読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Bright Memories

かすかな記憶、つたない言葉

カッコいいカタカナ語、その意味は…?

NEWS ミュージック トーク

日付が変わって本日、NEWSのNEWシングル『EMMA』*1フラゲ日となった。毎回新曲発売前にはラジオでフルバージョンが流れるわけで、発売前に歌えちゃう人も多いのではないだろうか。ちなみに私もその1人である。ただ、フルバージョンで聴くことはできても、ラジオなので歌詞は出ず。耳コピした方々のメモを頼りにしている。そこで聞きなれない単語が出てきた。カタカナ語にかなり疎い私は全く意味がわからず、調べる運びとなった。そしてたまたま最近聴いていて、なおかつ最近カラオケでも歌った別の曲にも、意味がわからないカタカナ語があったので、それも調べた。意外と他のグループの曲も聴くくせに歌詞の意味を全く理解していなかった。カッコいいけど、どういう意味?なカタカナ語とその意味を紹介する。「こういう意味だったんだ!」とこの記事を読んだ誰かのためになりますように。ただの恥さらしになりませんように…(祈り)

 

『EMMA』(NEWS)より「ギムレット」「アルペジオ

ギムレットとは…[gimlet] カクテルの一種。ジンまたはウォッカとライム果汁を混ぜたもの

アルペジオとは…[arpeggio] アルペッジョともいう。和音を構成する音を低いものから(または高いものから)順番に弾いていくこと

『マスカレード』(嵐)より「セレナーデ」「プレリュード」

セレナーデとは…[serenade] 夜の調べ

プレリュードとは…[prelude] 前奏曲

ちなみにマスカレード[masquerade]とは仮面舞踏会のことである。

 

さて、今回は新曲発売まで1週間を切ってからこの記事を書き始めたので、少ししかカタカナ語を載せられなかった。皆さんは全て意味を知っていただろうか。私は元々マスカレードしかわからなかった。20年以上生きていても知らない言葉はたくさんある。私は初めて音楽を聴く時にまず取り込むのはメロディーだと、少し前の記事で書いた。その記事がこちら↓

ofxt11.hatenablog.jp

歌詞は最後に取り込むので、なあなあで聴いていることも多かった。歌詞カードを見ない場合、カラオケや音楽番組を見て初めて歌詞を見ることになるのだが、カタカナ語のカッコよさたるや。もちろん本人達のパフォーマンスのカッコよさも影響している。ただ、カッコいいのその一言で片付けられてしまう場合が多いことに気づいた。前後の歌詞からそのカタカナ語の意味を推測することはできるだろうが、全てが全て推測できる訳ではない。しっかりと意味を知ることにより、歌詞を理解してさらに曲を楽しむことができるだろう。これはカタカナ語だけでなく、歌詞の中で英語が多い曲*2にも当てはまるだろう。今更ではあるが、今までの楽曲をゆっくり理解していこうと思う。

*1:

*2:例えば、NEWSの『Why』(シングル『weeeek』初回盤収録曲)※初回盤のみに収録されている