読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Bright Memories

かすかな記憶、つたない言葉

ヒルナンデス卒業という名の表彰式

今年度に入ってから、仕事量があからさまに同期の中で断トツに増えてて死にかけてます、雪です。スマホすら弄ってる暇が無いくらい、時間やら書類の提出期限やら色々なものに追われております。…言い訳はこれくらいにして。自分なりのペースで更新するので気まぐれです。すみません。(誰に)

さて、4月2日に大阪で行われたNEWSのコンサートに行ってきた。が、コンサートレポート(自分用のメモ)はネタバレになるので、ツアーが終わるまで公開はせずに、下書きの欄でしばらく眠ってもらう。
少し遅くなったが、今回は3月31日の放送をもって『ヒルナンデス』を卒業した村上くんについて。

先に言っておくが、私は掛け持ちではないし、事務所担でもない。もちろん、掛け持ちと事務所担を否定しているわけではない。私はNEWSファンである。ただ、以前書いた様に“You&J”は特別な目で見ている。関ジャニ∞の中では特に村上くんが好きで、コンサートでは彼のうちわを振っている。だからといって彼のことをたくさん知っている訳ではなく、一般人より少しは知っているレベルだと思っている。

そんな彼が、レギュラー出演していた『ヒルナンデス』を卒業した。仕事がない休みの日はほとんど見ていたし、なんなら仕事の空き時間にもテレビのある場所にわざわざ移動して1人で見たこともあった。『ヒルナンデス』のゆる〜い空気感が好きだった。アイドル、芸人、女優など、様々なジャンルのタレントさんが出演していたが、不思議とひとつにまとまっていて、でも個性はきちんと光っていて。役割もそれぞれしっかりしていたし、一対一の関係性*1もそれぞれ面白い。そんな『木曜ヒルナンデス』が終わるのは寂しい。村上くんがいない『木曜ヒルナンデス』は考えられなくて、卒業すると聞いた時は受け入れられなかった。先週から新しいメンバー、ジャニーズWEST中間淳太くんと桐山照史くんが出演しているそうだが、私はまだ見ていない。先週は意図的に見ていないのではなく、仕事で見ることができなかったのだ。明日も仕事はあるが、少しは見ることができるだろう。

最後に「これは『ヒルナンデス』の“卒業”ではなく“表彰式”みたいや」(ニュアンス)と言った村上くん。常日頃から感謝の気持ちを持っているからこそ出た言葉だと思う。なので、この記事も感謝の言葉で締めたいと思う。

村上くん、5年間お疲れ様でした。そして、ありがとうございました。

*1:例えば、サバンナ高橋さんと平愛梨さんの関係性。この2人の関係性は、村上くんが卒業しても引き続き見ることはできる