読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Bright Memories

かすかな記憶、つたない言葉

Happy Birthday 〜好きな所10個挙げてみた〜

Happy Birthdayということで、NEWSのリーダー小山さん、お誕生日おめでとうございます!このブログでお祝いするのは2回目。今回は小山さんの好きな所を10個挙げてみた。「私も一緒!」という方もいれば「そんな所もあるんだ」と思う方もいるだろう。もしあなたが気づいていない所があれば、明日から注目してみてもいいかもしれない。それでは、10個どどんとどうぞ!

1.天然な所

小山さんといえば天然と言っても過言では無いだろう。しっかりしてそうで、実は天然。天然エピソードは色んなところから出るわ出るわで、メンバーはネタに困ることがないくらいだろう。きちっとキャスターの仕事もこなすものの、どこか隙があって、そういう所が放っておけない所なのかなぁと。男も女もトリコにする彼は本当に罪な男である。そんな天然な小山さんが大好きだ。

2.寛容な所

小山さんに対する手越さんのイタズラエピソード、NEWSファンなら一度は耳にしたことがあるだろう。そして「なぜ怒らない?」と疑問に思ったことはないだろうか。小山さんは優し過ぎるのか、はたまた、いつかのバラエティー番組で他のメンバーもしくは自分がこのエピソードを話して笑いにしようと企んでいるのか。私は両方あると思う。メンバーの変化によく気づく小山さんは、メンバーのことをよく見ていると思う。それはリーダーだからではなくて、もともとそういう人なんだと思う。

3.感謝の気持ちを大切にしている所

この記事で小山さんの好きな所を考えていた時に、ふと小山さんがよく使う言葉について考えてみた。すると、私の勝手なイメージでしかないが「ありがとう」「ありがたい」とよく言っているように思えた。もしかしたら、回数の問題ではないのかもしれない。今こうして書いていて、小山さんが感謝を表す時は誰もがわかるように表現しているからかもしれないと思った。誰もがわかるような表現とは。それは、深いお辞儀だ。音楽番組で歌を披露した後、深々と頭を下げる小山さんを見たことはないだろうか?誰よりも深く下げ、誰よりも長く下げる。そういう場面を見ると、ハッとさせられる。自分はどうなんだ、ちゃんと感謝の心を持って生きているのか、と。(重い) これは小山さんの好きな所でもあるし、尊敬する所でもある。

4.奥二重

イジられがちな目だが、私は小山さんの目も好きだ。一重一重と言われるけれども、彼は奥二重だとずっと思っているし、なんならここ数年は歳のせいかまぶたの皮膚が徐々に下がってきて二重の幅が広がって来ているような…。確かラジオで、彼の母も歳を重ねて二重になったと言っていた気もする。小山さんの目はとてもセクシーで、流し目が似合う。

5.手足が長い所

シュッとしたスタイルの小山さんは、手足も長い。ダンスで腕を上げて放物線を描いて下ろす動きは、それはそれは綺麗。『KAGUYA』なんかは、和服なのもあって小山さんのスタイルだからこそ良く見える所がたっぷり詰まっている。もちろんこれはあとで出てくる「7.筋肉」も含む。

6.ゴツゴツした手

握手した時に感じた。指が長いのはわかっていたのだが、ここまで節くれだった手をしているとは思いもしなかった。正直少し痛いくらいだった。けれども、そのおかげで今もなお感覚を覚えている。そんな特徴的な小山さんの手が、当時は痛くて驚きばかりだったが、今は私の思う「男の人の手」である。

7.筋肉

夜会などの番組で筋肉を披露している小山さん。筋トレを始めると若干ウザキャラになる気もするが、それは新たな一面を見ることができたということで。キャスターの時はスーツで、肩のあたりの筋肉でキツそう…と思う時も。コンサートの時はアンコールでその肉体美を披露してくれる時が多く、昔のひょろっと細い小山さんとは違い、今はガッシリと思わず触りたくなるような筋肉の持ち主に。

8.激甘な歌声

実はNEWSの歌声についての記事をずっと下書きに放置しているのだが、ここで少し触れようと思う。小山さんの声は激甘で、可愛い曲を歌わせたらあざといくらい可愛い。あざといなぁとわかっていても小山さんだから許してしまうのだが。そして、切ない歌を歌う時は、小山さんの歌声はもがき苦しむように聞こえる。これは小山さんにしかできない歌い方で、実際は喉を締めて歌っていると思うのだが、聴き手は心が締め付けられたようなら感覚になる。この歌い方はこれからも続けて欲しい。

9.人の良い点を見つけるのが上手い

これは「2.寛容な所」でも触れたのだが、小山さんは本当にメンバーをよく見ている。そして、メンバーをいかすのが上手い。メンバーをよく見ている小山さんだからこそ、メンバーの良い点に気づく。そして、小山さんはメンバーがそれを発揮できる場所で発揮出来るように縁の下の力持ちになっているように感じる。

10.家族を大切にする所

これは、昨年末の『NEWSな2人』を観てより一層思ったこと。私も小山さんと少し似ている環境で育ったのだが、小山さんのようにしっかり意思を持って家族と向き合ったことがない。小山さんは私たちファンにだけでなく、家族にもハッキリと気持ちを伝えるのが上手く、本当にキャスターに適任だと思う。そんな小山さんを尊敬しているし、自分の弱い部分も見えて、今何をするべきか考えるようにもなった。決して焦らず、小山さんが『メン愛』で言うように、自分のペースで。

 

以上、小山さんの好きな所10個でした。もし「こんな素敵な所もあるよ!」というのがあれば、コメントお願いします。最後になってしまったが、小山さん『メン愛』今までお疲れ様でした。名前が変わってリニューアルということで『メン愛』という名前が無くなるのは悲しいけれども『メン愛』の魂を引き継いだ、温かい文章を待っています。本当に長い間お疲れ様でした。そして、誕生日おめでとうございます!!