Bright Memories

かすかな記憶、つたない言葉

NEVERLAND発売

おめでたいことに、本日3月22日にNEWSのアルバム『NEVERLAND』が発売となった。いつもの様にフラゲ日に母の運転でアルバムをお迎えに行ったのだが、今回は午前中ではなく、午後で仕事ギリギリだった。なので、自分のノートパソコン*1を持参して職場で取り込んだ。DVDを観ようか悩んでいると、同期のAさんが出勤してきたので、一緒に観ることに。他の人が出勤してくるまでだったので、メイキングの小山さんソロカットに突入したくらいまでだった。曲は合間に聴いたので、感想を。この記事では初回盤に収録されている曲の感想を書いていく。

1.“The Entrance”

まず言いたいことは、ミスター・インポッシブルさんがとにかく良い声。世界観にピッタリな音楽に合わせて、私たちをNEVERLANDへ誘ってくれる。コンサートの始まりにこの曲が出てくるのかどうか、楽しみである。

2.NEVERLAND

NEVERLANDへの鍵を持った私たちを、歌詞通り“Navigation”してくれる。NEVERLANDとはどんな世界なのか、この曲を聴けばわかるだろう。クラッシックな重厚感のあるメロディーと民族音楽のようなパーカッションが印象的。なんとなくKAT-TUNが歌っていそうなメロディーだと思った。

3.アン・ドゥ・トロワ

思ったよりもキャッチーなメロディーで、一度聴いたら忘れないくらい。キーは少し高そうだが、ファルセットが綺麗で心地よい。(大サビ前の『アン・ドゥ・トロワ』って、まっすーかな?) 歌詞的には…これ、いわゆるエロいやつですかね?『君とイきたい』の『イ』だけがカタカナなのが意味深。そういう意味と受け取ってよろしいでしょうか?

4.EMMA

5.“7 Elements”

リズミカルな音に合わせて7つのエレメントの説明がされている。「愛」の部分だけ音が違い、やはりNEWSや私たちファンにとって愛とは特別なエレメントなのだと再確認させられた。

6.Brightest

雰囲気がガラリと変わって、エレクトリックな曲。まっすーの『baby』は優しくて手越さんの『baby』は力強くて。最後の方のシゲちゃんの『baby』はセクシーでたまらん…。生で『キミは僕の baby』って言われたい。

7.Silent Love

『Snow Dance』と同じ様な歌割り。(コヤシゲが反対) この曲はまっすー担にとって最高な曲なのでは!?サビなんてセクシーな声がチラチラ聴こえて焦らされてるみたいで、大サビ前に長いラップで心を鷲掴みにされ…。NEWSのラップ担当はやっぱりまっすーに変わったのかしら?

8.恋を知らない君へ

9.“Neverland Cast Members”

造語でメンバー紹介!?各メンバーの特徴を挙げているのだが、慶ちゃんのはどういうことなのだろうか?トークが上手過ぎてあっという間に時間が過ぎてしまうから『時空を操る』という解釈で合っているだろうか?そして、気になるのが最後の一文。これはコンサートで何かが起こると期待していいということでしょうか…(ドキドキ)

10.ミステリア

世界観が1番このアルバムに合っている曲だと思った。この曲の中で、主人公は旅をしているけれども、この旅は自分の心の中のお話で。自分の中の化身と闘っている主人公。その化身は狂気の化身だったり、自由の化身だったり。聴いている私たちにも、そういう化身があるのかもしれない。また、ミステリアとはなんだろうか。化身に名前をつけていたりするのだろうか。メロディー的にはHey!Say!JUMPが歌っていそうだなと思った。

11.BLACK FIRE

真っ先にシゲちゃんの喉ちんこの心配をした私は……。手越さんが好きそうな曲なのでは?私もこういう曲大好き(聞いてない) この曲のコヤマスの歌い方も好きで。曲調的にはテゴシゲの方が合っていると思うけれども、歌割りでハッキリと2組に分かれているので、歌声に合ったパートを歌うことによってコヤマスの良さも引き出されていた。

12.ORIHIME

サビの歌詞を見て驚いた。『999』が歌詞に入っていることに。漫画やアニメ、ゴダイゴさんの曲を知っている人は、すぐにあの世界が頭に浮かんだはずだ。だが、『僕らの999』という表現をすることによって、舞台は同じでもこの曲のストーリーにスッと入り込むことができた。失恋の儚さと星の儚さがマッチし過ぎてて、この失恋×星のコンビは最強だと思い知らされた。

13.流れ星

曲を聴いてから気づいたのだけれども、作詞作曲がヒロイズムさんで編曲が亀田誠治さんという『フルスイング』コンビで。NEWSにしか歌えない曲を提供してくださる御二方には本当に感謝感謝です。個人的にはサビ前の『また歩き出すよ』を全員で歌っているところが好きで、NEWS4人にそっと語りかけられている感じがするからだ。そして、私の気のせいかもしれないが、全員で歌っているパートでのシゲの声がよく聴こえる気がする…やっぱり気のせい…?

14.“The Grand Finale”

コンサートの最後の方に「まだ終わらないで…」と思うことは今までに何度もあったが、アルバムを聴いて「まだ終わらないで…」という気持ちになったのは初めてかもしれない。

15.U R not alone

歌い出し始めからGreeeenさんらしいオクターブ。難しい言葉は使わず、素直な言葉で伝えてくれるので、初めて聴いたのに歌詞が入ってくる入ってくる。私ごとなのだが、只今絶賛ネガティブ期に突入しているので、この曲は効きそうだ。思ったよりも早く、このネガティブ期を抜け出せる予感がする。

16.“To Be Continued....”

 

ということで、私の感想でした。歌詞カードを見ながら1、2回聴いただけで感想を書くのはとても頭を使うし大変だけれども、初めて聴いた時の気持ちを残しておきたくて。時々このブログに残っている『QUARTETTO』の感想を読み返して、何度も聴いた今と同じ感想を書いている曲もあれば、全く違う曲もあって。人の意見(特に大多数の人の意見)に影響されて曲の印象が変わることもあるけど、自分の心の変化も原因のひとつだと思う。その時その時の自分を知ることもできるから、感想を書くことは大切なことだと改めて思った。

今回のアルバムは今までにないくらい世界観が強いもので。1や5、9や16の、案内人のミスター・インポッシブルさんの語りの部分が、曲と曲の流れを変える良い役目を果たしていると感じた。

初回盤のDVDの感想、通常盤に収録されているソロ曲の感想は次の記事で。

*1:私のMacはディスクが入らないので外付けドライブも