Bright Memories

かすかな記憶、つたない言葉

NEWS担の関西人、東京へ行く

2月10日(金)〜12日(日)まで、二泊三日で東京へ行って来た。なぜ東京か。それは仕事の研修が東京で行われ(ほとんどの参加者が関東の同職者)、私の部署から2人行かなければならず、同期の1人と一緒に選ばれてしまったからである。研修自体は土日だったが、土曜日の朝が早いということで、前乗りで金曜日から行くことになった。金曜日の朝、部署の会議があるため職場へ。キャリーバッグを持って職場へ行くのは初めてだった。会議が終わるとコンビニ飯を食べて出発。そう、昼過ぎに出発したのだ。東京に着くのは夕方5時ごろ。もう少し遅くてもよかったのでは?と思う方もいるかもしれないし、私もアレがなければもう少し遅い時間の新幹線にしていたかもしれない。

アレ、とは何か。2月10日(金)の夜、NEWSは何をしていたか覚えている方はいるだろうか?そう、NEWSはMステに出演していた。たまたま東京に研修で来て、前乗りする日にMステ…。これは番協に申し込むしかない!と、2月4日(土)の仕事中に思ったのであった。一緒に研修に行く同期とたまたまその日一緒に仕事をしていたので、番協に申し込みたいと言ってみた。すると、せっかくのチャンスやしいいんちゃう?とのこと。なんて優しい同期なんだろう。その日は嬉し過ぎてニヤニヤしそうになるのを我慢して仕事をした。初めて番協に申し込む私は、何もかもが新鮮でドキドキ。浮かれポンチもいいところだった。2月7日(火)、メールが来たら当選ということになっていた。が、来るメールは仕事関連や関係のないものばかり。私は落選した。そう簡単には当たらないよな…と、割とすんなり諦めがついた。なぜなら、こればっかりは足掻いても仕方がないからである。落選した私は何を考えたか。「東京でしか過ごせない時間を過ごそう」と。まずはNEWSのMステだ。同期には悪いが早目に夕食を済ませ、ホテルでMステを見るという案が浮かんだ。が、それは東京でしか過ごせない時間なのか?それなら、関西の家で観てるのと同じではないか。ではどうする?私は六本木周辺で夕食を食べることに決めた。大好きなNEWSがどこにいるか、こんなにもハッキリと教えてくれる日はそう多くない。鈍感な私でもわかった。Mステは家に帰ったら見れる。今東京でしか過ごせない時間とは、NEWSの近くにいることではないか、と気づいた。別にテレビ局まで行きたいのではなく、ただただ大好きなNEWSの近くにいるんだなぁ〜と感じたかったのである。だがしかし、同期はどうするのか。方向音痴の彼女を知らない土地に置いて行くわけには行かなかった。彼女に聞くと、特に東京で行きたいところはないらしく(どこに行きたいのかすらわからない状態)、私がお店を探すことになった。主導権を握ったのである。しかしお気づきだろうか。東京に着くのは夕方5時ごろ。Mステが始まるのは夜の8時台。リハーサルやらなんやらでずっとテレビ局にいるだろう。しかし、確実にいる夜の8時台に六本木周辺で夕食を食べたかったのである。完全なる私のワガママ。さて、3時間何をする?せっかくの東京なのだから、3時間無駄にフラフラするのはもったいない。私はリサーチを始めた。

「渋谷や原宿で軽くスイーツを食べるのはどうかな?」と、東京行きの新幹線の中で同期に聞いた。「いいよ〜」と返事が返ってきたので、ガッツポーズ。晩ご飯の場所もオッケーだったので、あとは東京に着くのを待つだけだった。東京に着いた私たちは、ホテルの最寄り駅まで移動した。荷物もあるのでホテルにチェックインしてから外出する予定だった。ホテルと六本木の間に渋谷や原宿があり、時間にも余裕があったからだ。だが、最寄り駅に着いてからが問題だった。最寄り駅から10分ということだったのだが、歩いても歩いても見つからない。冬の寒い東京がこんなにも淋しくさせるとは思いもしなかった。そういえば、私は寒い時期に東京に来たことが無かった。同期とキャリーバッグを引きながらトボトボ歩く。やっとホテルを見つけて部屋に入った時、正直結構疲れていた。テレビをつけて机の上にあった放送局一覧を見ながらチャンネルを変える。関西とは数字が違うことは知っていたがどれがどれかはわからなかった。日本テレビ(関東なら4チャンネル、関西なら10チャンネル)をつけると「every.」が放送されていた。ちょうど木原さんと女性が高架下を歩いているシーンだった。テレビの左上の時間を見ると18時23分だった。その画面がこちら↓

f:id:ofxt11:20170216235030j:image

この時間に「every.」が見られるだけで気分が上がった。関西だと、この時間に「every.」は放送されていないからである。少しホテルで休んだ私たちは時間の関係上、渋谷や原宿に行くのを諦め、六本木へ直行した。

f:id:ofxt11:20170216235420j:image

選んだのは中華のお店で、餃子が美味しかった!(美味しすぎて私も同期も黙々と食べてしまい、写真を撮り忘れるという失態をおかした) 時間もちょうど20時台だったし、満腹で幸せそうにしていた同期よりも私は満足していた。帰りの電車の中でTwitterをひらいた私はここであることに気づく。「今日のMステって2時間SP…!?(遅い)」ということは「21時台にNEWSが歌う可能性もなきにしもあらずか?」と不安になったが、その不安は一瞬で消えた。SNSを見た所、既にNEWSは歌っていた。私たちがあの六本木のお店にいる間に歌ったのだ。近くにいれた。私は幸せを噛み締めながらホテルに戻った。

次に、東京でしか過ごせない時間とは何かを考えた時に思い浮かんだのは『NEWSな2人』だった。年末に初めて観たのだが、今回金曜日から泊まるということで見られるのではないかとウキウキしていた。だが、現実はそう甘くなかった。同じ研修に参加する別の部署の先輩(男性、シゲと同い年)から23時過ぎくらいにLINEが来た。ちょうどその頃私の部屋で同期とお茶パーティーを開いていた。研修先で酔っ払うわけにもいかず、2人で、玄米茶とほうじ茶で乾杯をした。「今どこ?」「何してる?」とLINEが来て、返しているとLINEの電話がかかってきた。すると、先輩は隣の隣の部屋にいるということが発覚。途端に部屋の外がうるさくなり、ドアを開けると先輩がいた。自然な感じで部屋に入ってきておしゃべり。荷物広げてなくて良かった…と思った。「もっと早く合流してたら◯◯に連れて行ったのに」とか、色々おしゃべりしていると、先輩から飲みのお誘いが。私も同期も飲む気は無かったが、付き合うことに。この時既に日付が変わっていた。私は『NEWSな2人』を諦めた。50分もしない内に帰ってくるのは無理だ。先輩が来る前に同期とは『NEWSな2人』の話をしていたので、同期は私の顔を伺いながら目で「大丈夫?」と聞いてくれた。私はしょうがない…と、目を閉じて頷いた。それから人生初のおしゃれなバーに入り、それなのにオレンジジュースを頼んだ。(同期もソフトドリンクだった) 先輩はビールを頼んで食べ物も頼んだ。もちろん私たちにも勧めてくれた。笑顔で食べたが、心の中では大泣きしながら食べていた。好きな人たちに会うためにダイエットを決意して少し痩せたのに、なんでこんな時間に食べなきゃいけないの…と。結局閉店時間の2時までいた。コンビニに寄って解散して部屋に戻ると2時30分。こんなに夜更かししたのは久しぶりだった。軽くシャワーを浴びて寝た。

次の日、同期の様子が変だった。どうやら夜中に食べたものが消化しきれずお腹の中でモヤモヤしているようだった。「食欲ない…」とバイキングだったが少し口にしただけで「お腹いっぱい…」と言っていた。私はというと、いたって元気でご飯は2杯食べた。この研修中はあまりダイエットは気にしないでおこうと思っていた。(夜中に食べるのはまた別の話だが) 研修が始まる前に昨夜付き合った先輩から「この人が◯◯(会社名)ってとこの人!」と、知り合い(男性)を紹介された。挨拶をすると、先輩がいきなり「この子ジャニーズ好きやねん」とバラした。えっ、どうしようと思ったのも束の間で「誰が好きなんですか?」とにこやかに聞いてくださった。「加藤くんって知ってますか?」と聞くと「僕ですか?」とまさかの答えが。名札を確認すると、その人は加藤さんだった。そして下のお名前も某ジャニーズと同じだった。なぜか親近感が湧いた私だったが、その人とその日が終わるまでずっと一緒に過ごすことになろうとは、その時考えもしなかった。

研修を終え、その日の夜は懇親会があった。同期もその頃には食欲は戻っており、先輩にいろんな人を紹介してもらいつつご飯を食べていた。途中からは例の加藤さんとずっとお話しして、ずっと笑っていた。同期は前日寝不足だったからか懇親会だけでギブアップで、ホテルへ帰って行った。私はなぜか例の加藤さんの上司のおじさんに気に入られてしまい、二次会に行く羽目に。大阪の同い年の同職者と話したり例の加藤さんも混ざって野球の話もしたりとわりと盛り上がった。先輩に誘われて、例の加藤さんとあと数人とで三次会を開き、前日に来たおしゃれなバーに行った。そこでも私はオレンジジュースを頼んだ。なぜか例の加藤さんが絵を描くことになったのだが、これがまた素晴らしい画伯でして。手越画伯と肩を並べるレベルだった。三次会も終わって最終的に4人になって、ラーメン食べに行こうと言われてたまらず私も行くと言ってしまった。(ラーメン大好き病なので)

f:id:ofxt11:20170217012821j:image

中華屋さんでラーメン(結構あっさり)を食べて解散!自分の部屋に戻ると1時を過ぎており「CDTV」が始まっていた。

ということで、ジャニーズ関連では金曜日の六本木での夕食しか「東京でしか過ごせない時間」を達成することはできなかった。でもまぁおしゃれなバーに行ったのも初めてだったし、三次会までして最後にラーメンを食べて帰ったのも初めてだったし、これでよかったかなと。欲を言えばやっぱり『NEWSな2人』は観たかった…。

社会人になって人付き合いを大切にするようになった。それは、大学での経験があるからだ。大学では人付き合いよりもジャニーズを優先させていて、友達という友達がひとりもできなかったからである。社会人になって味方(友達)がいないのは危険すぎる。大学時代は大学だけでなくバイト先や(他大学の)サークルという居場所もあったが、今は職場だけだ。それなのに人付き合いを疎かにしたら、自分の居場所が無くなってしまう。それだけは避けたいところだ。

それにしてもなぜ、あの先輩のお誘いを断ることができなかったのだろうか。こうして今回冷静になって記事を書いてみて気づいた。それは、イケメンだからである。見た目は、私的にはまあまあイケメンだが、別の所に注目して欲しい。心だ。心が清らかだとかそういうことではなく、女の気持ちがわかっているのだ。どう誘ったら来てくれるか、どう話したら喜ぶのか、あの先輩はわかっている。本当に悪い男だ。こういう人がモテるんだなと、思い知らされた。

今回初めて冬の東京へ行って、研修以外に学んだことがある。それは……

乾燥注意!笑

ホテルから六本木まで都営大江戸線に乗ったのだが、電車の天井が低く立ち位置によっては暖房が至近距離で当たる。短時間で喉がイガイガしたし、体もかゆくなった。なので、リップクリームやハンドクリームだけでなくボディークリーム必須。もちろん電車内ではマスクを…!冬の東京、いや、冬の遠征自体初めてだったので、今回の研修遠征の経験を活かしてこれからのコンサート遠征に役立てたい。