読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Bright Memories

かすかな記憶、つたない言葉

今年の24時間テレビのメインパーソナリティが……えっ?

昨日は用事で出掛けており、いつもより遅い夕食となった。ひとりでテレビを見ながらゆっくり食べていた。しばらくは母が付けっ放しだった『FNSうたの春まつり』を見ていたが、なんとなくチャンネルを変えた。日テレに変えると『深いい話』がやっていた。これまたなんとなく見ていたら。今年の24時間テレビのメインパーソナリティの発表があるというではありませんか。しかし、番組が終わるまでにご飯を食べ終わってしまった私。今早くお風呂に入らなければ、外出先から戻ってきた祖母とお風呂争奪戦になると母に言われ、渋々お風呂に。一応母に、今年の24時間テレビのメインパーソナリティの発表があるらしいから見ておいて、と言ってからお風呂に入った。
化粧を落としていると、母が洗面所に入ってきた。そして何か叫んでいる。シャワーを止め「何?」と聞くと「NEWSが!NEWSが!24時間テレビのメインパーソナリティやって!」と聞こえた。私は聞き間違いだと思った。なので母に聞いてみた。「NEWSが今年の24時間テレビのメインパーソナリティなん?」と。するとすかさず「そう!NEWSが!」と答える母。なぜか信じられなかった。母のことが信じられないのではない。24時間テレビのメインパーソナリティという大役をNEWSが担うということが信じられなかったのだ。
私は髪の毛を洗いながら考えた。そして不安な事がふたつ、思い浮かんだ。
私のひとつ目の不安な事は、メンバーの体調だ。先週の土曜日から始まったツアー。そのツアーをしながら24時間テレビの打ち合わせをし、ロケをし、取材をし、事前番組や番宣にも出演するだろう。もちろん普段のテレビ、ラジオ、雑誌などの仕事をしながら。そして例年通りであれば、メンバーの1人はドラマにも出演する。その撮影もこなさなければならない。処女作『ピンクとグレー』から1年に一冊本を出しているシゲは、今年も本を出すのだろうか?出すとしたらその仕事も並行して行わなければならないだろう。そんな中で体調を崩さずに、全ての仕事ができるのだろうか。
以前NEWSが24時間テレビのメインパーソナリティを務めた時に、体調を崩したメンバーもいた。そのこともあって、私はメンバーの体調が心配になった。
私のふたつ目の不安な事は、録画の容量だ。これは完全に私事である。24時間テレビのメインパーソナリティを務めるという事は、24時間テレビにほとんど出演しているという事だ。ということは、27時間分*1、いや、余裕を持って30時間分の録画容量があればいいのではないかとお考えの方、甘いです(誰) 24時間テレビのメインパーソナリティを務めるという事は、事前番組や番宣に出演するという事だ。つまり、その番組も全て録画しなければならない!…ということで、録画容量を空けなければならない。もちろん、事前番組や番宣で出演した番組を録画し、編集をしてすぐにDVDに焼いてしまえば問題はないのだが、そんなに上手くいくものだろうか?レコーダー整理も兼ねて、録画容量を空けていく。皆さんも、容量不足にはご注意ください。

ここまでずっと「不安だ不安だ」と言ってきたが、1番の感情はもちろん「喜び」だ。本当にNEWSの時代が来たのかもしれない。前回24時間テレビのメインパーソナリティを務めた時より人数は減って、4人になった。しかし、個性を生かした個人の仕事で得たものを、グループに還元し、グループを自分たちで成長させている。グループとしては、パワーアップしているのである。そんな彼らが今回の24時間テレビのメインパーソナリティを務めるにあたり、どれだけ結果を残せるかが重要だ。彼らならきっとやってのけると信じている。“努力は必ず報われる”と私たちに証明してくれた彼らを、私は信じる。

*1:“24”時間テレビと言っているが、実際は“27”時間