Bright Memories

かすかな記憶、つたない言葉

ジャニヲタの娘を持つ母、ついにコンサートに行く

ついに、ついに私の母がジャニーズのコンサートに…!!

私の母はジャニーズのファンでなければジャニヲタでもない。ただ、一般の人よりも少しジャニーズ(特にNEWS)に詳しい人だ。私と一緒に車に乗ればジャニーズの音楽をかけるので、音楽に関しては自然に耳が覚えているようだ。そんな母をコンサートに連れて行くなら、やはりテゴマスかなぁと思っていた。なんでかって?理由は3つ。1つ目は、母がテゴマスの音楽が好きだからだ。2人の音楽は素晴らしい、ハモリが綺麗だから好きと言われたことがある。2つ目は、テゴマスならダンスが少ないからだ。母自身もジャニーズ以外のコンサートには行くし、周りのノリに合わせることもできるが、単に体力的にしんどいのではないかと思っていた。ゆっくり聴けるテゴマスなら、安心して最後までいられるのではないかと思った。そして3つ目は、母の好きなアーティストがゴスペラーズということ。2つ目にあげたコンサートとはゴスペラーズのコンサートなのだが、そこでのMCでテゴマスの話をしたことがある。テレビでの共演*1や楽曲提供*2で、ゴスペラーズはテゴマスと繋がりがあるのだ。以上の理由で、コンサートに行くならテゴマスと思っており『テゴマスの青春』コンサートに申し込んだが、残念ながら外れてしまった。なので、悩んだ結果、余裕のある今回のツアー『NEWS LIVE TOUR 2017 NEVERLAND』に連れて行こうと決心したのだ。

  • 1月中旬〜2月中旬

CDを母のパソコンに取り込む。昨年発売された『恋を知らない君へ』を聴いて、発売後しばらくして初めて「この曲めっちゃいい曲…自分のiPodにも入れたい…」と言われ『NEWS LIVE TOUR 2016 QUARTETTO』のDVDのドキュメンタリーを観てからはNEWSに対する気持ちに変化があったようだった。特に手越さんに対してのイメージが、チャラい男からやる時は真剣にやる男と、ガラリと変わったようで。そんな母に「NEWSのコンサート行くならCD聴かなね?」と言うと「せやね…まぁ結構知ってるけどね?(ドヤァ)」と返された。お互い忙しく、一気に取り込む時間はなかったので、アルバムを2枚ずつ数日かけて取り込んだ。「この曲知ってる〜!前よく聴いてたのに最近聴かへんよね」と言われたり「この曲この間テレビで歌ってたやつやん」と言われたり、反応してくれるので面白かった。そしてiTunesのレートを利用し、★★★★★…シングル曲、★★★★…コンサートでよく歌う曲もしくは次のコンサートで歌う可能性が高い曲、★★★…コンサートで歌ったことはあるけど毎回ではない曲、★★…コンサートであまり歌わない曲、★…コンサートで歌ったことがない曲、★無し…ソロ曲もしくはユニット曲、という風に分類した。

この間にツアー申し込みがあり、私は5月7日(日)12時30分からの大阪公演に申し込むことにした。私と母、KAT-TUNのコンサートに誘ってくれる上田担の友達とTwitterのフォロワーさん(小山担)という、私がいなければどこの誰状態な4人組で行こうということになり、初めて4枚で申し込んだ。

  • 当落発表の日

そして2月20日、当落発表の日。仕事の合間にwebで確認すると…当選していた。夢だった母との参戦。大好きなNEWSに会える幸せ。NEWSにも、当たりますようにと願ってくれたヲタ友にも、関わってくれた皆にもありがとう!という気持ちが溢れた。私は年甲斐もなくピョンピョン飛び跳ねて喜びを爆発させた。仕事の合間だということを忘れて。母にLINEですぐに伝えると「楽しみや〜!」と言ってくれた。

  • 当落発表の日〜参戦日前日

参戦が確実となったので、いくつかするべきことを考えた。

1.暇があれば『NEWS聴いてる?』と聞いて圧をかける

ある日『NEWS聴いてる?』と聞くとアルバム『LIVE』を聴いたと返事が。知っている曲から始まるアルバムがいかに聴きやすいか、私も重々承知していた。*3私も、師匠から初めてジャニーズのCDを大量に借りた時、NEWSは『weeeek』から始まる『color』をよく聴いていたものだ。もちろんアルバム『NEVERLAND』も聴いていて、この中で母が好きな曲だと言ったのが『ミステリア』。まさかの私と同じ。さすが親子。(拍手) 頻繁に声掛けをしていたものの、イマイチ聴いていない様な気がしていた。そんな時に、家族でドライブに行く機会があった。そこで私はドライブのプレイリストを作り、ドライブ中ほとんど流すことに成功した。このプレイリストには、今回のアルバム『NEVERLAND』と今までのシングル曲、前回のアルバム『QUARTETTO』以降のシングルカップリング曲、そして私の独断と偏見でコンサートで歌って欲しい曲が入っていた。私は一応免許を持っているのだが、ペーパーと言うほどでもないがあまり運転はしない。良い機会だと思ってドライブは私が目的地まで運転した。久しぶりの運転でドキドキしていたが、私が作成したドライブのセットリストが神過ぎて…いや、NEWSの曲は応援歌が多いからなのだが、すごく勇気付けられた。私が作ったプレイリストに勇気付けられた私。もちろん母も一緒に聴いており、NEWSと共に「運転頑張れ〜」と応援してくれた。

2.双眼鏡を調達する

私は毎回祖母から借りている双眼鏡があるのだが、母の分が無い。この際気になっていた防振双眼鏡を検討するか…と師匠に打ち明けたところ、その間現場が無いから貸すよと言ってくれた。ありがたきお言葉。こうして、無事双眼鏡を調達することができた。

3.ペンライト、うちわを選ぶ

おそらく母はグッズを買わないので、前のツアーの物を使用する。ペンライトは電池が切れてきて、弱々しく光るものもあるので、ボタン電池を買いに行くか他のペンライトのボタン電池と交換する必要がある。そして、好きなペンライトを選んでもらうのだが、ストラップが付いているペンライトをオススメした。安全第一。デザイン的には断然『QUARTETTO』のト音記号が好みだろう。しかし、コンサート中に指が痛いと文句を言われたくないのでオススメしないでおこうと思っていた。この時点ではボタン電池とストラップのことだけを考えていたので、断然2012年の『美しい恋にするよ』のペンライトを持たせる予定だった。が、しかし、ツアーが始まって状況が変わった。twitterの情報では、今年も昨年と同じく遠隔操作で点いたり消えたりする様だった。「…ということは母の分も買わないといけないのか?」と一瞬焦ったが、情報にはまだ続きがあった。なんと、昨年の『QUARTETTO』でも反応するとのこと。もうこれは『QUARTETTO』しかない。だが、光が弱々しくおそらく最後まで持たないだろうと思われたので『美しい恋にするよ』のボタン電池と交換した。うちわは、参戦日前日にシゲの顔のうちわを母に見てもらい、どれがいいか選んでもらった。私の予想通り、昨年のツアー『QUARTETTO』のシゲを選んだのだった。

  • 参戦日当日

さて、いよいよやってきた参戦日。私はtwitterのフォロワーさん(小山担)と担当カラーのバンダナをお揃いでつけ、相当気合が入っていた。*4母はというと、普段と特に変わらずいつも通りだった。「この紺色のか白色のかどっちがええ?」と、トップスの色で悩んでいたので、私は即座に「白色!!」と答えた。紺色より白色の方が目立つからという安直な考え。私もトップスは白色でお互いにボトムスはデニムだったので、親子で色味は揃っていた。

電車に乗り、KAT-TUN上田担の友達と合流してから大阪城ホールへ向かった。大阪駅の時点でツアーバッグを持ったファンがちらほらいて、それを母に教えると「ほんまや!」と、どこか嬉しそう。JR環状線でファンが次々と乗り込んできて、大阪城公園駅に着くとホームはファンだらけ。ホームに「本日大阪城ホールにてコンサートが行われます。お帰りの際、大変混雑することが予想されますので、帰りの切符も先にお買い求めください」とアナウンスがあり「コンサートやって!ふふ!」となぜかニヤニヤしている母であった。駅で友達を待つヲタクや、駅から会場までちらほらいた立ちんぼ、噴水の周りで「あ、今噴水のところにいるよ〜」と待ち合わせをしているヲタクを見ても、母に微動だにしなかった。私は、生のジャニヲタを見てちょっとは引くんじゃないかなと思っていたが、そんなことはなかった。とりあえずグッズを買おうということで、母も一緒に並んだ。母は何も買わなかったが、私の後ろに並びながらテキパキと荷物整理をしていた。(ありがとうございます) その後は日陰に移動して、大阪駅で買ったおにぎりを食べて腹ごしらえ。会場外のトイレに行き、並んでいる間にtwitterのフォロワーさんと合流。トイレを済ませ、いざ入場口へ。途中、機材やセットを乗せてきたトラックたちがズラーっと並んでおり、私はいつものことなので気にしていなかったが、母は「え、こんなにトラックあるの!?」と驚いていた。好きなアーティストであるゴスペラーズのコンサートには何度も行っている母だが、こんなにトラックは多くないらしい。そりゃそうだ、ゴスペラーズはトロッコに乗ってファンサしない。それにジャニーズみたいに3つ(メンステ、センステ、バクステ)*5もステージは無い。トラックに驚く母にチケットを渡し、ついに入場。席に着くと「凄い…」と、宙に浮かぶNEVERLANDの文字を見上げていた。開演まであともう少し。右手にペンライト、左手に団扇を持つ母を見て、ついにここまできたか…と喜びを噛み締めた。

コンサートについての感想はインタビュー方式で。母の感想をそのまま載せるので「初めて来た人はこういう感じ方することもあるんだ〜」と思って頂ければ。

Q.初めてのジャニーズのコンサート、NEWSのコンサートはどうでしたか?

A.ファンの声がすごかった。NEWSが歌っているのにまだキャーキャー言っている人がいた。

Q.そのNEWSの歌はどうでしたか?

A.まっすーの歌がとにかく上手かった。手越の歌い方はあんまり好きじゃないかも…。シゲが思ったよりめちゃくちゃ歌が上手くてビックリした。慶ちゃんは……とにかく音外してた。

Q.記憶に残った曲はありましたか?

A.アルバム『NEVERLAND』の曲。『EMMA』聴いてて好きな曲調やったから。演出とか衣装とかは…そこまで覚えてない(汗)あ!あと『ポコポンペコーリャ』はCDで聴いてて歌詞が面白いと思ってたから、コンサートで聴いて印象的やった。*6

Q.小山さんの印象に残っていることは?

A.影が薄かった…シゲばっかり追ってたからあんまり見てなかった。

Q.まっすーの印象に残っていることは?

A.まっすーの考えた衣装が派手やったこと。でも、あんな広い会場ならそれくらいしないと目立たんのかなぁ?

Q.シゲの印象に残っていることは?

A.とにかく歌が上手かった。落ち着いていて良かった。

Q.手越さんの印象に残っていることは?

A.スタトロで手越と目が合ったこと。

Q.MCはどうでしたか?

A.シゲのソロいじりが面白かった。まっすーと手越が好きな音楽(ロック)が一緒で意外やった。

Q.シゲはカッコよかったですか?

A.当たり前やん。めっちゃカッコよかった。

Q.コンサート、楽しめましたか?

A.良かった!ずっとなんやかんや聴いていたNEWSの曲を生で聴けて良かった。カッコいいシゲを近くで見られて良かった!

Q.最後に…またNEWSのコンサートに行きたいですか?

A.シゲやまっすーのソロみたいに、じっくり音楽を聴ける方がいいけど…でも生は楽しかったから、また行けるなら行きたい。

ということで、以上インタビューでした。ちなみに母は自分の発言がブログに載ることを知らない。インタビューをしたのは母と参戦してから1ヶ月以上経ってからだったのでインタビュー中に何度も「ごめん…覚えてない…なんで忘れるんやろ…。ゴスペラーズのコンサートも結構忘れてしまうねん…。連れて行った甲斐がないなぁ、ごめん…」と謝っていた。

かなり長くなってしまったが、これがジャニヲタの娘を持つ母が初めてジャニーズのコンサートに行くまでの過程と、当日、そして感想でした。お付き合いありがとうございました。

*1:『MUSIC FAIR』やフジテレビの音楽特番など

*2:ゴスペラーズが提供してくれた曲がテゴマス4枚目のアルバム『テゴマスの青春』に収録されている

*3:アルバム『LIVE』の1曲目は『恋のABO』

*4:オシャレでバンダナを使うなんて日常生活では絶対にできない!というくらい普段はかなり地味な服装

*5:メインステージ、センターステージ、バックステージ

*6:アルバムを聴いて気に入っていた『ミステリア』はどこに行ったんや?というツッコミはご遠慮願います