人だけ本編が配信されているようだ。ここで私は同担がどうしているかが気になった。自担の本編配信を待つか、テゴマスのどちらかと先に恋を始めるか…。Twitterを覗いてみたところ、テゴマス(特にまっすー)と恋をしている人が多かった。私もチラッとまっすーを選ぼうかと思ったが、やめにした。自担に対して罪悪感を感じたからだ。そして、初めての本編は自担であるシゲに捧げたかったのである。(処女を捧げるみたいに言うなよキモヲタ!) 

ということで、いまだに何もできずにモヤモヤしている私。NEWS皆好きなのは間違いないけれども、私はやっぱりシゲが1番なので。本編は出来ないものの、毎日ログインしてログインボーナスを受け取ったりNEWSみくじをしたり。先週の金曜日に初めて大吉が出て、小山さんが「雪、キスしてもいい?」と言ってきた。私は真面目にスマホに向かって「私にはシゲがいるのでキスはできかねます」と丁重にお断りした。小山さん、すみません。それにしても、マイページに戻るたびに自担から「おはよう」「お疲れ」と言ってもらって仕事の疲れが吹っ飛ぶのは、かなりありがたい。新年度が始まって心機一転というのもあるが、自担からの挨拶や労いの言葉によって仕事のモチベーションが上がっているのは間違いない。更に、たまたま職場の先輩にアプリの説明をしていた時、マイページを開くと「大好きだよ」と言われて固まってしまった。(ちなみに普段1人でアプリを開く時は、自担に何か言われると恥ずかしくてとりあえず笑ってしまう)

今はTwitterでフレンドを地味に増やしたり、フレンドの挨拶回りをしてチケットを増やしている。できることからコツコツと。テゴマスを選ばずコヤシゲの配信を待っている方、一緒にソワソワしながら本編配信を待ちましょうね…!!