読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Bright Memories

かすかな記憶、つたない言葉

他グループについて

皆さんご存知の通り(?)私の担当グループはNEWSである。だが、お気付きの方もいらっしゃるかもしれないが、私は他のグループも好きだ。始めに断っておくが、DDでなければ掛け持ちでもない。そして、決してDDと掛け持ちを否定している訳ではないということを理解して頂きたい。今回はNEWSのファンになった時からずっとゆるく応援しているグループを、私からの視点で紹介していく。(特に好きな人を文中で挙げているが、基本的にメンバー皆好きである)

音楽が特に好き。ちょっとハイテンポで短調でカッコいい歌詞。短調が好きな私にとっては、たまらない。NEWSみたいな王子様のキラキラではなくて、漆黒の大人な高級感のある輝き。(イメージ) NEWSの次にコンサートに行っているグループ。*1エンターテインメント性が素晴らしいグループであり、コンサートに対する気持ちが半端ない。アイドルでもあり、演出家の顔も持つ彼らを尊敬している。特に好きなメンバーは中丸くんと亀梨くん。亀梨くん目当てでコンサートに行って、中丸くんの可愛さにやられた。*2 よって、Chainでは亀梨くんの団扇を買ったが、それ以降は中丸くんのを買った。*3もちろん亀梨くんも好きだ。野球の試合を観るのが好きなので、気力と体力があれば『Going! Sports & News』も見ている。

師匠*4が好きなグループ。1度だけコンサートに行ったことがある。*5カッコいいだけでなく個性が強くて面白い。単に面白いのではなく、個人の役割がはっきりしていて、見ていて気持ちいい。メンバーの人数が多い分、コンビも沢山。どの組み合わせも味があって見ていて飽きない。そしてバンドがカッコいい。演奏中にメンバー同士でアイコンタクトを取っているのを見るとテンションが上がる。特に好きなメンバーは村上くんと丸山くんと錦戸くん。(多いとか言わないで) 

以上の2グループは、You&J*6だったからか、気付いた時にはもう応援していた。特に関ジャニ∞は師匠の存在が大きく影響しているが。

そして嵐。例に漏れず私もあの嵐ブームに少し乗っかった。嵐の曲を聴くようになって、徐々に昔の曲の方が好きだと感じるように。なので『青空の下、キミのとなり』はおろか「THE DIGITALIAN」ですら私のiPodには入っていない。アルバムが出ると毎回嵐ファンのいとこに借りるのだが、今回はまだだ。嵐は音楽を聴くくらいで、彼らの冠番組は基本的に観ていない。タイミングが合えば音楽番組は観ることにしているが、必死になって観るほどでもない。でも応援はしている。メンバー同士の絡みも好きだが、嵐と他のグループの絡みが好きだ。最近でいうと「VS嵐」で先輩V6が出た時の絡み。Jr.の頃のエピソードはどれも最高に面白かった。特に好きなメンバーは松潤*7と大野くんである。松潤の紳士的な男らしさと大野くんのチャーミングだけど音楽がかかると別人になる所にやられている。女子が好きなGAPってやつ。単純女である私の好物である。パクパク


以上の3グループが私がずっと応援しているグループである。デビュー組なので応援しやすいのがありがたい。そして友達やいとこにファンがいることも。

常々、ジャニーズJr.には手を出してはならないと自分自身に言い聞かせているが、一時期ハマりかけた。Jr.の沼に足先を着けてすぐに引っ込めた。慎重な性格でよかった。もしズブっと足首まで入っていたら、もう抜けられなかっただろう。過去の話のように書いているが、まだ油断はできない。毎週「ザ少年倶楽部」を録画しているし、Sexy Zoneが音楽番組に出ているとバックも見てしまう…。Jr.については次の記事か、また近いうちに書く予定。

*1:KAT-TUN LIVE TOUR 2012 Chainから毎年参戦。計3回

*2:中丸くんがメガネをかけると無敵。私のキュンキュンメーターが振り切れるくらい凄いことが起こる

*3:皆さんご存知の通り、彼の団扇はほとんど変わらない。購入2回目にして「これ、買う意味あるのか?」と思ってしまった

*4:私をジャニヲタにした友達。すばるくんのことではない

*5:関ジャニズム LIVE TOUR 2014≪2015

*6:NEWS、関ジャニ∞KAT-TUNの3グループ合同のファンクラブ

*7:全員揃えて“くん呼び”にしたかったのだが“松本くん”は違和感しかなかった