Bright Memories

かすかな記憶、つたない言葉

初めてのファンレター

タイトル通り、私は生まれて初めてファンレターというものを書いた。もちろん、自担の加藤シゲアキさんにだ。郵送ならいつでも送れるのだが、以前『中の人』という舞台をやっていた時に友達がスタッフさんに手紙を渡したと聞き、私もファンレターを渡すならその渡し方がしたいと思ったのである。そして今年、自担の舞台が決定。ちょうど「今自担にこれを伝えたい!!」ということがあったので、ファンレターを書くことに。初めてファンレターを書くことになった私の、内容を考える所から渡す所までを、どうぞ!

1.内容を考える

さて、ファンレターを書くと決めたものの、何を書こうか。初めて書くので、書き出しは「はじめまして」に決定。調べて色々な意見を聞いた結果「挨拶→自己紹介→ファンになったきっかけ→(感謝していることを含め)ファンレターを書こうと思ったきっかけ→今回の舞台のこと(まだ観ていないので楽しみにしています的な)→最後の挨拶」という流れに。本当は、ここ数年の活動の感想も書く予定だったのだが、あまりにも長くなり過ぎるので今回はカット。「またファンレター書けばいいじゃないか」と自分に言い聞かせて、内容は簡潔に。何を書きたいかとりあえずスマホのメモに書き出した。

2.レターセットの購入

誰とも被りたくないという一心で、小さな文房具屋さんでレターセットを選んだ。期待は全くしていないが、念のため返信用封筒も購入。自分が送る封筒よりもひとまわり小さいが切手を貼れば送れる封筒があったのだ。

3.下書き

スマホのメモに書き出した内容の中から、今回採用したものをピックアップ。スマホのメモに下書きをしてみる。どれくらいの文字数が適切か調べて、一旦下書きをコピーしてはてなブログの下書きへ。はてなブログは文字数が出るので便利だった。そこで今回は要らない内容をカットし、最終調整。

4.いざ、その時…

舞台を観に行く前夜。便箋を机に出し、黒ボールペンを手にする。スラスラ書きやすいからと、いつも愛用しているジェットストリームを採用。ボールペンを握って、便箋に向かい合う。

f:id:ofxt11:20171107170735j:image

(※画像が見えづらくてすみません。使用した便箋です…)

手は冷え切っているのに手汗が止まらず、小刻みに震えるばかり。「ひゃぁぁああ!」と奇声を発し、ボールペンを握り直して、1行目「加藤シゲアキ様」……が、やっぱり書けない。ジャニヲタにした同期とLINEをして、慰めてもらいながら一旦心を落ち着かせる。

f:id:ofxt11:20171107170916j:image

ここまで書くのに、30分かかった。わかるだろうか、紙が少しよれていることに。こんなに手紙を書くのに緊張したことはなかった。胃が痛くなり、冷や汗が止まらない。ここにきて「読まれたいけど読まれたくない…」などと言い出し、また同期に慰めてもらう。今思うと、なんて面倒臭い人間なんだ。その後1時間半程かかったがなんとか書き上げ、返ってこないのはわかっているが一応返信用封筒も入れておく。もちろん自分の住所と名前を書き、切手も貼った。

5.記念に…

次にファンレターを書く時に内容が被ってはいけないと思い、初めてのファンレターという記念ということもあり、手紙をコピーしておいた。次に書くときの参考になるだろう。

6.ファンレターを渡す時

日劇場に入り、周りをキョロキョロ。調べたところによると、ジャニーズファミリークラブの方でも劇場スタッフでも良いと書いてあったが、できるなら前方が良いと思い、探す。時間が迫り、結局舞台終了後に渡すことに。舞台を観て、ロビーにて再びキョロキョロ。ジャニーズファミリークラブの方らしき人が1人…2人。勇気が出ず、人見知りが発動。友達に勧められ、先にアンケートを書くことに。途中で「もうすぐ閉館時間となります…」と聞こえ、急いで書く。書き上げた頃には、私たちとあと数人しかいなかった。もう今しかない、と腹をくくって「すみません」とジャニーズファミリークラブの方らしき人に声をかける。「ファンレターは受け取ってもらえますか?」と伺うと「はい!」と快く受け取ってくださった。緊張感から解放されたからか、自担が読むのを想像するとなぜか不安になったからか、はたまた歳のせいかわからないが、少し泣いてしまった。本当になんて面倒臭い人間なんだ(2回目)。

…ということで、無事渡すことができた初めてのファンレター

f:id:ofxt11:20171107181317j:image

自分らしくをモットーにしていたのだが、気がついたら文末は全て「。」で締めくくっており、文章も堅かったかなぁと。「ありがとうございます」を「感謝しております」と表現したのはまずかったかもしれない…。同期にも「仕事の手紙みたい(笑)」と言われてしまった。「次に活かせばいいさ!」と、先週誕生日を迎えた彼のようにポジティブに考えようと思う。

Happy Birthday 〜好きな所10個挙げてみた〜

手越さん、お誕生日おめでとうございます!NEWSの最年少であり、1年で誕生日が来るのも最後で。おや、NEWSの最年少が30歳に?NEWSは全員30代ということか…。(現実味がなさ過ぎる) 今年は、誕生日を迎えるメンバーの好きな所を挙げていっていたので、手越さんもやってみよう!

1.サッカーが好きな所

手越さんといえばサッカー。私は全くサッカーに興味がなかったのだが、手越さんが熱く語るサッカー愛に少し影響を受け、朝早起きしてサッカーの試合をテレビで観たこともある。大人になっても余計なことは考えずに「好きなものは好き!」と、真っ直ぐな目で訴えかける手越さんが好き。

2.歌声と表現力(目)

ジャニーズ随一の歌唱力を持つ手越さん。そのハッキリとした歌声は、まっすーと2人のテゴマスでも、4人のNEWSでも霞むことはない。少年の様な無邪気な歌声は母性本能を擽り、30代の彼もその歌声できっと多くの人間を魅了するだろう。手越さんの歌い方で特徴的なのがビブラートである。良い意味でも悪い意味でも目立つが、アイドルたるもの(特にNEWSは個性の集まりなので)自己表現をしてなんぼ。彼のビブラートにも種類があり、妖艶な曲では誘う様な目をしてビブラート。力強さを感じ、引き寄せられる感覚に陥る。はたまた、失恋ソングでは捨てられた子犬の様な目をしてビブラート。今にもこぼれ落ちそうなその涙を拭いたくなること間違いなし。

3.音の取り方と歌い方

音楽的な話になるのだが、歌う上でキーというのは重要なものである。歌い手というものは、基本的に音符の上を歌わなければならない。わかりやすく言うと、同じ「ド」の音でも、半音低い「シ」に近い「ド」から半音高い「ド♯」に近い「ド」まで、幅広い。曲によって例外もあるが、手越さんはいつも真っ直ぐにその音を歌う。低くもなく高くもなく、聞き手の心にスッと入り込む様なそのテクニックは、CDだけでなく生でも堪能できる。それプラス、手越さんの歌い方は合唱的な部分も感じる。例えば、3種類の「ん」があるのはわかるだろうか?日本語では「ん」「ん」でしかないが、英語では「n」と「m」、そして「ng」がある。合唱的な歌い方は、どの「ん」も口を開けて発音するのである。口を閉じてしまうと折角の歌声が籠ってしまう。だが、手越さんは口を開けて発音しているのがよくわかる。手越さんの歌声が多くの人の心に届くのは、必然だったのだ。

4.画伯な所

こんなに完璧な孤高のアイドル、手越さんにも出来ない…いや、本人は出来ないなんて1ミリも思っていないだろうが、絵が本当に残念(笑)私は絵のセンスのかけらもない人間なので、手越さんのことをあまり強く言えないのだが、それでも手越さんの絵は酷い。やっぱり神様は公平にしてくれているんだと思いつつ、そんな絵の下手さえも“手越画伯”と周りにインパクトを与えて、自分にとってプラスな物にしていく手越さんがすごい。

5.正直な所

毎週日曜放送の『世界の果てまでイッテQ』での手越さんは、他の共演者に対して強気な発言をしていることが多く、観る人によっては「なにがわかってあんな言い方をするんだ」と思う人もいるだろう。何年も放送が続いているモンスター番組で何年も一緒にやってきたということは、それなりの仲だと考えられる。お互いにわかり合っているからこそ、そういう発言ができるのだと思う。手越さんの正直な所がイッテQでネタにされることも多く「だって◯◯だもん  ゆうや」などと笑うポイントにされているのだ。週刊誌などで報道があっても幅広い層から応援されているのは、きっと手越さんが正直だからだと思う。

6.憎めない愛されキャラ

さて、週刊誌ネタといえば。先日のイッテQで週刊誌ネタをナレーションでぶち込んで来たのには脱帽だった。世間を騒がせたにも関わらずイッテQには出演しているし、さらに本人のVTRの中のナレーションでそのネタをイジるとは。なんやかんや愛されてるなぁと感じる。イッテQ側と手越さん、お互いに信頼しているからこそ、イジれたのだろう。メンバーへのいたずらもそうだ。小山さんが寛容過ぎるのもあるが、使用済みの下着をカバンの中に入れても仲が崩壊することは無かった。「もう〜!」と思いつつもなぜか許してしまうのだろう。“可愛さは武器”という化粧品のキャッチフレーズのような言葉が似合う手越さん。可愛くて…嫉妬する。

7.恥ずかしがり屋な所

実は、手越さんは恥ずかしがり屋だ。世間的にはチャラいイメージで、ファンに対して「子猫ちゃん、愛してるよ〜♡」と言っているのは事実だけれども。これは本人も言っていたのだが、自発的にチャラい発言をしたり投げキッスをしたりというのは良いけれども、誰か(取材陣など)にお願いされてやるのは恥ずかしい様だ。あの手越さんが誰かに投げキッスを頼まれて恥ずかしがるなんて。意外なギャップ、手越さんにもあるんです。

8.くしゃくしゃな笑顔

目は猫みたいに線になってて、口は大きく開けて。大笑いしている手越さんを見たら、あのぱっちりお目目にセクシーな唇のお顔がこんなにも変わるのかと驚くだろう。一気に少年の様な無邪気な表情で、こんなにも素直に、そして豪快に表現する手越さんが可愛くて仕方がない。手越さんが大笑いすると、あくびみたいに周りにうつるのも素敵なポイントである。

9.ポジティブな所

実は私が1番手越さんの尊敬している所が、このポジティブな所だ。私自身自担と同じく元々ネガティブ思考だったのだが、今では手越さんを見習ってポジティブ思考の人間になったと思う。(手越さんや手越担には負けるが) 世界三大ポジティブに入っている手越さんを目指して、私もよりポジティブになれるよう、精進していく所存である。

10.ファンを愛している所

他のジャニーズのグループと比べてNEWSはファンに対しての愛が大きいと感じる。が、その中でもズバ抜けているのが手越さんなのではないだろうか。(※注意!ここからかなり個人的な意見があります) 毎回コンサートでのファンに対してのサービスや振る舞いを見て「ファンを愛しているなぁ〜」と感じるのだが、色々あったので今年は違った。東京のオーラスで泣いた手越さんを見て愛を感じた。あの涙を見て、ファンから手越さんへの愛が伝わった気がした。手越さんがファンを愛している様に、ファンも愛している。手越さんだけでなくNEWS全員に言いたいのだが、これからも愛し合う関係でいたいなと思う。

 

以上、手越さんの好きな所10個でした。途中で音楽的な話になったり話が脱線したりと、読みにくい記事になったかもしれない。が、他のメンバーの記事と比べて、書く熱量がスゴくて自分でも驚いている。誤操作で、一旦記事が途中から消えてしまうというハプニングがあったが、途中から書き直して今に至る。自担と正反対?なタイプの手越さんで、普段自担ばかり見ていると思っていたが、やっぱりなんやかんや他のメンバーも見ているもんだなと感じた。これからも唯一無二の、孤高のアイドル手越祐也でいて欲しい。

舞台 グリーンマイル

人生で2度目の舞台鑑賞。初めては2014年の『中の人』という舞台で、主演は今回と同じく自担の加藤シゲアキさんだった。この時は大阪の千秋楽をかなり前の方から見ることができて、自分の名義が優秀過ぎて鳥肌が立つほどだった。今回、自分の名義は外れてしまい一緒に申し込んだ友達からも「ダメだった」のLINEばかり…。最後の1人の連絡待ちをしている時点で、私はもう99%諦めていた。仕事中に来た最後の1人からのLINEは「当たったよ!」と。嬉しさのあまり飛び跳ねそうになった。そう、奇跡が起こったから。

「奇跡ってそんなに簡単に使う言葉じゃ無いでしょ?」と言われそうだが、私は安易に使っているわけでは無い。なぜなら、この最後の1人となった友達は『NEWS LIVE TOUR 2015 White』の名古屋公演以降会っておらず、それ以降はLINEもほとんどしていなかった友達で。今回なんとなく申し込み期間ギリギリに連絡してみると、その友達の名義で私の分も含めて2枚申し込むよと言ってくれたのだ。同担だった彼女を思い出さず、また会いたいなと思わなかったら、私は今回の舞台に行けなかったかもしれない。人との縁は大切にしようと改めて思った。

さて、舞台当選までの話はこれくらいにして、舞台当日のお話を。

チケットを当ててくれた友達と、お昼に京都駅で合流。ランチを食べ、おしゃべり。店を出てデザートを見つけて食べてまたおしゃべり。同担ということで、話がとても通じる。見ているところがほとんど一緒で、話はとても盛り上がった。もう1人会いたいと言っていた同担と劇場前で合流し、3人で中へ。劇場前で合流した友達とは席が少し離れていたが、舞台が終わってから再合流して少し話した。

舞台の感想としては、ざっくり言うと「死刑や無実、民主主義などを考えさせられた」である。普段考えもしないことで頭の中がぐるぐるしているが「この世の中での正義ってなんだろう…」とか「無罪と有罪ってなんなんだろう…」とか、答えのない疑問に彷徨う旅に出てしまいそうになる。かなり今更だが、私は事前にストーリーを調べずに舞台を観に行った。

印象に残ったシーンが3つある。ひとつ目は加藤さん演じるポールと、把瑠都さん演じるコーフィが所長の奥さんのメリンダ(脳腫瘍を患っており、その影響で暴言を吐くなど人が変わってしまった)を助けるためにトラックの荷台に乗って所長の自宅に向かうシーンがある。そこで、ポールがコーフィの無実に気づいてコーフィに色々な質問をするが、コーフィは「わからない」と答えるばかり。必死になって思い出せよとポールはコーフィに訴えかけるのだが、これは責任を持って看守という仕事に取り組んでいるポールだからこそ、コーフィの無実に気づけたと思うし、こうして熱心に無実を晴らそうとしているのではないかと思った。ふたつ目の印象的だったシーンは、最後にポールがコーフィの無実を晴らすことができず死刑執行となる場面だ。電気椅子に座らされたコーフィは、暗いのが怖いからと頭に布は被らず、頭に濡らしたスポンジを載せて固定される。ポールが「第2スイッチ、オン」と言って死刑が執行されるのだが、このポールのセリフの言い方が良かった。「第2スイッチ」と「オン」の間に少し間があり、ポールの口元が震えたのだ。無実なのに死刑執行されるコーフィに対して懺悔の気持ちもあったと思うが、無実の人間を死刑にできるこの世の中に怯えているようにも見えた。そして最後、みっつ目の印象に残ったシーンは、コーフィの死刑が執行された後…70年後に、周りのみんなが死んで行く中で生き続けているポールが、コーフィが残りの寿命を自分に与えたと気づくところだ。これは、コーフィからポールに「この世の中を変えて欲しい」というメッセージだったのではないかと思う。自分の無実を必死に証明しようとしてくれたそのポールの思いがコーフィにきちんと伝わったから、未来をポールに任せようと思ったのではないかと感じた。

と、内容に関してはこのくらいにしておいて。演出については、ライティングがとても良かった。明暗で牢獄の中と外を区別させ、グリーンの床を細長く照らすことで死刑が執行される場所までの道のり(グリーンマイル)を表現していた。コーフィが捕まるまでの説明をする場面でも、照明の色で地面や川を表現しており情景がすぐに浮かんだ。コーフィが特殊な能力を発揮する時(治す人の悪い物を吸い取り、外に吐き出すシーン)も、非常にわかりやすかった。ひとつ疑問があるのだが、第1幕も最後のシーンでデルという死刑囚の死刑が執行された。その時に鳥肌がたったのだが、冷気が客席に流れてきたような気がした。これは私自身が恐ろしいと感じて鳥肌がたったのかもしれないが…。

ということで、観劇した後以上のことをいくつかアンケートに書いてから、劇場を後にした。30分程、チケットを当ててくれた友達と、内容や演出、自担について語り合った。特に、役作りで変わった体格や姿勢、歩き方などの自担の話が止まらず、心から溢れる幸福感も止まらなかった。ストーリー自体は決して楽しいものでは無かったが、自分の身になる内容だった。

と、実際に舞台を観に行ったのは一昨日の6日。本日は千秋楽であり、今頃最後の公演が終わったくらいだろうか?きっと後悔の無いようにポールを演じ切っただろう自担に拍手を送りたい。1ヶ月と1週間位の間、お疲れ様でした。ありがとうございました。

そうだ 京都、行こう 〜グリーンマイル京都公演にお越しの方へ〜

9月30日から始まった舞台『グリーンマイル』は東京公演を終え、11月4日から8日までの京都公演を控えている。京都公演の会場である京都劇場京都駅ビル内という好立地にある。京都駅はどの新幹線も止まる上に、駅ビルや周辺施設がとても充実している。そんな京都駅を通勤でほぼ毎日通っている私が、京都駅のあれこれや、京都の交通機関や観光地などを紹介していこうと思う。

京都駅周辺について

まずはじめに、グリーンマイル京都公演にいらっしゃる皆さんが訪れる京都駅(周辺)について書いていく。といっても、ダラダラ書いても仕方がないので食事とコスメに絞って紹介する。※おみやげはどこでも買えるので省く

まずは、京都駅周辺の商業施設を一気に紹介。

1.京都イオンモール

イオンモールKYOTO公式ホームページ

2.京都アバンティ

京都アバンティ

3.みやこみち

近鉄名店街 みやこみち

4.京都駅ビル(京都伊勢丹があるところ)

京都駅ビル[Kyoto Station Building]

京都拉麺小路(ラーメンこうじ)

5.ポルタ

京都駅前地下街 - ポルタ -

6.キューブ

The CUBE 京都駅ビル専門店街

7.京都タワー

京都タワー Kyoto Tower オフィシャルサイト

8.京都ヨドバシカメラ

京都ヨドバシ【Kyoto-Yodobashi】

パッと思いついたものだけで8つもあった。もしかしたら私が知らないだけで他にもあるかもしれないが、とりあえずここではこの8つということで。どの施設も食事可能、コスメも購入可能である。1から8までの順は京都駅南(八条口)から京都駅北(京都タワーが見える方)としている。なお、京都劇場が近いのは4.5.6.7である。飲食店街とその他のお店が離れている場合もあるが、かなり充実していて便利である。ちなみに、2.3.5.6.7.8は地下通路でつながっている。食事に関してだが、穴場なのは2.アバンティだ。いろんなジャンルのお店があり選び放題。時間がない時にパッと食べられるのは4.京都駅ビル10階の拉麺小路だろうか。全国各地のラーメンを食べることができ、もちろん京都のラーメンも。次にコスメだが、有名な所だと5.ポルタにPLAZA 6.キューブにshop in がある。穴場は5.ポルタの東側(地下鉄の改札がある方)にある、コクミン。店自体は正直狭いが、PLAZA やshop in で入荷待ちのコスメが売っている可能性あり。

交通機関について

はじめに、皆さんは京都市内に(新幹線以外で)いくつの鉄道が走っているかご存知だろうか。関西圏の方や、修学旅行で来たことのある方はわかるかもしれないが、正解は京都市営地下鉄、JR、阪急、近鉄、京阪(京津線叡山電車も含む)、京福電鉄(通称嵐電)、嵯峨野トロッコ列車の計7つだ。聞いたことのある鉄道はあっただろうか。この中で、京都駅を始発駅としたり京都駅を通過する鉄道は、京都市営地下鉄、JR、近鉄の3つだ。そう、大阪と京都を結ぶ阪急や京阪に乗っても京都駅には着かない。非常に注意して欲しいポイントである。更に、阪急の駅【烏丸(からすま)】から京都市営地下鉄に乗り換えられるのだが、地下鉄の駅名は【四条(しじょう)】だ。地下鉄に【烏丸御池(からすまおいけ)】という駅があるが、そこではない。観光客が戸惑うポイントのひとつだ。

1.京都市営地下鉄について

地下鉄が出て来たので地下鉄の話をするが、京都市営地下鉄の路線はかなりシンプルである。簡単にいうと十字になっており、南北を走る烏丸(からすま)線と東西を走る東西線がある。先ほど出て来た【烏丸御池(からすまおいけ)】が京都市営地下鉄唯一の乗り換えの駅なのだ。南北を走る烏丸線近鉄が乗り入れており、東西を走る東西線は京阪京津(けいしん)線が乗り入れている。(両方直通電車があるので、要注意)

2.バスについて

バスは主に京都市営バスや京都バス、京阪バスにJRバスと言ったところだろうか。(運転がとても荒いか、逆に丁寧過ぎる)京都市営バスが個人的に市内の移動だと便利だろう。500円の一日乗車券が販売されており、市内の均一運賃区間内を3回以上乗る場合はこの一日乗車券を買った方がお得だ。(均一運賃区間内は1回の運賃が230円のため) 詳しくはこちら↓

京都市交通局:市バス・京都バス一日乗車券カード

ちなみに、ICカードが使えるか気になる方もいるだろう。京都市内でICカードが使えるのは確かだ。電車だけでなく、バスもICカードが使えるようになっている。ただ、駅内の全てのコンビニで全てのICカードが対応しているかというと、そうではない。PiTaPaのみ対応しておりICOCAは使えないなどということがあるので、ご注意を。

観光地

せっかく京都に来たのだから、観光もついでにしようという人も多いのでは?皆さんご存知の通り、京都には観光名所がいくつもある。もちろん全ては紹介できないので、ジャニヲタである私が勝手に選んだいくつかのジャニーズにゆかりのある名所を紹介する。が、調べた名所がわりと近くに集まっていたので、京都市内をぐるっと回るのではなく、私のおすすめコースを紹介する形になる。ちなみに京都市内の紅葉は今の所、ちょくちょく色づき始めたところが出てきた程度である。(詳しくは、ご自身で検索お願いします) なお、最寄駅は電車のみ記載。(最寄駅といっても、目の前に目的地がある場合もあれば徒歩20〜30分の場合もあるのでご注意を)

《美と屋》

最寄駅:阪急京都本線【西京極】、京都市営地下鉄東西線太秦天神川(うずまさてんじんがわ)】

関ジャニ∞の丸山くんが子供の頃から通っていた駄菓子屋さん。今でも帰京した時に来ることもあるとか。他のメンバーも一緒に来たことがあるそうなので、丸山くん以外のファンの方も行ってみては?

東映太秦映画村

最寄駅:JR嵯峨野山陰線太秦(うずまさ)】、嵐電北野線【撮影所前】

名前どおり東映の撮影所で、あの有名な水戸黄門など多くの時代劇が撮影されている場所。アトラクションやショーなどがやっており、修学旅行生が行く定番スポット。ちなみに、嵐の二宮くんと関ジャニ∞の大倉くんが出演した映画『大奥』の企画は松竹だが、撮影はこの東映太秦映画村(東映京都撮影所)でも行われた。(二条城、西本願寺仁和寺(にんなじ)でも撮影されていた) 近くに松竹の撮影所もあるが…もちろん門の前までしか行けない。

車折神社(くるまざきじんじゃ)》

最寄駅:嵐電嵐山本線車折神社前】

芸能の神様が祀られている。テレビや雑誌でもよく取り上げられているので、ご存知の方も多いのでは?訪れた芸能人の名前の書かれた赤い玉垣がズラーッと並んでいるのが印象的である。ジャニーズの名前もちらほらあるので、自担を探してみては?

《嵐山》

最寄駅:JR嵯峨野山陰線嵯峨嵐山】、嵐電嵐山本線【嵐山】、阪急嵐山線【嵐山】

言わずと知れた、桜と紅葉の名所。桂川にかかる有名な渡月橋は、ドラマなどでもよく目にする。そんな嵐山を訪れたジャニーズはNEWS加藤くんと関ジャニ∞の丸山くん。雑誌『Myojo』の連載『GIRL FRIEND』で2人は京都を訪れている。元々は嵐山ではなく貴船(きぶね)の川床に行く予定だったが、前日の雨の関係で嵐山になったとのこと。嵐山では、みたらし団子を食べたり人力車に乗ったり…。ちなみに必殺仕事人のロケ地(TOKIOの松岡さん出演シーン)である嵐山の竹林の道もオススメ。

 

最後にちょこっとおまけということで、『役に立つかも!?京都の地名クイズ〜!』

ここまで長ったらしい文章を読んでくださりありがとうございました。感謝の気持ちを込めて、他府県の方には読めないであろう京都の難読地名をクイズに。気軽にチャレンジ!(有名な地名や駅名になっている地名)

第1問『上終町』*1

第2問『糺ノ森』*2

第3問『先斗町*3

第4問『帷子ノ辻*4

第5問『御陵』*5

答えは下に。あなたは何問わかりましたか?

*1:かみはてちょう

*2:ただすのもり

*3:ぽんとちょう

*4:かたびらのつじ

*5:みささぎ