読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Bright Memories

かすかな記憶、つたない言葉

手帳シーズン

あなたは手帳を使っているだろうか?使っているとしたら、何月始まりの手帳を使っているだろうか?
私にとって、この季節は手帳の季節である。ここ数年までは9月始まりの手帳を買っていた。学生時代はアルバイトのシフトを書き写したり、テスト範囲を書いたり…。特に就活生だった頃は説明会や面接の場所や時間を書いていた。去年も9月始まりの今年の手帳を探していた。しかしなかなか良いデザインが見つからなかった。9月始まりの手帳が欲しかったため、8月下旬には焦りに焦り、ついに9月を迎えてしまった。そして私がしたことは「妥協」だった。9月に入り、外見だけが気に入った手帳を買った。案の定使いこなせず、むしゃくしゃして1ヶ月後には使わなくなってしまった。そんな時に出会ったのが「ほぼ日手帳*1である。
ほぼ日手帳にはたくさんの衝撃を受けた。いくつか挙げるとすると「1日1ページある」「真っ白な(何も書かない)日があっても良い」「方眼なので線が引きやすい」「カバーのデザインが豊富」などなど。ほぼ日手帳は1月始まりもしくは4月始まりなので、9月始まりの手帳を1ヶ月で挫折した私にももう一度やり直せるチャンスがあった。2014年の12月に2015年の手帳を買った。1日1ページを埋める楽しさが新鮮で、毎日何かしら書いていた。しかし、人間はすぐには変われないものである。忙しくなり、書けない日が続いた。そしてしばらくしてまた使わなくなってしまったのだ。だが、このほぼ日手帳は空白でもいいのだ。そう思うと気が楽になった。毎日は無理だったが、コンサートの日や友達と遊んだ日は書くようにした。そうして書く習慣が少しずつついてきた今では、忙しくても次の日に一言くらいは書くようになった。
1月始まりのほぼ日手帳は9月1日から発売されている。私は来年もほぼ日手帳にすると決めていたので、ネットで予約し新しい手帳を手に入れた。お試し感覚で使っていた今年とは違い、来年の手帳にはきちんとテーマを設けた。それは「私とジャニーズ」である。今年の手帳はあまりジャニーズの事を書いていなかったので、来年こそはヲタ活をいっぱいしてヲタ活記録をつける勢いでジャニーズについて書いていきたいなと。こういう思いに至った経緯は簡単だ。Instagramで「#ジャニヲタほぼ日」と検索してしまったからだ。少しでも興味がある方は、是非検索して頂きたい。
ジャニヲタ手帳にするために、まず初めに書いたのはジャニーズ*2の誕生日。「毎日が誰かの誕生日」という言葉が好きなので、書いてみたのだ。ジャニーズの誕生日を書くにあたり、誕生日を知らないジャニーズを検索する必要があった。そこで私は1つの予想を立てた。それは「9月生まれが1番多いのではないか」という予想である。理由としては、12月のクリスマスに新しい命が生まれがちなのではないかと思ったからだ。つまり9ヶ月後の9月が多いのではないか、と。だが私の予想は当たらなかった。1番多かったのは11月生まれで12人だった。ちなみに1番少なかったのは2月生まれで、たった2人しかいなかった。
来年の手帳に初めて書いた誕生日以外のジャニーズの事は、私の担当である加藤シゲアキ先生が書いた「ピンクとグレー」の映画の公開日。担当のメンバーカラーである緑色のお気に入りのペンで書いた。来年は、ジャニーズの事はこの緑色のペンで書く予定だ。
ほぼ日手帳2年生の来年は、今年以上に使いこなしてジャニヲタライフを充実させる予定である。

*1:ウェブサイト「ほぼ日刊イトイ新聞」が作っている手帳

*2:SMAPジャニーズWEST