読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Bright Memories

かすかな記憶、つたない言葉

職場でのジャニヲタ

だいぶ前になるが、以前「職場でのジャニヲタ公言」という記事を書いた。その記事はこちら↓

今回はその続きを書く。就職して約1年半が経ち、先輩とプライベートなことも話すようになり、かなり打ち解けてきた。その中で、私に気を遣って好きでもないジャニーズの話をしてくれる先輩もいれば…なんと、ファンとまではいかないがジャニーズが好きな先輩もいることが発覚した。今回紹介するエピソードに出てくる先輩は前出の記事の先輩とは別の人である。
ジャニヲタではない先輩、ジャニーズが好きな先輩との会話ややりとりは貴重なので、ここに書いて残そうと思う。なお、カギ括弧の中の括弧の言葉は心の声を表している。
※以下のエピソードは2015年9月頃から2016年4月頃のことである。
 
ジャニーズ好きではない先輩
この先輩は、好きでもないジャニーズの話を頑張って振ってくれる優しい人。しかし、話を振ったはいいがその後が続かず気まずい空気が流れることも。ジャニーズの知識はほとんどないが、テレビにジャニーズが出ていたよとやけに報告してくれる先輩。今回は、2人で夜勤(仮眠中)の時の会話である。なお、布団をふたつ並べて隣で寝ている状態であり、お互いに布団を深く被り過ぎていて顔は見えない。
「」…先輩、『』…私
(ジャニーズの音楽の話)
「昔さぁ、バレーボールの歌とかやってたやんな?」
『はい!(V6のこと?嵐?NEWSか!いや、Hey! Say! JUMPか?それともSexy Zoneか?)』
「せやんな〜!」
『あのー、どのグループのことでしょうか?』
「え、NEWSやけど?」
『あっ、なるほど!NEWSですね!(ですよね、そうですよね!)』
「NEWSやったら昔の曲で有名なやつやったら知ってると思うねん」
『例えば…これはどうでしょう』
鼻歌♪〜(希望〜YELL〜)
「…これバレーボールのやつちゃうの?」
『はい!そうです!(知ってはる!嬉しい!)』
「これは私でもわかるわ〜」
『では、これはどうでしょう?』
鼻歌♪〜(チェリッシュ)
「うーん…どうやろ。わからんかも」
『チェリッシュって曲なんですけど、知らないですか?』
「うん…ごめん、わからんわ」
『(マジか)そうですか…』
「NEWSの有名な曲言っていってよ!」
『あ、はい…』
ここで私は“有名な曲=シングル曲”と判断し、デビューから今までのシングルを言っていった…その途中だった。ちょうど『Happy Birthday』まで言ったあたりだった。先輩がいきなりこっちを見た。そして一言。
えっ、もしかして今まで一切スマホとか見ずに曲名言ってた?
スマホを見る?カンペを見るってこと?そんなの見なくても自担のいるグループならわかるでしょ…
『そ、そうですけど…?』
「ま、マジか……ファンってすごいな……」
と言われた。先輩の顔は引きつっていた。部屋の電気はついていなかったが、スマホの光に照らされた先輩の顔は明らかに、引きつっていた。
 
ジャニーズ好きな先輩
最初の方でも書いたが、今から紹介する先輩はファンとまではいかないが、ジャニーズが好きな先輩である。ちなみに特に好きなグループはTOKIO、V6、関ジャニ∞だそう。布団は被っていないが、こちらも夜勤中の会話である。
「」…先輩、『』…私
(コンサートの話)
「雪さんって、NEWSが好きなんやっけ?」
『はい、そうです』
「コンサートとか行くん?」
『はい、行きます』
「次はいつ行くん?」
『次はNEWSじゃないんですけど、1月に行きます』
「え〜、誰のコンサート?」
関ジャニ∞です』
「うわ〜!いいないいな!団扇とか持つん?」
『まぁ…はい(そりゃあ持つっしょ!)』
「誰の団扇?」
『村上くんです』
「……関ジャニ∞では村上が好きなんや?」
『(何今の間!?)はい!(まぁいっか!気にせずドヤ顔しとこ)』
「へぇ…」
『先輩は誰が好きなんですか〜?関ジャニ∞好きって言ってましたよね?』
「私は錦戸くんと大倉くんかな!」
『そうなんですね…(出た!tornや!)』
うん、王道でしょ?
この2人が関ジャニ∞の王道だとあまり意識したことがなかったので、すぐに返事はできなかった。しかし、私は基本的にグループのセンター(王道)の人は好きにならない傾向があるので、先輩の発言に納得できた。そして最終的には『そうですね!』と返事した。
 
以上のエピソードからわかるように、私の部署全員が、私がジャニヲタ(ジャニーズのファン)であることを認知している。そんな部署での会議後の会話を紹介する。
「」…先輩方、『』…私
(お疲れ様会をしますという職場のお知らせの紙を同じ部署の皆さんと見ていた時の話)
「お疲れ様会しはるんや〜」
「え〜、いついつ?」
『(いつやろ…行けるかな?)』
「4月2日やって!」
『(うわっ、コンサート行く日やん…)』
4月2日って…雪さんコンサートの日じゃなかった?
『(はっ!?なぜバレている!?)』
「そうやんそうやん!」
『そっ、そうですね…(汗)』
「じゃあお疲れ様会は欠席やね!」
「いいのよ、絶対参加じゃないから!」
「コンサートの方が大事やから大丈夫やって!」
と、周りから「大丈夫大丈夫」の嵐。コンサートに行くかもしれないと主任と同期には漏らしていたが…なぜ、同じ部署の先輩全員が知っていたのだろうか。私の予想では、おしゃべりな主任が言いふらしたと思っている。(親と同世代だが可愛くて憎めなくて、でもみんなを引っ張ってくれるしっかりした主任)
 
番外編
同期の名前
ある日、別の部署の同期がシフト表を見ながら渋い顔をしていた。
「」…別の部署の同期、『』…私
『どうしたん?』
「いやー、私の名前間違ってて」
『え?』
「主任に何回か言ったけど、私の名前の漢字間違ったまんまで…」
『本当はどんな字なん?』
「“裕”じゃなくて、本当は“祐”やねん」
ヨコじゃなくて手越ね
「は?」
わかる人にはわかるだろう。横山裕の“裕”ではなく、手越祐也の“祐”だと言いたかったのだ。だがもちろんこの2人の名前の漢字を知らなければ話は通じない…。彼女は元増田担らしいのだが、丁度私がファンになった頃にファンを辞めたらしい。(すれ違い…)
 
以上、職場でのジャニーズ関連のやりとりでした!またやりとりがあれば記事にする予定。