Bright Memories

かすかな記憶、つたない言葉

心配性で荷物が増えがちな #ジャニヲタ遠征必需品

いつかやってみたいと思っていた「#ジャニヲタ遠征必需品」をついに!先月の名古屋公演は日帰りだったので、遠征という遠征でもなかった。だがしかし、今回の東京公演は完全なる遠征。「やっとこの時が来た!」とウハウハでこの記事を書き始めたのだが、こんなに長くなるとは…。遠征必需品紹介というよりかは、遠征の荷物全部紹介になっている。画像は気休め程度にどうぞ。個人を特定されそうなものはあらかじめ載せていないのでご了承ください。

まず、今回の遠征の状況説明を。交通手段は新幹線。学生時代は専ら夜行バスだったが、去年一緒に参戦した小山担が新幹線がいいと言いそれに乗っかってから、新幹線の快適さに味をしめてしまったのだ。今回なんの迷いもなく新幹線を選んだ私。社会人になってお金があるからといって調子に乗っている気もしないこともない。そして宿泊先は先ほど出てきた小山担のお家。そう、彼女はこの春東京に引っ越したのだ。なかなか遊べなくて寂しいが、こうして遠征時に泊めてもらえるのはありがたい。なお、6月11日の朝に出発し6月13日の夜に帰宅する予定なので、2泊させて頂く。
はて、こんなところだろうか。それでは遠征必需品を載せていこう。

スーツケース
f:id:ofxt11:20160602225115j:image
女子らしくない色味で申し訳ないのだが、これをガラガラ引いて東京へ向かう。ちなみにスーツケースは祖母から借りた。家にある様々な色、サイズのスーツケースは全て祖母のもので、遠征の時に毎回借りている。1〜2泊だと1番小さいサイズの布製の紺色のものを選ぶのだが、今回は雨が降るかもしれないということで、2番目に小さいこの子をチョイス。

  • スーツケース居残り組
常にスーツケースでお留守番。使う時に毎回スーツケースから出す物たち。

入浴セット
f:id:ofxt11:20160610194017j:image
①シャンプー、コンディショナー共に試供品。今回は、いち髪を持参。髪の長さが肩くらいの私には量が多いので、2日にわけて使う。②化粧落としはシートタイプを。あまり肌にはよくないとわかっているが、遠征の時は化粧も濃いのでシートでごっそり取りたいし、なにより気持ち的に楽。③洗顔、化粧水、保湿液はオルビスの薬用トライアルセットを持参。旅行に便利なサイズなのでちょうどいい。

パジャマ、下着
f:id:ofxt11:20160610195328j:image
パジャマと言っても、ただのジャージのズボンと薄い長袖。友達の家に泊まらせて頂くので、パジャマを持参しているわけではない。泊まりの時はいつも持参している。そりゃホテルにはあの羽織って帯みたいな紐で締めるやつ(語彙力)があると思うが、なんせ心配性なもんで、まず「上手く着れなかったらどうしよう」という心配が。いつも着ているものとはわけが違う。不器用な自分が正しく着れるのかどうか心配で仕方ない。そして「はだけたらどうしよう」という心配だ。同室で寝るのは女の子に違いないが、やはり他人にみっともない姿は見せなくない。寝相は悪くはないと思うが、万が一、掛け布団がめくれて更に着ているものがはだけて、私の醜い脚が他人様の目に触れることになる日が来るのは阻止したい。なんとしてでも。なので、私はパジャマを持参することにしている。下着は洗濯ネットに入れて持参。帰ってきてそのまま洗濯機にインできるようにしている。あと、ブラジャーの型崩れ防止もできるのでオススメ。(結構皆さんやってますよね) 「ドナデジとハロウィンの袋の画像やん!」というツッコミは受け付けません。

参戦服、着替え
参戦服(6月12日オーラス)と着替え(6月13日東京観光)を持参。新幹線の中で体を冷やしたくないのと参戦服にシワをつけたくないので、6月11日の出発日のボトムスをジーンズにし(もちろん東京についたらボトムスだけ着替える。)、それを13日も履いてそのまま帰る予定だ。ちなみに12日はワンピースを持参。

  • ツアーバッグ組
コンサートの時だけいるものをツアーバッグに入れて、そのままスーツケースへ。宿泊先でツアーバッグごと取り出し、いざ参戦。

ツアーバッグ
去年はWhiteのバッグを使用したのだが、やはり汚れるのが怖くて無駄に気を遣いすぎた。今回のツアーバッグは折りたためないと判断したため、お家でお留守番。ということで、今回は私のお気に入りであるLIVE!LIVE!LIVE!のツアーバッグに決定した。(折りたためるし洗濯できるし優秀)

装備品
f:id:ofxt11:20160609143410j:image
うちわとペンライトと双眼鏡とタオル。
うちわは、顔うちわとファンサうちわを合体したもの。このファンサうちわを載せると特定されそうなのでやめておく。合体と言っても画像の通りゴムでひとまとめにしているだけ。ペンライトは今回のものを持参。今回過去最多の参戦だが、きっと大丈夫。電池の可能性を信じている。(ここはなぜか心配にならない) 双眼鏡は祖母から借りたもの。なぜ祖母が双眼鏡を持っているのかはずっと謎なのだが、毎回借りている。(まさかリアル野鳥の会とかしてないよね…?) そしてタオルは今回のものを。初めて参戦した時から毎回買っているが、2013年くらいからNEWSのコンサートの必須アイテムになったのではないだろうか。このタオルは汗や手を拭くためではなく、ブンブン回すためなので、回しやすいように、周りの人に当てないように、あらかじめ結んでおく。

持ち運びたい&あったら便利なもの
歯ブラシは旅行用のものではなく普通のサイズのものを。100均のケースに入れて持参。どこで何が歯に挟まるか心配なのでいつも持っている。もちろん歯磨き粉も一緒に。ドジな私はいつどこで怪我をするかわからないので、絆創膏を。慣れないヒールや靴を履いてきたお友達にあげることも。ウェットティッシュは何かを食べる前に手を清潔にできるし、何かと便利。今回から仲間入りしたマスキングテープ。まぁ今回の東京では飛んでこないと思うが、銀テープを巻いて留める時に使用。今までは頂いたお手紙の封をしていたシールを拝借していたが、うまく剥がれなかったり粘着力がなくなったりしたので止めることに。ティッシュは2種類。普通のポケットティッシュ鼻セレブのポケットティッシュを。髪が乱れた時のくしと、手鏡も一応持ち歩く。あと、この季節は日焼け止めも必要。念のためにハンドクリームとトローチも持参。このふたつは冬になったら持ち歩くのだが、この前の冬からずっと持っている。(ポーチから抜いていない)(面倒なだけ) お土産は会う約束をしている方々に。余りそうな場合は、会う約束をしている方々のお友達にあげることも。最後にビニール袋。ゴミを入れるもよし、周りの人が吐いたら渡すもよし。ちなみに私は乗り物酔いというものを知らない。

  • 肩掛け組
お気に入りのパステルグリーンの肩掛けカバン。櫻井翔くんや濵田崇裕くん程ではないが気持ちはよくわかるレベル(?)のなで肩なので、肩掛けカバンが1番安全で楽。肩から滑り落ちることはまずないので、イライラしなくて済む。

無くてはならないもの(これぞ必需品)
f:id:ofxt11:20160609142730j:image
①紫の花柄の薄型ポーチ(?)、財布、iPhoneiPod、②充電器及びモバイルバッテリー、そして化粧ポーチ。紫の花柄のこれはポーチと呼んでいいかわからないが、とりあえずここではポーチと呼ばせて頂く。この中には、コンサートチケットと相手に渡すお金(チケット代+手数料)、そして新幹線のチケットも入っている。去年はお手紙交換もしていたので、渡す手紙と頂いたお手紙を入れていた。財布は、食費やお土産代のために。一応クレジットカードも持参。iPhoneは、そりゃ…ね。慣れない東京をウロウロするわけだから、地図は必須。あと乗り換えアプリ。これがないとスムーズに行動できない。現場では、会う約束をしている方々と連絡を取り合ったり写真を撮ったり。iPodは移動時の友達。これがないと耳が淋しい。そしてこのiPhoneiPodを生き延びさせてくれる充電器及びモバイルバッテリー。充電器はプラグ部分だけディズニーの某キャラクターのものを使用。これも載せると特定されそうなので画像は無し。モバイルバッテリーは2台持ち。緑の方が古いので、そろそろ寿命かなと心配している。
化粧ポーチはお留守番組と持ち歩き組にわかれている。お留守番組には下地やコンタクトを。持ち歩き組には、それ以外を。(説明が雑)(薬とかも入れるよ)

普段、夜勤の仕事をしているので、お泊りセットは常に用意してある。何が必要か、あまり考えなくてもホイホイ準備できるのだが、デメリットもあった。それは、出発日6月11日の2日前の6月9日に夜勤があり、お泊まりセットをなかなかスーツケースに入れることができなかったのだ。これは盲点だった。1週間前には準備完了させておこう〜と何も考えずに言っていた過去の自分に教えてあげたかった。

ということで「心配性で荷物が増えがちな、ジャニヲタ遠征必需品」でした!