読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Bright Memories

かすかな記憶、つたない言葉

テゴマス10周年

まさか『QUARTETTO』のDVDの感想よりも先にこの記事を更新することになるとは…。まぁいい。先にテゴマスに対する想いを初めてこのブログで綴ることにしよう。

テゴマスはビジネスパートナーだとよく言われているし、私もそう思う節はある。たとえ仕事とはいえグループを続けることは難しいことなんだと、先輩グループを見て思う。それでも10周年を迎えることができたのは、2人の中に共通の想いがあるからだと思う。「自分たちの音楽で日本中を、いや、世界中を笑顔にしたい」といった感じだろうか。

私はシゲ担だし、テゴマスのコンサートは申し込んで当たれば行く程度。なので今まで「テゴマスのまほう」しか行ったことがない。NEWSとはまた違う2人を見ることができるのはとても新鮮だった。そこにいたのはアイドルではなくアーティストで。ハイクオリティーだけれども温かみのある、テゴマスらしい音楽を届けてくれたのを今でも覚えている。笑顔が印象的な2人だからこそ生み出せる、温かい音楽。ずっとそのままでい続けて欲しいと願ってしまうほど落ち着く空間で「ジャニーズのコンサートはちょっと…」と敬遠している人にも自信を持ってオススメできるコンサートだった。

そんなコンサートを作ってくれる彼らが10周年を迎えた。本当におめでとう。これからも素敵なハーモニーを、素敵な仲間と共に作り出してくれるのを楽しみにしています。