Bright Memories

かすかな記憶、つたない言葉

壮大なる四重奏がここに〜忙し過ぎて本編しばらく観れなさそうなのでドキュメンタリーの感想だけ〜

フラゲ日、ほぼ毎回のことだが母にお願いして車を走らせてもらって『NEWS LIVE TOUR 2016 QUARTETTO』のDVDをフラゲしてきた。本当はフラゲ日に観たかったのだが、夜勤のため我慢した。次の日、夜勤明けでたまたま休みだったのでドキュメンタリーだけ観ることに。

 

ドキュメンタリー

まさかひとりひとり選択できるとは思っておらず、その見易さに感謝。

 

Keiichiro Koyama

メンバー全体を見てくれている慶ちゃん。その慶ちゃんは他の仕事で忙しく、リハも先に1人で始めた。慶ちゃんが他の3人と合流した時に安心してもらえるようにと、先に練習をし、合流した時には慶ちゃんが他の3人にダンスを教えるほどに。メンバー一人一人の気持ちを汲み取って、冷静な判断で話を進めていく慶ちゃん。愛されてるが故にドッキリも仕掛けられて。慶ちゃんの反応がいちいち可愛いからドッキリ仕掛けたくなる気持ち、すごくわかる(笑)ただ、テゴマスのイヤモニの調子が悪いという設定はいいけど、シゲの体調不良はダメ!本当になったとしても言っちゃダメ。慶ちゃん心配し過ぎて泣くから。シゲ担としてはそんな慶ちゃんが愛おしいし、可愛いし、これからもシゲをよろしくって思うけど、小山担はどう思ってるのだろうか?そしてドッキリのお返しは、手越さんに。手越さんもやっぱりバラエティ班だからリアクションも完璧。愛があるドッキリだから成り立っているけど…。とにかく誰からも愛されるというのは慶ちゃんの強み。その深い愛でさらにNEWSを、NEWSファンを幸せに…いや、みんなで幸せになろう!

 

Shigeaki Kato

映像担当のシゲ。慶ちゃんに、まるで監督に対しての様な声をかけられてまんざらでもない表情のシゲ(笑)メンバーの得意な動きを尊重して撮影していく。自分にしかできないソロ曲の演出。その世界観に引き込まれ、お客さんみんなが物語の登場人物になれたのでは?シゲがセトリを変更したいと提案する場面では『Smile Maker』という単語がシゲの口から出た…鳥肌がたった…。是非次のコンサートでお願いします…!!そして『NEWSKOOL』の最後の演出はシゲの案だった件について。自分が好きな演出が好きな人の案だったという幸せ。なにこれありがとうございますごちそうさまです。(何) LIVEが原点、LIVEは実感できる場所というのはすごくわかる。反応がすぐに返ってくるし、LIVEのためにNEWSをやっているという言葉を聞いて安心した。久しぶりにシゲを怒りながら(?)も褒める手越さんも観れて満足。演出家加藤シゲアキ。目力のあるそのくっきり二重の先には監督という未来が…?

 

Takahisa Masuda

衣装担当として、今までにない色、形を選んでくれた。それと同時に衣装だけでなく、照明や演出までも考えていた。見せ方(魅せ方)にこだわる男、増田貴久。衣装はメンバーからも好評で、嬉しそうな表情が印象的。他のグループのコンサートに行って、身近な照明のことも学んでたのかなぁと思った。まっすーがずっとやりたかった演出もできたみたいだし、その意図通りに非日常を感じることができた。「これで勝負ができる」と自信を持って最高のパフォーマンスをしてくれてありがとう。縁の下の力持ち、まっすー!ファンに対して「楽しませなきゃ」と責任を持ってやってくれていることに感謝。毎回反省をして改善して、毎回違うコンサートにしてくれるまっすー。だから同じコンサートに何回も行きたくなるんだな、と思った。最終チェックを怠らないところとか、衣装担当として仕事を全うしていてカッコいい。期待を超えてくるまっすーの向上心に脱帽。

 

Yuya Tegoshi

声、歌詞、表情という丸裸で挑戦した手越さん。「得意な歌でみんなを引っ張る」とよく言うけど「引っ張る」とは、どういうことか。その答えはここにあった。レコーディングの時と違って、コンサートの時は気分が高まって歌も走ってしまう。私たちファンも気分が高揚しているから、そのことには気付きにくいとは思う。それでも手越さんはみんなのテンポを修正するためにわざとタメて歌うんだと。もうこの際だから言ってしまうが、コンサート中に「手越さんなんでそんなにタメてるんだろう?」と思うことがよくある。みんなが走ってたのを直してくれてたんだね、ごめんなさい。完璧なパフォーマンスのために体幹も鍛えて、いつまでも初心を忘れずに努力している姿、とてもカッコいい。何事も楽しんでやるという心は、いつも尊敬している。お客さんの聞こえ方まで考えてくれる手越さん。遠い席の人や、高い席の人にその想い、伝わってますよ。

 

ということで、ドキュメンタリーの感想は以上。いやー、ドキュメンタリーだけで記事にしようってもっと早く決断すればよかった。そうすれば、先週の水曜日、つまり発売日にはアップできていたのに…。失敗は成功のもと!

 

最後に、おめでたい知らせが。2月8日にNEWSのNEWシングル『EMMA』が発売決定!おめでとうございます!なんと4人で歌った『さくらガール』と『I・ZA・NA・I・ZU・KI』が音源化。嬉しい限りだ。新しいカタチの『さくらガール』と『I・ZA・NA・I・ZU・KI』を聴くことができる幸せ。元々は6人、8人の曲だが、4人で歌うとなると歌割りは?おそらくコンサートと同じだとは思うが、iPodに4人での『さくらガール』『I・ZA・NA・I・ZU・KI』を入れて毎日聴けるというこの幸せ!語彙力がなさ過ぎてこの幸せな気持ちが伝わってない気がする…。なんとか汲み取ってください。(丸投げ) 

NEWSくん、今年も素敵なクリスマスプレゼント(約1ヶ月半後にこっちが支払うけど)をありがとう!