読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Bright Memories

かすかな記憶、つたない言葉

QUARTETTO発売

NEWS ミュージック
何気にこのブログでアルバムの感想を書くのは初めてだ。シングル*1は『チュムチュム』『四銃士』と書いてきたが、アルバムとなると曲数が多く、今まで以上に集中力が必要だ。そして体力と根気も…。「頑張って書きました!」とは言わないが、とりあえず書きました。『ヒカリノシズク/Touch』については、以前ちょろっと購入までの件しか書いていなかったので、楽曲について書く。あとANTHEMについても以前書いていなかったので書く。それでは各楽曲の感想をどうぞ。
 

1.Theme of “QUARTETTO”

WSでも紹介されていたが、メンバーの趣味に関するものを使って音を重ねていて、とても面白い。そしてこのアルバム各曲の一部を繋ぎ合わせている。まるで「本」でいう「目次」のようなものだ。

2.QUARTETTO
このアルバムのリード曲。始まりと終わりが同じフレーズ、メロディーなのが印象的。そして「四重奏」を「メロディライン」と読むところも面白い。イントロがポップスっぽくなくて「四重奏」=「クラシック」というイメージから?と勝手に想像。
 
3.ANTHEM
始まりがどこかの民族の伝統音楽の様で、聴く人の心に残りやすい。実際私の母もこの曲は1回聴いただけで「サッカーの曲」と認識できた。個人的にサビでタオルをブンブン回したい。
 
やっと音源化された曲。ずっと待ってたのは私だけではないはず!待ち望んでいた曲には間違いないが、CMでしか聴いたことがないので、サビ以外の部分を聴くのはとても新鮮だ。コンサートで「Oh oh oh…」の所はどんな動きをするのか、と考えるだけでワクワクする。そして私がこの曲で1番注目するのは歌詞だ。青春の甘酸っぱい切ない歌詞が、ただ哀しいだけでなく、美しい。
 
5.Touch
ザ☆アイドルソング。NEWSの恋愛ソングど真ん中だ。「触れたい」「声じゃ言えない」なんて純粋なんでしょう。変な恋の駆け引きなんて必要ない。そう、彼らには純粋さがある!(どうした)そして、恋愛ソングだからといって、MVで女性が出てくるわけではない。そこはNEWSくんの配慮ですよ、配慮。気持ち受け取りました。ありがとうございます。(勝手に)
 
6.NEWSKOOL
好き!この曲めっちゃ好き!聴いててテンポ感素晴らしいし、call&responseあるからLIVEで盛り上がること間違いないし!サビの終わりの方の「Brand NEW へ Let’s move ON」のメロディーが個人的にツボ。メンバーの紹介ラップ的な!?4人の名前、好きなものが歌詞に入っていて、またじっくりと歌詞カードと睨めっこしながら聴こうと思う。
 
 
8.Wonder
クラシカルな雰囲気で始まるこの曲。なんとなく『BYAKUYA』を連想させる。カッコよく、少しワル(死語?)な衣装で躍り倒して欲しい…。個人的に、イントロの途中で雰囲気が変わる所で、KinKi Kidsの『愛のかたまり』が始まる気がしてならない。*2
 
9.ライフ
爽やかなNEWSにぴったりなメロディー。アルバム『NEWS』に入っててもおかしくないような。この曲の雰囲気をイメージすると2013年のコンサートのポスターの風景が1番に出てきた。歌詞については、パッと聴いてサラっと感想を書けるような内容ではないので、ゆっくり自分の中で噛み砕いていこうと思う。
 
10.チュムチュム
 
11.Departure
このアルバムで1番NEWSっぽい曲だと思う。アイドルの王道を行くメロディーに応援してくれる歌詞。まさにNEWSじゃないか。そして「自分」と書いて「きみ」と読むのは、何か深い訳があるのではないかと思うが、関西人の私にはどうしても違う思いが。関西人は相手のことを「自分」という時があるからだ。*3ちなみにdepartureの意味は“出発”。背中を押してくれる応援歌がまた増えた。本当にNEWSもNEWSファンも、心の支えになる曲に囲まれて幸せだなと思う。
 
12.ヒカリノシズク
ドラマ主題歌。NEWSでドラマ主題歌は3回目。そして久しぶりのバラード。私はあまりバラードを聴かないのだが、この曲は聴く。耳にスーッと入ってくる聴きやすさ。もしかしたらイントロが短かいのもあるのかもしれない。
 
通常盤に収録されているソロ曲についてはまた次に。

*1:DVDシングルを含む

*2:雰囲気が変わってから2音はおそらく同じ音

*3:例:「自分何食べてるん?」=「あなたは何を食べていますか?」