読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Bright Memories

かすかな記憶、つたない言葉

引き続きヲタクやってます

前回の記事の冒頭でお伝えした通り、今回は年末(カウコン)から今までのテレビなどのジャニーズ事をまとめる。
ありがたいことに、年明けから仕事が忙しく、プライベートも充実……していたと思……いたい。もちろんプライベートというのはデートしたり友達と遊んだり、ということではなく“私のプライベート=ヲタ活”ということである。ということで、今回はサラっと、今年に入ってからのヲタ活についてサラっと(大事なことなので2回言った)書いて行こう。

まだ2回しかリピートできていない。が、今回は個人的にとても素晴らしい内容だったと思う。夢のツーショット企画が特に良く、まさに夢を見ているようだった。「山下智久×亀梨和也」「滝沢秀明×渋谷すばる」の2組が印象的だった。ちなみに私は、選ばれないとわかっていながらも「加藤シゲアキ×丸山隆平」を推した。上記の2組や他に選ばれていたペアは、どうせ私が選ばなくても選ばれるのだから…という気持ちがあったので、自担と自担を愛している人を選んだ。この時はまだ丸ちゃんのシゲちゃんへの愛について深く考えていなかったが、しばらくしてその愛について考えさせられる日が来ることとなる。

ジャニーズ匠の会
元日の嵐にしやがれでのこと。初めからシゲちゃんが参加できなかったのは残念だったが、別の仕事があったのだと考えるとそれはそれで幸せなことだなと感じた。不器用ながらも先輩や後輩と一緒にかまくらを作るシゲちゃん。シゲちゃんのスキーウェア姿が可愛くて…。先輩からナレーションを無茶振りでやらされて、それでもその状況を生かして面白くする。機転のきくシゲちゃんだからこそできたこと。べた褒め。

関ジャニ∞クロニクル
念願の全国放送。動画サイトでたまに観ていたが、最高に面白い番組。関ジャニ∞の魅力たっぷりの番組がとうとう全国放送された。いきなりドッチはメンバーの本性が垣間見えるというか…。そういう意味では『ナカイの窓』的な感じがしないこともない。

映画「ピンクとグレー」
2回観に行った。1回目は友達*1と、2回目はひとりで。シゲちゃんが映っていたことに気付けて、幸せいっぱいだった。私は人や物を探すのが大の苦手で、シゲちゃんが出てるのは薄々気づいていた*2が、まさか初めて観に行って気付けるとは。映像が途中でカラーから白黒に変わって、本では表現できない、映画ならではの表現だなぁと。音楽のレベルも高いし、迫力もすごい。久々に良い映画を観た。自担の本が原作ということで、張り切って2回も観に行ったが、1回で良かったかもしれないと感じた。忘れた頃にもう一度観たいので、DVD化…。

傘をもたない蟻たちは
本ではなく、ドラマの方。短編集の中で1番好きな作品が『インターセプト』だった。連ドラの1話目が『インターセプト』をもとに作られたストーリーだったので、ウキウキした。主演を務めた桐山漣さんが、1話目のカッコいい役も2話からの頼りない役もそつなくこなしていて、主演を務めてくださったことに感謝の気持ちでいっぱいである。

変ラボ
本当に変な実験だった。今回からNEWS4人全員集合ということで、前回よりも2倍(以上?)変な実験だった。特に自担がカラスを食べている様は…。なんとも感想が書き辛い映像だった。

Mステ(NEWS)
仕事が長引き、間に合わないかもしれないと焦っていた(今年はよく焦っている)が、同期がLINEで、Twitterではフォロワーさんが、今誰が歌っているか実況してくれたおかげで、無理にダッシュすることなく帰宅してNEWSをゆっくり見ることができた。個人的に『Touch』を披露した時の衣装が好みではなく、しかしなんとなく今度のツアーで着そうな予感もする。まっすー、新しいデザインいっぱい考えてください。

シゲゴリで出演した番組。視聴者参加型の番組であったため、ゲストあまり映らず。しかし少ないトークの中で、今田耕司さんのナイスなフリのおかげで、シゲからカウコンのお話を聞くことができた。今田耕司さん、ありがとうございます。

『ヒカリノシズク/Touch』発売
NEWSにとって20枚目のシングルとなった。発売の1ヶ月前にTSUTAYAで予約しようと思ったら「もう通常盤しか予約できません!」と言われ、JEUGIAで予約した。地元にはファンは少ないと思っていたのだが…。いや、去年くらいまでは発売まで1ヶ月を切っていても予約できていたような。ファンが増えたということか。

運動会が可愛すぎた。シゲちゃんなめるんじゃないよ。意外とできる子シゲちゃんですから。(誰)ちなみにちょうど1年前にも少プレに出演していたNEWS。*3その回は祖母に録画を消されてしまい、見ることができなかった。しかしTwitterのフォロワーさんのおかげで部分的に見ることができた。

関ジャニ特命捜査班7係
村上くんが素晴らしい。誰ですか、村上くんをペット事務所へ潜入させたのは。動物と戯れる村上くんが可愛すぎ。犬にそっぽを向かれてしまう村上くんのリアクションも完璧で、さすがKINGだなと。

Mステ(すばるくん)
自身初のアルバムを発売するにあたり、1人でMステ出演。1人だとおとなしいすばるくん。アルバムをカバーアルバムにした理由を聞いて、すばるくんの関ジャニ∞に対する愛が伝わってきた。ますます応援したくなった。

DVD鑑賞会
師匠と、ピングレを一緒に観に行った友達とDVD鑑賞会を行った。今回観たDVDは『関ジャニ∞リサイタル お前のハートをつかんだる!!』と『KAT-TUN 9uarter LIVE 2015 in TOKYO DOME』である。
リサイタルは、先輩後輩の曲を歌っているのが良かった。十祭の時?も歌っていたような。特に三馬鹿の少年隊と山田のKinKi Kidsは外せない。また、『ナポリタン』も懐かしく、お腹がよじれるほど笑った。さらに部活動のコーナーは涙が出るほど面白かった。ちなみに丸ちゃんが解答にNEWSのメンバーを選んでいるシーンが私のお気に入りだ。丸ちゃんのシゲちゃんへの愛が想像以上に深く、ほんの少しだけシゲちゃんに危険が及ぶのではと丸ちゃんに危機感を覚えた。(じょ、冗談……ですよ?)
次に観たのは9uarter。彼ら自身ももちろん魅力的なのだが、ステージの構成が素晴らしい。コンセプトがわかりやすく、通常だとあまり良くないとされている席からしか見れない景色が素晴らしかった。もしかしたら、これからはコンサートによって“良席”の位置が変わってくるかもしれないと思った。

ゼウス
正直なところ、あまり期待していなかった。おそらく、4月の第1回目を期待し過ぎて観てしまったからだろう。最初の対決こそ勝っていたが、それ以降はあまり面白い展開もなく。最後のステージに至っては、成功者ゼロ。得点についても、視聴者が得点の付け方を理解できておらず、Twitterで戸惑っている人を多く見かけた。次回も結局見てしまうだろうが、あまり期待せずに放送を見たい。

Mステ(KAT-TUN)
金田一少年の事件簿R』の主題歌『TRAGEDY』を披露。NEWSからKAT-TUNに変わると知った時は正直ショックだったが、NEWSは次のステップに進んだのだと自分に言い聞かせてやり過ごした。歌詞に当て字が多く、KAT-TUNらしい歌詞になっている。今度発売されるベストアルバムを買おうか、ただいま考え中。

イッテQ
10年目突入おめでとうございます。これからも日テレの看板番組として放送よろしくお願いします。『鉄腕DASH』とともに、二大看板として、今年も活躍期待しています。

サラっと書くと言ったのに、結局長々と書いてしまった。いや、内容が長かったのではなく、書く項目が多かったからだろうと信じたい。
もうそろそろNEWSのツアーの当落が出る頃だと思う。全滅だけは避けたいところである。皆様も、せめて、せめて1公演だけでも当たりますように。

*1:KAT-TUN上田担。師匠(安田担)の友達

*2:年末の嵐にしやがれでシゲちゃんと裕翔くんがゲストの時に、松潤との会話でなんとなくそんな気がした

*3:『KAGUYA』や『SUMMARY』を歌っていた回