Bright Memories

かすかな記憶、つたない言葉

ドラマ

時をかける理系顏の作家

朝起きて、半分目が開いていない状態で玄関で弟を見送り、ビビットを見ながらご飯を食べていた。いつも通りの朝だった。世間ではもう遅れているかもしれないが私の中ではまだブームが続いている悪魔トースト*1をかじりながら「はてなブロググループ ジャニー…