Bright Memories

かすかな記憶、つたない言葉

NEWS LIVE TOUR 2016 QUARTETTO 東京 6月11日

NEWSくんの思い出がたくさん詰まっている東京ドームまで遠征してきた。状況については、簡単にではあるがこちらの記事に書いているのでよかったらどうぞ↓
同行者は↑の記事の小山担。昨年に引き続き隣に入ってくれた。
席はスタンド1塁側、前から10列目以内という予想以上の良席…?と思いきや、そうでもなかったかもしれない。黄色のポールが邪魔でメンステがよく見えないという。まさかのポール…。Oh, Paul!!!!
 
 

Jr.登場 OP映像

いよいよ東京ドームでコンサートが始まる…。緊張してきた…。

 

QUARTETTO
シゲちゃん美しすぎるよ…。東京ドームを舞うNEWSくんに思わず見惚れる。
 
ANTHEM
ペンライトをブンブン…!友達に当たりかけて反省。左右ではなく前後にペンライトを振る方法で一旦落ち着く。
 
ついノリノリで躍ってしまい、ペンライトがまた友達に当たりかける。肩をすくめてコンパクトに躍る。
 
希望〜Yell〜
自担の笑顔が眩しくて、目眩がする。
 
チュムチュム
やっぱり躍り可愛くて悶える。他のメンバーの後ろで躍るシゲちゃんも可愛くて、時々伏し目がちでドキドキさせられる。
 
KAGUYA
バクステまで走るNEWSくんが見える。ツアーも終盤になるにつれ暑くなり、日照時間も長くなるから仕方ない。まだ明るい時間だから移動してるの見えちゃう。
 
太陽のナミダ
バクステだから背中多めだけど、ちょいちょいこちらを向いてくれるシゲちゃん。双眼鏡でずっと覗いてるよ(言い方)
 
Happy Birthday
慶ちゃんの「一緒に〜!」の掛け声大好き芸人。カラオケでも言っちゃうからな…。
 
チェリッシュ
「シゲバイバーイ」ときちんと見送る。スーツに着替えてきてね、待ってるよって…。(なんか怖い)
 
マジで王子様現る。シゲちゃんの魔法(息)でペンライトが光るというロマンチックな演出、好き過ぎる。3回目だったが「素敵…♡」とうっとり。
 
LIS' N
Jr.が気になる。まっすーイケボだしもちろんかっこいいんだけど、Jr.が気になっちゃう。激しい躍りもクールに決めて、最後はジャケット脱いでキメ顔ー!いいねいいね、ニヤニヤしちゃうよ!
 
Touch
広い東京ドームのセンステの真ん中にギュッと集まる4人。可愛すぎかよ…。
 
NEWSKOOL
シゲちゃんパート、音源通り歌えず。まだ明日があるよ、ラストチャンスだけど。
 
weeeek
周りに気を遣いながら踵だけ浮かす。どちらかというと掛け声重視派。
 
Departure
モニターに文字が出てる!他のメンバーの時は「シゲー♡」とか「まっすー♡」とか「手越ー♡」とかなのに、慶ちゃんの時になると「一重wwww」って!こらこら!笑
 
MC
手越が「木原さんのファンなんです」と告白していたのと、団扇であおぎ過ぎてシゲが飛ぶみたいな話はなんとか思い出したが、その他は12日のMCが強烈過ぎて全く記憶がないという始末。
 
愛言葉
NEWSくんによる茶番劇が始まる(笑)可愛くて仕方がなくて、ニヤニヤしながら双眼鏡を覗く。
 
Jr.ダン
 
幕が上がった途端、アリーナ席から悲鳴が。なにごとかと双眼鏡を必死に覗くと、なんと、あの西本智実さんとオーケストラの皆さんが。一気に鳥肌がたち、感動のあまり泣いてしまった…。NEWSもついにコンサートで、生演奏で歌う日が来るとは…。生演奏といえば関ジャニ∞のイメージだったので、とても嬉しかった。聞けばメンバーが直々にオファーしたとのことで、承諾してくださった西本智実さんとオーケストラの皆さんに感謝の気持ちでいっぱいになった。本当にありがとうございます!
 
引き続きオーケストラの演奏。やっぱり生演奏は重厚感があってスケールが違うなと。拍手が止まらなかった。
 
愛のエレジー
慶ちゃんの横のJr.(秋山くん?)がすごく目立ってる。モニターばかり見ていたけど、慶ちゃんに近いからよく映る(笑)
 
Encore
2013年のソロ曲の時に初っ端で間違えてやり直したのが懐かしいなぁとそんなことを思いながら聴いていた。あれから約3年か…。
 
I・ZA・NA・I・ZU・KI
来た!来た!カッコよすぎるやつー!2番、ほれ、2番でシゲが……シゲの髪型が前回と違う!ドーム仕様ですか!?
 
Wonder
炎が!特効最高!私の前列の女性2人組をはじめ、周りの方が結構ビクッとしているのが見えたのだが、私は全く驚かず(笑)やっぱり1度KAT-TUNのコンサートに行くともう他のグループのコンサートの特効でビックリすることはないなと。
 
広い東京ドームで急いでセンステまで移動するNEWSくん!完全に乗りこなせている他のメンバー。シゲは…うん、それがシゲらしくて良いよ。無理しなくていいよ。
 
NEWSニッポン
全力で掛け声!叫ぼうとするとむせるのは歳のせいですか…?
 
ライフ
「次は『サヤエンドウ』や!」…と思いきや、まさかの『ライフ』で。アリーナツアーでは歌ってなかったのでとても驚いた。今回アルバム『QUARTETTO』の中でこの曲だけ歌っていなくて、なんか淋しいなと思っていた。ツアーが始まって参戦し、セトリを知ってパソコンで今回のセトリそのままのプレイリストを作成してiPodで聴いていて。ライフを久しぶりに聴いてゾワっとした。キャッチーで爽やかなメロディーなのに、歌詞が…。(ちなみに私が1番好きな歌詞は2番の頭)(誰も聞いてない)
 
サヤエンドウ
躍って躍って叫びますよ〜!シゲ担として叫ばなければならない。自担の名前を叫ぶ曲って本当に珍しい…。
 
恋のABO
ここにきてつい右手を思いっきり上げてしまった。また友達にペンライトが当たりかけた。
 
TEPPEN
周りが躍ってる人多くてビックリ。実はこの曲だけ躍りがかなりあやふやで、初めの方はキョロキョロしながら躍っていたが、それじゃあNEWSくん見れないじゃないということで、躍らずに普通に振ってNEWSくん眺めてた。
 
NYARO
盛り上がるに決まってるでしょー!やっぱりこの曲は慶ちゃんが可愛くて罪。去年も罪すぎて逮捕したので、今年も逮捕。あ、再逮捕?
 
ヒカリノシズク
上へ上へ上がっていくNEWS。もし『I・ZA・NA・I・ZU・KI』の衣装のままだったら、KAT-TUNの10Ks!の最後の曲『君のユメ ぼくのユメ』を披露している時と似ているな、なんてなんとなく思ったり…。
 
アンコール
 
ONE -for the win-
この曲までのフリが好きというか、あっぱれというか。うまいこと持って行ったなぁと。(上から目線)
 
さくらガール
最後、まっすーの手のひらには「またドームに連れてきてね」の文字が。“連れてきてね”という言い方がまっすーらしい、NEWSらしいなと。
 
恋祭り
タオルはコンサートが始まる前から準備OK!いつでも来い状態だった(アンコールでしか来ないのに)ので、すぐにタオルを取り出す。若干疲れが見えてきたシゲとともに手越さんにパワーを送り、ブンブン振り回し、腕が取れそうになったところで終わった。
 
まとめ
ドームだとやはり距離を感じてしまうな…なんて始まる前は思っていたが、いざ始まると距離なんて感じなかった。物理的な距離はあったが、精神的な距離は感じなかった。ドームでしかできないこと(西本智実さんとオーケストラの皆さんのご出演など)で私たちファンを楽しませてくれて、驚かせてくれて。見ていて飽きないな、これからもどんなことをしてくれるのだろうか、これからどんな景色を見せてくれるのだろうかと、ワクワクが止まらなかった。