Bright Memories

かすかな記憶、つたない言葉

5 Performer-Z

1.テレパシーOne! Two!

この夏の音楽番組で耳にした楽曲。リズムが難しそうというのが第一印象だったが、聴き込むとそうでもなさそう。サビの入り方が気持ちよくて、何度もリピートしたくなる曲。

2.ドキナツ2017

少クラで披露していた曲。掛け声が盛りだくさんで、コンサートで盛り上がる予感。A.B.C-Zとデート!?学生のデートみたいな可愛いプランで、キュンとする。メロディーがキャッチーで覚えやすいしノリやすいし、もう既にペンライトを振りたい気分。

3.Endless Summer Magic

始まり方が嵐っぽい。アルバム『いざっ NOW ARASHI』に入ってそう。勝手にニノが歌ってるのが聴こえる程、入ってそうだと思った。このアルバムの中で1番アイドルっぽいサマーソング。掛け声なんかもしちゃって、一緒に夏を感じられそう。

4.Whippy

Whippyとは「しなやかな」という意味なんだけれども、歌詞の中では「しなやかな愛」「しなやかな心」と歌われている。決して破壊するようにはねのけるのではなく、主人公は相手に優しく、やんわり断られている様に感じる。歌い出しのとっつーの声が甘くて、それが逆に切ない雰囲気を演出している。花を相手に見立てて躍るのもいいなぁ。

5.Love To Love You

はっしーは英語の発音が上手いので、英語の歌詞も自然に耳に馴染む。それにしても、悲しい曲が連続だなんて夏なのにしんみり…。暗くなるわけじゃないけれど、なんだか考えさせられるというか主人公に寄り添いたくなる。

6.Mr.Dream

中田ヤスタカ氏ちっくなイントロ!?と思ったのは私だけか…。Jr.を引き連れて激しく躍る五関さんを期待したい。イントロではレーザーを出してシルエットで躍る五関さんが見たいんですけどどうでしょう?(黙って見てろ)

7.OTAGAI☆SUMMER!

ネタ曲かと思ったら、ラップ?ちゃんと韻踏んでるしA.B.C-Z盛り込まれてるし。いや、歌詞はネタっぽいんだけど良いこと言ってる。(上からスミマセン) サビの後からはもうふみきゅん節というか、いつものふみきゅんキターって感じ。

8.アツあつ!? 夏フェス☆!!

一気に塚ちゃんワールド。いや、ここはリカちゃんワールドか。色んなジャンルの曲調がコロコロ変わっていって面白い。この曲を聴くだけで夏フェス行った気分になること間違いなし!!(多分)

9.Dolphin

青春感満載のイントロ。爽やか過ぎる!白シャツにデニムってくらいシンプルで楽器もゴチャゴチャしていなくて。なんか少しミスチルっぽい気がした。(とっつーの歌声のせいか?) 低音が効いていて、心臓の高鳴りみたいで聴いていてワクワクする。

10.Fire in Love

コンサートではタイトル通り火が出てくるのだろうか。激しめのダンスナンバーな予感。イケナイお姉さんに引っかかる主人公?そんな燃えるような恋愛をどう表現してくるのか、非常に楽しみである。

11.Glory Days

ガラリと曲調が変わりまして。ラップとコーラスという、あまりA.B.C-Zのイメージがない曲。はっしーのファルセットが綺麗で聴き惚れてしまう。はっしーのソロかと思うくらい橋本パートが多くてビックリ。こういう曲もあるんですね〜。

12.Reboot!!!

シングル曲で、よく少クラで聴いていた曲。テンポ感が良くて歩いている時に聴くとちょうどいい感じだった。河合くんの「グッとFlying!!」の時に手で蝶々を表現するのが可愛い。コンサートでの、曲中のアクロバットが楽しみ。

bonus track

Lily-White

オシャレなハットにスーツで歌って欲しいなぁ…。「白い百合のような無垢を汚したくて」という歌詞にゾクゾクした。ふみきゅんとはっしーの2人に言われている気がして…あなたはどちらを選びますか?(私はとっつーです)(聞いてない)

All My Everything

『世界一』みたいな世界観を感じた。直訳すると「僕の全て」だが、きっと「君は僕の全て」ということだろうなと。これはひょっとしてヲタクが大好きなプロポーズソング…?だとしたらコンサートで勝手に幸せ噛み締めて来ます。

 

ついこの間、hyphenさん*1から(NEWSのLIVE DVDを見て)「NEWSって童話みたい。絵本を広げたみたいな世界観」と言われてかなり納得したのだが、だとしたらA.B.C-Z劇団四季っぽいなと。舞台で輝いているイメージのせいもあるが、楽曲も壮大な物から繊細な物まで幅広くあって「舞台のことならA.B.C-Z!」と言っても過言ではない程だと思っている。ついに明日はA.B.C-Zのコンサート。もう少し聴き込んでから楽しみに行きたいと思う。

*1:KAT-TUNのファンのこと

ジャム

関ジャニ∞のコンサートに行くということで、アルバム聴かねば……。師匠に連絡してみると、貸してくれるとのこと。今回借りたのは初回盤AとBで、楽曲は関ジャムで聴いたことがあるものもあったので楽しみにしていた。それでは早速、初聴きの感想いってみよう!

【初回盤A】

1.罪と夏

1曲目がテンション爆上げソング。このアルバムのジャケットからは少し想像できないチャラさ。でも、この曲をこのアルバムに入れるなら1曲目だなと。こういう曲を間に挟むのは難しいんじゃないかな…。コンサートも、この曲からドカンと勢い良く始まるのか!?

2.今

Mステや、夏の音楽特番でも披露された曲。サビのメロディーが、音階を上がって下がるだけというとてもキャッチーなつくりで。曲名も念押しするように、サビの最後に「今」を連呼。こんなに記憶に残る曲を作ったニセ明さんが、めちゃくちゃ気になる…。

3.DO NA I

関ジャムで聴いた曲。オファーした段階からの経緯を見てきた曲で、細かいこだわりも知ることができて。そういう部分に注目して聴くことができて、なんだか得した気分(笑)がっつり関西弁の所もあるのに、メロディーがめちゃくちゃ洒落てるからむしろ関西弁もお洒落に聴こえるスゴい。ところで、歌い出しが横なのは名前がYOUだから…?

4.なぐりガキBEAT

イントロの初めは、大人なバーで流れてそうな感じなのに…その感じを残しつつも関西色をプラスしてくるという。映画の主題歌ということで、映画のストーリーに寄せてる歌詞なのかな?(横ごめん映画観てない)とにかく、聴いててつい体を揺らしたくなるような曲だなと思った。

5.夢への帰り道

切ない丸ちゃんの歌声から始まるこの曲。ピアノもなんだかノスタルジックな感じで、全体的にしっとりほんわかしている。BEGINさんが作ってくださったからだろうか?帰り道ということで、夕焼け空を見上げながらサトウキビ畑を歩く少年が頭の中に出てきてなかなか消えてくれなかった…。

6.えげつない

この曲の感想、えげつない(笑)これにもっとファンが知り得ない情報とか盛り込んであれば最高だった…。今までにはない関ジャニ∞の新しいジャンルを開拓している曲で、デビューしてから10年以上経っているけどどんどん新しい姿を見せていって欲しいと思った。

7.パノラマ

PVのすばるくんが可愛過ぎるやつ。この曲はキーが低めだから、今回のツアー以降歌うのか疑問…。まぁとにかくサビ前の「Ride On!!」が気持ちいい。カラオケで歌ったことがない方は是非、全力でやってみてはいかがでしょうか?

8.Never Say Never

タイトルからしてオシャレな曲かと思ったら、意外とキャッチーなメロディーで。亮ちゃんパートの3連符の所がツボ!サビにも3連符使われているし、私の好み。それにしても、サビ前と曲最後の良い声は誰ですか?おーくらですか?丸ちゃんですか?コンサートで確かめて来よう…。

9.侍唄

『夢への帰り道』のような温かさがあって、聴いてて心地いい。あ、いや、この曲がシングルだって知ってましたよ?だいぶ前に発売されているのも知ってましたよ?iPodに入っていたものの、入っていることを忘れてずっと聴いていなかったという…。こんな良い曲を聴き逃すなんて本当に私はバカだ。

10.S.E.V.E.N 転び  E.I.G.H.T 起き

ガラッと雰囲気は変わり。コンサートでeighterさんがペンライトを振りながら楽しんでいる姿が簡単に想像できる。タイトル通り「七転八倒」「七転び八起き」を前面に押し出した曲で、こんなに風変わりな曲を歌えるのは関ジャニ∞しかいないなと。(褒めてる)

11.NOROSHI

男前丸山登場。バラエティー番組などでおちゃらけてる時とは全く違う、ベースを演奏する時の表情にグッとくる。和装が似合う関ジャニ∞も最強。歌詞も心に問いかけるものがあるし、生で聴けるのが楽しみ過ぎる。

12.青春のすべて

風が吹いた様な始まり方で、2人ずつユニゾンで歌う所が印象的。サビで細かいメロディーに言葉を詰め込む所が、いきものがかりの水野さんらしい。torn*1のファルセットが綺麗で、じっくり聴きたいと思った曲。

13.ノスタルジア

歌詞を見ると、主人公が君と星とを重ね合わせているのかな?イントロから機械的な感じの音がリズミカルに流れて来てオシャレだけど、どこか淋しげで。細かい休符が所々あるけれど、それは主人公の気持ちを表情しているのかな〜なんて深読み。

【初回盤B】

13.Answer

イントロは各楽器を演奏するということでよろしい?それにしても、アイドルが歌うにはめちゃくちゃ重いテーマなような。そんな曲を作って歌う三馬鹿はやっぱりそこら辺のアイドルとは一味も二味も違うってことか。 単語ひとつひとつの重みが凄くて、心にグサグサくる。あの3人にしか歌えないし、あの3人だからこそ歌えるし。「マイナス美学」って言葉が印象的で、今の自分には分からないけどこれからわかって行くのかな〜なんて思ったり。

 

ユニット曲が三馬鹿と歳下(あの4人の呼び方があったらすみません)で分かれている所がeighter得なのでは?ずっとこの分け方を待っていた人が沢山いる気がする。この感想、実は6月末にCDを受け取ってからすぐに書き始めたのだが、自担の誕生日やらなんやらで書き上げるのに時間がかかってしまった。もうコンサートに行くのは明日(7月21日)だ。行くまでに間に合ってよかった。なお、コンサートの感想はツアーが全て終わってから公開するので、当分先になるだろう。

今回借りることができなかった通常盤にのみ収録されている『生きろ』『JAM LADY』『Traffic』の3曲はどんな曲かわからないままコンサートに臨みます…。

*1:大倉×錦戸

音楽の日2017

土曜日に放送されたTBSの特大音楽番組『音楽の日2017』の感想を。当日は予定を入れていたためリアルタイムで観ることは出来なかったのだが、次の日、つまり今日はお休みだったのでゆっくり観て編集も完了した。なんて完璧な流れなんだ…。ということで、早速感想行ってみよう!

舞祭組

『棚からぼたもち』久しぶりの舞祭組。懐かしの手書きの歌詞。舞祭組を見る中居くんの表情が優しくて、親みたいだった。舞祭組が中居くんに絡みに行ったのは設定?アドリブ?もしアドリブだとしたら即座にはけた安住アナさすがだわ…。

Sexy Zone

Sexy Zone』熊本の男の子がいたからか、風磨がめちゃくちゃお兄さん風吹かしてた(笑)他のメンバーも心なしかいつもよりおとなしい気がした。あ、もちろんけんてぃーはアイドルのままで、いつものけんてぃーを貫き通していた。CD音源よりキーは低くなったものの、メンバーも歳を重ねて大人の男になってきたものの、聡くんとマリウスの可愛い歌声のおかげでだいぶデビュー当時の可愛さが保たれているなと感じた。

『ROCK THA TOWN』これって新曲…なのか?最新曲の間違いでは?まあ日本語って難しいなってことで。この衣装、Sexy Zoneっぽくていいなと。ただ風磨の衣装だけ中の服がラフな感じがした。たしかこの曲スーツのCMで起用されていたような。スーツで披露してくれても良かったのになぁと思った。

Hey!Say!JUMP

『Ultra Music Power』10年経っても変わらない若さ。当時のキーを歌えるのもすごいことで。綺麗におぼこさが無くなって、爽やかなお兄さんになったなぁという印象。

『明日へのYELL』テーマにピッタリな曲なので、歌うと思っていた。裕翔だけじゃなく、メンバー全員で歌う時もファルセットが綺麗でビックリした。いや、決して歌が下手だとは思っていなかったんだけれど、予想以上で驚いた。

『Precious Girl』CMでもお馴染み、この夏の特大音楽番組でもお馴染みのこの曲。美容関連のCMの曲というだけでなんだか女子力が上がりそう。いや、美しいメンバーのお顔を見るだけで女子力上がるか。今回は最後のフリを間違えずに躍れた山田くん、おめでとう(笑)

V6

MUSIC FOR THE PEOPLE』相変わらずキレキレな動き。なーのくんが赤いジャケットなのが熱い!カッコいい!あの優しいお顔に赤ジャケットって、ほんと罪…!

『愛なんだ』カッコいい衣装なのに、思ったよりも違和感なく観れた。ラップの部分やってくれたのが嬉しかった。NEWSが歌った時もラップをやっていたから、思い出してニヤニヤ(笑)

『never』役作り?でヒゲを生やしている剛くんがイケメン過ぎてビビる。黒シャツに黒ジャケット、身長はそこまでないのにスタイリッシュに見えた。この曲自体は初めて耳にしたけれども、電子音が時計のアラームみたいで現代っぽかった。調べてみると、この曲新曲だそうで。V6らしい、繊細で壊れそうな感じのメロディー(伝われ)で好き。

TOKIO

『LOVE YOU ONLY』歌う前にお客さんとやりとりするのがTOKIOらしくて、これがお客さんと一体化して見えるひとつの要因かなと思った。山口くんがこんがり焼けるシーズン、あのメガネが黒い肌にも似合うなんて知りませんでした。

『宙船』太一くんが、テレ東の時とは違ってかなり大人しかった(笑)やはりTBSでは朝の情報番組をやっているからか…?太一くんの手元がよく映っている気がして、こういう動きなのかと普段見れない物が見れて面白かった。

『クモ』真っ黒な衣装で、松兄のハットがカッコいい。後ろのセットも味があって、どこか空を飛ぶ飛行機のプロペラみたいだった。アウトロの太一くんの鍵盤がいいスパイスになっていたけれど、決して目立ちすぎることもなく。53枚目のシングル発売決定おめでとうございます。

NEWS

歌う前のトークで色々思うところはありましたが…まぁ黙っておきましょう。

『希望〜Yell〜』中居くんも回ってくれて笑った。で、さっそくコヤシゲー!コンサートでも感じたけれど、自担はストライプが似合う。めちゃくちゃ似合う。最近おでこ出してますが、いつ前髪復活しますか?

『U R not alone』選曲が素晴らし過ぎる。テレ東のはなんだったんだと思うくらい、日テレTBSと、ファンが聴きたい曲をピンポイントで歌ってくれるNEWSさすが。やっぱりファンといつも繋がっているからかな。まっすーの訴えかけている表情を観て、あの手越さんが感情を込め過ぎて若干走っている歌声を聴き、自担の力強い歌い方に心打たれ、小山さんの懇願の表情を観て、泣かないわけがないじゃないですか。この曲、ユニゾンが多くてハモリがない。ユニゾンじゃないところは、オクターブ違いで歌っていて。オクターブ違うけどメロディーラインは変わらず、そこにも「あなたは1人じゃない」というメッセージが込められている気がする。他のグループが3曲ずつ披露している中で、NEWSは2曲のみ。きっとこの曲を披露するなら長めにやりたかっんじゃないかなぁ…。そうじゃないと、この曲の伝えたいメッセージが聴き手に伝わらないから。きっとそうだよね、この曲にはNEWSにもNEWSファンにも特別な想いがあるから。

Kis-My-Ft2

『Everybody Go』ローラースケート履いてる!でも、7人もいたらあのステージは狭そう…。たいぴーの髪型、サイドがかなりシュッとしていて、絶対この髪型の方がイケメンだと思った。

『WANNA BEEEE!!!』最新技術がスゴい…けど、あれ、なんか『イッテQ』で見たことあるようなないような…。気のせいってことにしておこう。

『PICK IT UP』中居くんがじっと見ていて、ニカちゃんが笑ってしまっていた(笑)この夏の特大音楽番組で何度か聴いてきた曲だが、ジャニーズのEDMといえばKis-My-Ft2でこの曲はまさにグループにピッタリな楽曲だと思う。

ジャニーズWEST

『ええじゃないか』新曲の衣装でデビュー曲披露。早速濵ちゃんと中間くんがイチャイチャしてて夜中のノリがすごい(笑)そしてツインタワーは安定のビジュアル。

『おーさか☆愛•EYE•哀』イントロ始まった頃に濵ちゃんがヤバいヤバいと言っているような気がした…と思ったら。本当にヤバいことが起こっていた!濵ちゃんのサングラスが壊れていて、他のメンバーにアピールするものの笑われて終わり。まぁ濵ちゃん自身やグループのイメージのマイナスになるハプニングじゃなくて良かった。ハプニングも笑いに変えるジャニーズWEST、さすが関西人!

A.B.C-Z

『Moonlight walker』始めのふぉ〜ゆ〜のキャラが濃い!で、A.B.C-Zもハプニング!?塚ちゃんがスピーカーらしき物を引っ掛けて倒してしまってるように見えた。大丈夫なのかと本気で心配…。階段を上がった先に、スタッフさんに混じってLove-tuneが!そして清掃スタッフはTravis Japanで。まさかのJr.で心拍数上昇!

『テレパシーOne! Two!』さすが生放送&1カメショーということで「ハァハァ」とメンバーの息づかいが聞こえてくる。先輩A.B.C-Zが躍る後ろでも、一切カメラから目を離さないTravis Japan川島如恵留くん(笑)Love-tuneに安井くんがいなかったけど、別のお仕事かな…?Jr.をちゃんと紹介してくれる先輩A.B.C-Zさすが。最後に五関さんが謝っていたのは…スピーカーらしき物を倒したのはまさか五関さん?勘違いして塚ちゃんだと思ったよ、ゴメンね塚ちゃん(汗)

 

ということで『音楽の日2017』の感想でした。あ〜、NEWSが良過ぎた。NEWSのファンで良かったと改めて思ったパフォーマンスだった。NEWSのファンでいることが本当に誇らしい。今回でNEWSのメッセージ性の強い楽曲と力強い表現力が全国に知られてしまった〜(笑)

友達の中では化粧が薄いのに職場では1番化粧が濃いと言われる #ジャニヲタとコスメ +スキンケアなど

ずっと書きたいと思っていたこの記事。このタグは昨年、いや、もっと前からあっただろうか。大学から化粧を始めた私はあまり知識が無く、化粧品もあまり持っていなかった。が、社会人になって化粧をするのが当たり前になり、だんだん興味が湧いてきた。タイトルの通り、私は周りの友達より化粧が薄い。地味な色を選びがちなので、仕方ないと思っている。が、逆に職場ではそんな私の化粧が濃いと言われる。それはきっと仕事上化粧をしても崩れる可能性が高いので、化粧をしている人自体が少ないからだろう。なので、私みたいに普通に化粧をしているだけで濃いと言われるのだろう。

今現在持っている化粧品はほとんどがプチプラで、あまり安すぎるのは心配だがチャレンジしてみるのにはちょうど良い。基本情報として、私の肌はイエローベースでニキビ肌。かなりのオイリー肌だと思っている。(デパートでやっている肌診断を受けたいと思っているが、なかなか行く勇気がでず…) 今はだいぶニキビは減ったが、ニキビ痕(赤み)に悩まされている。もともと色黒で、日焼け止めを頑張って塗っているわりには黒い。

スキンケアは、オルビスのクリアシリーズを使用。

f:id:ofxt11:20170714194011j:image

【新理論のニキビケアシリーズ】クリアシリーズ|オイルカットのスキンケア、化粧品、基礎化粧品ならオルビス|ORBIS 化粧品 通販

これを使い出してからしつこいニキビが減った。皮膚科に行っても治らなかったニキビが、簡単にとは言えないが、続けて使うことによってかなり改善された。それでも赤みは残るので、オルビスのホワイトニングシリーズも使うように。

f:id:ofxt11:20170714194454j:image

【日焼けによるシミ・ソバカスのケア】ホワイトニングシリーズ|オイルカットのスキンケア、化粧品、基礎化粧品ならオルビス|ORBIS 化粧品 通販

クリアシリーズは朝に、ホワイトニングシリーズは夜にと、使い分けている。夜は、皆さんおなじみのメラノCCも使用している。

f:id:ofxt11:20170714195145j:image

メラノCC 薬用 しみ 集中対策 美容液 | ロート製薬: 商品情報サイト

アゴにニキビが出来過ぎて色素沈着が酷く、さらに肌質もかなりザラザラしていたのだが、メラノCCを使うようになってから赤みが薄くなり、肌質も段々周りの肌に近づいてきている。

パックもたまにするが特にこれといって決まったものは無く、色々試している状態。パックの際はダイソーシリコーンマスクを使っている。

 f:id:ofxt11:20170714214321j:image

ザ・ダイソー / シリコーン 潤マスク フェイスマスク用 商品情報 - @cosme(アットコスメ)

これが100円なのに使える奴で、パックの上からこのシリコーンマスクをすると服を濡らすことなく着られるし、パック中にドライヤーをすれば顔の乾燥も防げるなんとも優秀な商品。

クレンジングはオルビスのクレンジングジェルを使用。

f:id:ofxt11:20170714213238j:image

【うるおいジェルクレンジング】クレンジングジェル|オイルカットのスキンケア、化粧品、基礎化粧品ならオルビス|ORBIS 化粧品 通販

重ね付けしたマスカラも、こすらずスルッと落とせるので肌への負担も少ない。ただ、今CMでHey!Say!JUMPが起用されているソフティモLACHESCAも気になっている…。

ここまでがスキンケアなどのお話で、これより先は化粧品のことについて。実際に私がメイクする順番に基づいて紹介していくのだが、その際写真を使用する。普段使っている化粧品を素人が撮影したものなので、光って反射していたり汚れが見えてしまったりしているかもしれないので、先に謝っておく。お目汚しすみません。なお、写真の番号の色は、シーン別に区別するために3色使用している。黒色は普段使い(仕事時使用)しているもので、赤色は季節によって使うものやまだ一度も使っていないもの。緑色はプライベートで使用するものと、色分けをした。

  • ベースメイク、ファンデーション

f:id:ofxt11:20170622000629j:image

セザンヌ 皮脂テカリ防止下地…皆さんご存知のヤツ。乾燥する時期に使用すると少し乾燥が気になった。もう少しで使い終わるが、次どうするか悩んでいる。

②リンメル ラスティングフィニッシュベース…昨年末にプラザでラッキーバッグを買ったら入っていた。毛穴カバーはまあまあで悪くはない。テクスチャーは①より水っぽくないが、伸びはいい。

③ヒロインメイク ラスティングミネラルBBクリーム…ドラッグストアで購入し、とにかく安くて私の顔の色に合っている。伸びはまあまあだが、カバー力はあまりわからない。

④エム•アイトルソワパウダリーファンデーション…どう頑張っても厚塗りになってしまうので、最近は全く使っていない。

  • コンシーラー、チーク

 f:id:ofxt11:20170622000658j:image

①エム•アイ プレペアホワイトモカ…暗めの肌の私にはピッタリのコンシーラー。塗りやすくて赤みをよく隠してくれる。が、鼻をかむと一瞬で無くなるのが欠点(笑)

②エム•アイ プレペアホワイトイエロー…こちらもコンシーラーなのだが色黒の私には白過ぎるので、頬に逆三角形に乗せて肌になじませている。こうすることで、顔面がより明るく見える。

③フルベール ベチュレケーキK11…母からわりと最近に貰ったコンシーラーなのだが、なんと緑色!正確には抹茶ミルクの様な色味である。ニキビ跡による赤みを消すためには、補色であるこの緑色がいいらしい。

メイベリン ジェリーグロウチーク08ピンキーレッド…全く減らない。少し触れるだけでかなり指に付くので、薄く付けるように心掛けている。

キャンメイク マットフルールチークス03…オレンジ系のメイクがしたくて購入。人気シリーズなだけあって、私も気に入っている。数色をグルグル取ってもよし、単色を取るのもよしで、これひとつでレパートリーが広がる素晴らしい商品。

⑥ACフラワーチークブラッシュ03ローズ…セリアで買った気がする。100均のチークはどんなものかを試したかった。あとこのチークはラメ入りなので、夏の弾けたい時に使う。

⑦舞妓はん 練紅03桃色…友達から誕生日プレゼントにもらった物。大好きな色味で、さすが私のことをわかっているなぁと。④をずっと使っているが、使用期限もあるのでそろそろこちらに変えようかなと思っている。

  • フェイスパウダー

 f:id:ofxt11:20170622000710j:image

①リンメル ラスティングフィニッシュパウダーOC1…こちらもラッキーバッグに入っていたもの。私の肌には少し白いかなという印象なので、ハイライト代わりに頬に乗せている。

②メディア フェイスパウダーA…学生時代から使用しているので、使用期限がかなり過ぎている代物。パフが分厚く、かなり使いやすい。そろそろ変えようと思うのだが、やはり皆さんオススメのキャンメイクのマシュマロフィニッシュパウダーがいいのだろうか?パフが薄いらしいが大丈夫だろうか…。

  • ハイライト、シェーディング

f:id:ofxt11:20170622000741j:image

キャンメイク ハイライター01…薄くササっとTゾーンやCゾーン、アゴに乗せている。ブラシも特にチクチクすることなく、問題無し。

キャンメイク シェーディングパウダー01…プライベートではやはり顔をシュッと見せたいので、シェーディングは必須。ただ、ブラシが頼りない感じなので、私はダイソーのチークブラシを使用している。なお、ノーズシャドウの時は指でとって伸ばしている。

  • アイブロウ

f:id:ofxt11:20170622000755j:image

①エム•アイ アリエアイブロウパウダーBR…気分によって明るさは変えている。主に眉頭をフワッと仕上げるために使用。

②メディア アイブロウペンシルAAダークブラウン…何本目だろうか。初めて買った時からお気に入りで、ずっとリピートしている。アイブロウペンシルは、はっきり言ってこの子しか知らない。指でこすると消えるのが特徴で、失敗した時にすぐ消せるので私は助かっている。

③ケイト アイブロウカラーNナチュラルブラウン…初めて使った時は、(色が)明る過ぎたかなぁ?と思ったのだが、そんなことはなかった。慣れない頃はよくベタっと皮膚に付いてしまったが、コツを掴めば大丈夫。不器用な私でもできたので、そこの貴女もできるはず!(いきなりどうした)

  • アイシャドウ

f:id:ofxt11:20170622000828j:image

キャンメイク アイシャドウベースPP…これを塗ってからアイシャドウを付けると、発色が桁違い。持ちもいいし、なんといってもキャンメイクなのでお安い。

②リンメル ダブルスターアイズ002…ラッキーバッグに入っていたもので、1番の当たりだと思う。これは主に仕事に行く時に使用しているのだが、夜勤で化粧品を持って行く際に、アイシャドウがこれひとつで済むのがありがたい。

③エム•アイ アリエアイシャドウGR…写真の通り、緑色のアイシャドウ。自担カラーということで、もちろんコンサートの時に使用。ヲタ会などに行く時も付ける。

  • アイライン、マスカラ下地、マスカラ

f:id:ofxt11:20170622000839j:image

①スキューズミー ミゼルエディリキッドアイライナーストロングウォータープルーフブラック…友達と遊びに行くなら取れない。今まで使ってきたアイラインの中ではダントツ落ちないが、コンサートの時は大抵泣くので落ちてしまう。

②クイーンズキー…グリーンのアイライン。もちろんコンサートの時に使用するのだが、筆が硬めで色も薄め。何度か重ねて塗って満足するレベルになるので、リピートはしない。

③ファシオ マスカラベース02…白い繊維がたくさん入っていてよくブラシにも付くのだが、なぜかまつげには付かない。きっと私のやり方がダメなのだろう。まだ買ったばかりなので、練習あるのみ。満足に使用できていないので、カール力も今ひとつ。頑張れ自分。

④エム•アイ アリエマスカラ…先端がコームなので、細かいところまで塗りやすいかと。化粧を始めてからこのマスカラしか使ったことがないので、いつか他のものにチャレンジしてみたい…。

⑤クーピー柄カラーマスカラ(グリーン)…完全にネタ、お遊びで買ったもの。コンサートでしか使わない。アイシャドウにアイライン、そしてマスカラと“目元で自担アピールする系ヲタク”である。このマスカラ、わりといい匂いがするのだが、高確率でパラパラと繊維が頬に落ちてくるのが残念な所である。

  • リップ①

f:id:ofxt11:20170622000852j:image

メンソレータムリップ MogitateKajitsu Grape&Berry…ずっと使わずに眠っていたもの。

ダイソー UVリップクリームはちみつの香り…①の存在に気付かず買ってしまったもの。まあダイソーなのでいいかと。ダイソーのわりにはしっかりはちみつの香りがして、テクスチャーは硬めなのでしっかり塗れるのが特徴。

メンソレータム ウォーターリップWN…冬の乾燥した時期は①や②では潤いが足りず、ドンキで購入。ひと塗りでかなり潤うので、オススメ。

メンソレータム ウォーターリップ…ほんのり赤くなるリップ。学生さんにはいいかもしれない。

キャンメイク デイ&UVリップスティック02…ササっと塗れるのに、好発色。仕事の時は時間が無いのでかなりお世話になっている。

⑥エテュセ リップエッセンス(ディープモイスト)…完全なるパケ買い。グロスを探していた時にひつじのショーンに一目惚れして即買い。直接唇に塗ると汚れてしまうので、指にとって使うことが多い。

  • リップ②

f:id:ofxt11:20170622000902j:image

キャンメイク リップティントシロップ01…たいてい持ち歩いているのでパッケージがハゲている。それくらい使用頻度が高く、優秀。好きなリップの下にこのティントを仕込んでおけば、ご飯を食べた後に塗り忘れても大丈夫、なんとかなる。

ダイソー 花花ルージュ(ミルキーハート)…好奇心で買ったもの。変な安っぽい味がするのでオススメはしない。

ちふれ 口紅S416…昨年の夏にオレンジメイクがしたくて買ったが、そこまでオレンジでもなかった。が、友達からよく似合ってるよと言われるので気に入っている。

④リンメル ラスティングフィニッシュクリーミィリップ001…お察しの通り、ラッキーバッグに入っていたもの。地味な私が言うのもアレだが、これはかなり地味過ぎる色なのでまだあまり使っていない。

ジルスチュアート リップブロッサム06…友達から誕生日プレゼントにもらったもの。ジルスチュアートなんて高過ぎて、自分では買わないのでとても嬉しかった。コンサートなどの特別な日に使用している。

レブロン ウルトラHDマットリップカラー06DEVOTION…YouTubeで見かけてからずっと気になっていた商品。この色は売り切れの所もあり、見つけるのに時間がかかった。かなりマットなので、リップを塗ってからこれを付けた方がいいだろう。でないと、唇が乾燥して荒れてしまう。だが、パッケージがとにかくオシャレで、バニラの香りが強くて大好きなリップである。

レブロン カラーバーストバームスティン15…挑戦してみようと買ってみた色で、私には可愛過ぎるかなと思ったが、意外や意外、そこまで変ではなかった。

レブロン ジャストビトゥンキサブルバームスティン01…就活の時にお世話になったリップ。今もたまに使っているが、前にキャップを強く締め過ぎてキャップが割れているのでそこが心配。

 

ここまで読んでくださった方、ありがとうございます。#ジャニヲタとコスメ で検索すると沢山の記事が出てくるので、気になる方は是非。中身が見えてない写真もあって全く参考にはならないと思うが、一応これらの化粧品で私の顔面は作られている。最後までお付き合いありがとうございました。