Bright Memories

かすかな記憶、つたない言葉

A.B.C-Z Star Line Travel Concert 大阪 10月2日【1部】

“NEWS担が初めてA.B.C-Zのコンサートに行ったんだって…!?”

そう、今回はチケットが追加公演で取れまして、師匠*1が実はA.B.C-Zの橋本担でもあるので、私に是非入って生のA.B.C-Zを見て欲しいということで行くことに。事前に師匠からアルバムを借り、私のiPodには入っていないと思われるCDも借りて、なんならセトリ順に曲を並べてプレイリスト作ってもらったりして。ただ、セトリを完全網羅しているわけではなく、何曲か抜けているし、Jr.が歌う曲は伏せておくね(∞とNEWSの曲を歌うというのは聞いていた)と師匠から言われていた。コンサートの一週間前には師匠とたまたま休みが被ったのでカラオケに行き、代々木の興奮冷め止まぬ師匠がコンサートで披露した曲を中心に歌ってくれたので、まぁわりと予習して挑んだ(!?)コンサートだった。お席はなんとバクステ側のスタンドの後ろのブロック一列目。つまりスタトロ最前。他G担の私がこんな良い席でいいのだろうかと思ったが、これもご縁ということで入らせてもらった。ちなみに団扇はとっつー。良い席ということで、一応手作り団扇も持って行った。

 

Take a “5”Train

初めての生A.B.C-Zにドキドキ。とっつーが髪の毛を切っており、爽やか少年に。思ったよりだいぶ短くなっていた。他のメンバーもテレビで見るよりかっこいい!やっぱり生で見ないとわからないな…。でもセンステからの登場なので少し遠い。早くバクステ来て〜


今日もグッジョブ!!!

DVDで予習したのでフリはバッチリ!何度も見て覚えたので、A.B.C-Zを見つつ躍れた。やはり一緒に躍れるというのは、どのグループでも楽しい。

 

Fantastic Ride

高音もお手の物。激しいダンスの後でも、そこまでブレることなく歌うメンバー。呼吸が乱れることはないのだろうか…?この曲だったかは少し自信がないのだが、モニターの映像が星?銀河?みたいな映像で、とにかく綺麗だった。照明もそれに合わせて白い点がたくさん映し出されていて、最初の方からこんなにしっとりとした雰囲気のコンサートって新鮮かもと思った。


EVERLASTING LOVE

とっつーの甘い声が響いて胸にしみる。こういうしっとりした曲に甘い声もいいなぁとしみじみ。でも歌い方はふみきゅんがいいかなぁとか、ひとりでブツブツ…。

 

ダンスコーナー

NEWS担にとっては慣れない(!?)コーナーだったので、正直なところ心の中で一瞬「これって何の時間…?」と思ってしまった。ごめんなさい。


僕らのこたえ~Here We Go~

出た!ドラマ主題歌!懐かしいなぁと思いつつ、思ったより歌える自分にびっくり(笑)意外と歌詞って覚えているものなんだな…。

 

PERIOD

サビしか歌っておらず短かったので記憶が薄いのだが、はっしーが「ここは図書館じゃないよー!」と言っていた。もっと声を出して、もっと盛り上がろうという意味だと思うのだが、それをこんな風に表現する人は初めてだった…。思わず笑ってしまった…ごめんなさい(汗)

 

Revolution

NEWSが歌っていてもおかしくないくらいの歌詞、メロディー。初めてアルバムで聴いた時から聴き心地が良かったのは応援歌だったから…?歌いだしの「Revolution Yeeeeeah」の所を、手越さんが歌っているのを簡単に想像できてしまうのは私だけだろうか?


V

とっつーソロ。ぱっと周りを見るとさっきまでみんなペンライトの色は自担の色にしていたのに、この曲になるとピンクに変えていた。そしてご本人はまさかの半裸で登場。これが噂のとっつーの奇行ってヤツですか?初めの叫んでいる場面の時は「???」と頭にはてなだらけだったのだが、曲が始まってホッとした(笑)コンサートの初めの方から気になっていたのだが、とっつーの声がかれている…?もしかしてとっつーも喉ちんこを飛ばす寸前なのかな?替えの喉ちんこはもってるのかな?*2と心配になってしまった。


To Night's love

五関さんソロは初めにアクセントダンスがあり、これは五関先生だからこそできるパフォーマンスなのかなと思った。動きがビシッとそろっていて、観ていてとても気持ちがよかった。歌が始まると、センステで少し甘めの声でかっこ良く歌い上げる。ペンライトの色がこの時は青(五関さんのメンバーカラー)だったので、曲のタイトルの「Night=夜」を表現しているようで綺麗だな…と思った。(そしてポツポツ他の白いペンライトを持っている人がいたので、偶然にもそれが星に見えたり見えなかったり…いや、見えた)

 

 My life〜SPACE TRAVELERS〜Walking on Clouds〜Crash〜BIG STAR

ダンス好きだなぁ…ってそういうグループだったわ!!


Secret Lover

個人的にはKAT-TUNのアルバム『come Here』に入ってそうな曲だなと思っていた曲。ちょっと小洒落ていて、もしNEWSが歌うならコンサート『DIAMOND』の『Why』からの衣装が似合うだろうな…と思っていたが、A.B.C-Z良い!!近々の少クラでも披露していて大人の魅力が出ているなとは思っていたが、生で見るとより一層大人で、セクシーさも出ている…というよりかは漏れている?という感じだった。


雨上がりに手をつないだら

ふみきゅんの歌い方が好き…!生で聴いて「目に見えない揺るぎないもの」 の部分が好きだな〜と思ったらふみきゅんの所でした。こういう楽器の少ない曲を歌うのは、難しいのは知っている。*3コンサートが始まってから思っていたのだが、全員歌がうまい。特に音程のズレが少なく、聴いていて心地いい。


花言葉

事前に師匠から「PVとか音楽番組で着ていたあの衣装着てるよ」と教えてもらっていたので楽しみにしていたのだが、やっぱりこの衣装可愛い!「すぐに笑ったり」の所でぴょんぴょん跳ねるので、ヒラヒラして可愛い…。モニターの文字も良くて、はっしーの「ありがとう 愛してる」 の部分の映像が印象的だった。


DREAMIN'!!

目の前のJr.ちゃんの躍り方が可愛くってもう釘付けだった(笑)A.B.C-Zはこの曲の間はあんまり見てなかったかもしれない…。


Za ABC ~5stars~

お、デビュー曲!大人になってからデビューしたグループはなかなか容姿がそこまで変わらないもので、デビュー当時を彷彿させる雰囲気がそこにはあった。


ずっとLOVE

大好きな曲!この曲の2番のふみきゅんパートが好きなんだよな…って、なんだかさっきからふみきゅんのことばっかり書いていないか!?大丈夫か!?次はふみきゅんのソロだからふみきゅんのことしか書かないけど…。 


S L Boy〜夜空ノムコウ

Jr.の衣装がジョッキーで、ややダサめなのが良かった!(褒めている) 生で見て一番ふみきゅんが格好よくて(テレビと生との差が激しいという意味)、そのふみきゅんがこの曲だったのでギャップが…。サビ前の笑う所でモニターにアップで映された顔がなんともいえなくて思わず笑ってしまった。途中モノマネでSMAP夜空ノムコウを歌うとは知らず、まさかモノマネを生で見ることができるなんて、と嬉しくなった。少クラの番協にも行ったことがないし、2015-2016のカウコンにも行っていないので、初めて生でふみきゅんのモノマネを見ることができてひとりでお得感を感じていた(笑)フライングから降りる時にモロと絡んでて心が和んだわ…。

 

MC

ステージや階段から落ちたら売れるというジンクスの話は面白かった!五関さんやはっしーのステージから落ちた話とか、塚ちゃんが舞台でバク宙して客席に見事に着地した話とか…。さらに塚ちゃんがBMXから前のめりに落ちた話でアクロ神というアクロバットの神様が降りた(!?)ということになり(笑)BMXから一輪車の話へ移り………まさか昼間から下ネタに行くとはという驚きと、まさかこの人たちがこんなこと言うなんてという驚きと、ダブルパンチで頭が混乱した。なんのことか気になる人は検索してみてください(笑)あと光一くんの階段から落ちた話もあった。NEWSはあんまり他のグループの話をしてるイメージがないから、結構新鮮で知らない話ばかりで心の中で「へぇ〜」を連呼していた(笑)

1番和んだのは塚ちゃんがアリーナのお客さんに、会報でどんなことをやって欲しいかというのを聞いてくれてた所。5人旅や料理対決、プライベート1日密着やリハーサル風景が見たいなど、マニアック過ぎず他のファンも見たいと思えるものをパッと言えるお客さんにただただ凄いとしか言えなかった。

 

バンバン!

関西ジャニーズJr.のパフォーマンス。昔シゲ担の友達がカラオケでノリノリで歌っていて、すぐサビは覚えてしまった曲。本当にノリがよくて、今年の少クラin大阪でも歌っていた。移動してバクステに集まった時の可愛さたるや。まるっとみんな可愛い。ここ数年は少クラを見るようになって関東のジャニーズJr.を目にする機会が多いが、もっと前(高校生の時)から見ている『関ジャニ∞のジャニ勉』に出演している関西ジャニーズJr.は、なんというか懐かしくて「この子成長したなぁ〜!」と近所のおばちゃんみたいに思ってしまった子も数人いた。もちろん私自身が関西人だからというのもあるが。


Masterpiece

Love-tuneのコーナー。∞の曲とNEWSの曲を歌うとは知らされていたが、どの曲を歌うかは知らずにとうとうこの時が来た。いやー、もうこれはイントロ流れた時点で興奮(笑)DVDで丸ちゃんがなかなかフリを覚えられなかったり「Get down」の所で爆笑を取る丸ちゃんが最高だったり、そんなことを思い出してペンライトをノリノリで振りつつ笑っていた(笑)すばる君パートの「Get down Please don't change it, Everybody 一番大切な〜」の所はやっぱりすばる君じゃなきゃダメだわって思ったけれども、躍りは綺麗にそろっていて見ていて気持ちよかった。

 

SEVEN COLORS

そして来ましたNEWSのどの曲を歌うのか…。『SEVEN COLORS』かーいとツッコんでしまった。自分的に意外過ぎて(笑)私はこの曲に限らず、本家本元の歌い方(CD音源そのまま)やパフォーマンス(MVでのダンス)が好きなタイプで、他人が歌うのはおろか本人達がアレンジしているのすら好きでないのだが、少クラを見るようになってだいぶ免疫がついたのか、普通に見ることができた。以前少クラで別のJr.が『SEVEN COLORS』を歌っていたのを見たからというのもあったのかもしれないが。この曲もノリノリでペンライトを前後にまわす(!?)*4ようにして楽しんでいた。

 

Naturally

NEWSのアルバム『LIVE』に入ってそうな曲だな…と勝手に思っていた曲。塚ちゃんと五関さんの声が優しくて、この曲に本当にピッタリだなと思って、サビの最後のひとりずつ掛け合う(?)所もひとりずつモニターに映っていてメンバーの優しい表情がしっかり見逃さずに目に焼き付けられたのが良かった。


1ST STEP

この曲もまた塚ちゃんと五関さんの声に注目していた曲だった。なんていうか、二人とも年上だけども愛らしいというか、男女の愛というよりかは、家族愛のような、母性をくすぐるような声なので二人のこれからを見届けたいなと勝手に思っていた。


Summer上々!!

少クラで聴いたことがある曲!もう季節的には秋だが、夏並みに暑かった(30度超えていたそう)のでピッタリだった。ノリのイイ曲が続く。


渚のBack In Your Heart

ここでしっとりとした雰囲気に。それぞれがメンバーカラーに光る大きい球に乗り、浮いていた。ふみきゅんがペンライトの色を変えるタイミングを「せーの」で教えてくれたので、初めて参加した私でも大丈夫だったし、もし一人で来ていたとしても問題ないなと思った。


へそのお

塚ちゃんソロ!まさかの懐かしき鍵盤ハーモニカで初めの部分を演奏。会場全体が塚ちゃんのメンバーカラーである黄色になり、ファンの皆さんが「参観日に先生に当てられて緊張しつつも頑張って演奏しようとする我が子を見つめる母」の様な視線を送っているように見えた。


hazy love〜Crazy about you

はっしーソロ!ソロ曲が一人一曲じゃないことに驚き。『Crazy about you』だけを歌うと思っていたので、意表をつかれた。「あれ、こんな曲だっけ?」と戸惑っていたら、『Crazy about you』が始まっていた(笑)

 

Tomorrow

知らない曲だったが、置いてけぼりな感じがなかった。(もしかしたら知らない曲が多いから?)ファンの皆さんもパフォーマンスや歌をじっくり見つめるタイプの人が多いように感じたので、知らない曲でも同じような姿勢で聴くことができた。(もちろん考えていることは違うけど)

 

Crazy Accel

好きな曲!とっつーが歌いだしで、あのテンポの良さ!生で聴けるとは思っていなかったので予想外ということもあって嬉しさ倍増、いや、それ以上!!

 

In The Name Of Love〜誓い

師匠がカラオケで歌ってくれた曲!繰り返されるパートがあったので覚えやすかった。まだじっくり聴き込めていなかったが、これから是非聴き込みたいと思える歌詞で、生で聴いて好きになった。


Rock Your World

これも師匠がカラオケで歌ってくれた曲。格好よくて、気に入ったのだが私のiPodにはまだいないので、師匠から借りよう…。


Great5

この曲も知らなくてモニターの歌詞を結構見ていたのだが、A.B.C-Zを全面に押し出しているだなぁと。まさかの「五大陸制覇!」という歌詞に驚いて、世界観が凄過ぎて「壮大だわ…」としかコメントできません。


Finally Over

はっしーの高音がファルセットで美しいな…と思っていたら「Bright Now!」のところでは地声で力強く歌っていて、もっと歌が聴きたいなと思った。


Fly a Flag

ガンガン盛り上がる曲だと思っていたのだが、ファンの皆さんが結構控えめ!?もう終わりだというのを分かっているから寂しいの…?いや、そもそもがおとなしいのか。とりあえず五関さんがイケメンで、遠くからでも分かるくらい色気たっぷりだった。あんな五関さん、私知らないよ…。


世界一

もう終わりなんだな…でもこんなに愛の溢れる歌を歌うなんて。NEWSのコンサート『White』でも最後の方で甘くてファンのことを愛しているよという曲を歌っていたな…*5と懐古しかけておいおいおいA.B.C-Zのコンサート中だぞと私の中のもうひとりの私がツッコんでくれたのでなんとか我に返った。

 

アンコール
A.B.C-Z LOVE

「メンバー紹介の曲は、とにかく周りに合わせてメンバーの名前連呼すればいいから」と師匠に教えてもらっていたのだが、すっかり忘れていて、メンバーの名前が連呼されると「あ、これか!」とかなり遅いタイミングで気づいた。もう気がついたらとっつーが「抱かせろよ」って言ってて衝撃過ぎて心の中で「ひぃぃぃぃぃぃぃいいいいいい!」ってなった。あんなセリフ言うんですね…。こんなに男らしいとっつー、初めてかもしれない。そしてトロッコでじわじわ近づいてくるメンバー。とっつーとハイタッチできると思いきや、私の隣のお姉さんとタッチをしたらくるりとお尻を向けられた(笑)シゲにもお尻を向けられてばかりだったので今年は“お尻年”かもしれないな…。


Take a “5” Train

同じ曲歌うのか!と思ったが、NEWSさんは2012年に『チャンカパーナ』を3回歌ったのを思い出した。オープニングの時とは違い、ファンサービスありでファンと触れ合っていらっしゃった……。はい、記憶結構飛んでます。(とっつーの「抱かせろよ」から)

 

まとめ

終わってから思ったことは、ファンがおとなしいということ。ペンライトにストラップが付いていないのも、そこまでブンブン振る人がいないからかと1人で勝手に納得していたのだが、どうでしょう?掛け声も控えめで、かなり衝撃だった…。

こうしてブログで感想を書き始めて思ったのは、今回のA.B.C-Zのコンサートはメンバーひとりひとりの世界観がハッキリしていて、ソロの印象が強かった。もしかしたら、ペンライトの色がメンバーカラーで統一されているというのもあるかもしれないが。そしてペンライトの話が出たのでこのことも話したい。ペンライトの色で誰担かすぐに分かるのが面白かった。ただ、タレント自身にも目に見えてファンの数がわかってしまうのは大丈夫なのか?昔のNEWSだとシゲがコンサートが始まってすぐステージ袖に引っ込んで出てこない…ということがありそうでならない。(あ、一応言っておくが私はシゲ担である) 

NEWSのコンサーtいや、デートは愛で溢れ過ぎてぽわぽわするのに対して、A.B.C-Zは高度なアクロバットを取り入れたパフォーマンスを軽々とやってのけていて、ジャニーズのコンサートに行った感覚があまり無かった(褒めてます)。特にトランポリンを使ったパフォーマンスが印象的で、塚ちゃんが頑張って上がろうとみんなで応援していた時に、ペンライトを黄色に変えて応援している人が結構いて、とても心が温まった。

最後に、師匠に協力してもらってこの感想を書くことができました。セトリを送ってくれたり、詳しい解説をしてくれたり、ありがとう。

*1:eighter、安田担

*2:自担であるNEWS加藤シゲアキ氏がよくコンサートで喉ちんこ飛んだとか、替えの喉ちんこはたくさんあるとか、また過去にメンバーもシゲの喉ちんこをキャッチするシーンもあった

*3:NEWSのシングル『恋を知らない君へ』のPVで手越さんが言っていた

*4:自転車の車輪を後ろから見たような動き。え?もっと分からなくなった?私の語彙力が足りないって?いやいや、あなたの想像力がたりn…ごめんなさい!笑

*5:アンコールで『White Love Story』や『愛言葉』を歌った