読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Bright Memories

かすかな記憶、つたない言葉

EMMA発売

2月8日、本日はNEWSのNEWシングル『EMMA』の発売日だ。昨日母に送ってもらい、自らの手でフラゲしてきた。3種類とも、もちろん早期購入特典のクリアファイル付きでゲットした。仕事前だったのでダッシュでパソコンに取り込み、そのまま仕事へ。手に入れるのが早すぎて、パソコンに入れてもタイトルが自動で表示されず。「トラック1」などとそっけない表記だが、とりあえずはこれで我慢することにした。今夜帰宅したらもう一度取り込もう。今回はまだMVを観ていないので楽曲の感想を。カップリングの新曲2曲はゆっくり聴きたいので、また後日MVの感想と同じ時に書く予定。ということで『EMMA』と『さくらガール』『I・ZA・NA・I・ZU・KI』の感想をどうぞ!

『EMMA』

テーマ通りのハードボイルドな雰囲気のメロディーに合わせて、大人な色気を出していて。歌詞も今までにはない感じで、シゲに「女」と歌わせるなんて…!作詞者の方や歌割りを決めてくださった方?に感謝感謝です。シゲが話してる時に「女」と軽々しく言っていたら…あぁ……(落ち着け) とにかく、曲調がダンディーでシゲの今年の目標と一致してるし、なによりシゲのハスキーボイスと曲がマッチし過ぎてて。本当にご馳走様です。(合掌)

『さくらガール』

シングルの中ではあまり聴かない方だけれども、歌割りが違うので新鮮味があって良かった。いや、良くないから聴かない訳ではないんだけれども。6人の時と歌うパートが変わってなくても歌い方が違って面白い。「あ、前は伸ばしっぱなしやったのに、そこで一旦切るんや…」などと、間違い探し気分で聴いている。

『I・ZA・NA・I・ZU・KI』

歌い直しして欲しかった曲ランキングがあったとしたら、上位に入っていただろう。シゲ担として、2番の『口吻を〜』がシゲの歌声で聴けるのはかなり嬉しい。コンサートでしか、DVDでしか聴けなかったのに、もうこれからはいつでもどこでもiPodで聴ける…。ありがたき幸せ。テゴマスのハモリもピタッと気持ちよくハマっていて、いい意味で、聴いててゾクゾクっとする曲に。

『さくらガール』と『I・ZA・NA・I・ZU・KI』の歌割りについて事前に自分の中で予想していたのだが、まさかの全て当たってしまうという…。初めて耳にした時、とにかく連呼したのは「やっぱりな」だった。予想通り過ぎて逆に拍子抜けした。どこかで裏切られることを期待していたからだ。だが、2曲ともただ歌い直しているのではなく、さらに進化していたのだ。今の強くなったNEWSを表すように。ひしひしと歌声から伝わって来て、地下鉄の中で涙ぐんだのはここだけの話。

ところでなぜ、彼らはこの2曲を選んだのだろうか。私の予想(妄想)はこうだ。「2曲歌い直すなら、自分たちが気に入っている楽曲『さくらガール』とファンに人気の楽曲『I・ZA・NA・I・ZU・KI』にしたらいいんじゃない?」という、勝手なイメージだけで立てた予想。あ、ちなみに会議で決めたのだとしたら、手越さんは居眠りしてる設定でよろしくお願いします。