Bright Memories

かすかな記憶、つたない言葉

テレ東音楽祭2017!思わず歌いたくなるヒットソング100

そう、この日は21時まで仕事だった。できることは早めにやってしまって、20時50分には何もすることがない状態だった。交代する先輩にも引き継ぎ完了し先輩から“もう帰ってもいいよオーラ”が出ていた気がしたのだが、一応遠慮気味に「…お、お疲れ様です〜」と言うと「お疲れ様ー!」と返されたので、急いでいるのを必死で隠して職場を出た。よし、計画通り。このまま早歩きで駅まで向かえば、いつもより一本早い電車に乗れる。そして最終的には10分早く家に着く計算だった。最後に乗る電車で、いつもの駅で降りるか一駅前で降りるか悩んだ。ちょうど真ん中あたりにある私の家、どちらの方が近いのだろうかと、電車の中で考えた結果、一駅前で降りることにした。予めイヤホンはカバンの中にしまい、電車を1番に飛び降りた。そこから家まで猛ダッシュ。久しぶりに走り、家に着く頃には使い物にならなかった。(そして息切れも酷い)結果……22時20分頃に出演したNEWSに間に合った。職場を早めに出て良かった。いつもの電車なら、間に合っていなかった。録画しているとはいえ、見れるものならリアルタイムで見たいものである…。

ということで、前置きが長かったが『テレ東音楽祭』のジャニーズ歌唱部分の感想を書いていく。

青いイナズマ(SMAP)/A.B.C-Z

河合くんが、自分のことキムタクだと思っている瞬間がちらほら垣間見えて最高過ぎた。始まり方が素晴らしい(拍手) 途中、テレ東のSTAFF PASSでゲートを通過する場面があったのだが、とっつーのカードの名前が間違っていた…。これじゃとっつーだけ入れませんよ?

TIME ZONE(男闘呼組)/ジャニーズWEST

最初の、重岡くんと歩く照史がイケメン。カメラの振り方もキマっているし、さすが生放送慣れしているなぁと。リア恋枠と言われるのがよく分かった。2組ずつ歌っていって、神ちゃんは堂々と1人で。待機中の神ちゃんがとても男前でした。

テレパシーOne! Two!/A.B.C-Z

とっつー可愛いの一言に尽きる。ふみきゅんがポシェット?とナナナのぬいぐるみかな、黄色い何かを持っていたのだが、よくそのまま躍れるなと。私ならきっと、その手に持っているものをターンと同時に投げ飛ばしてしまうだろう(笑)

Ya! Hot! Hot!/ジャニーズWEST

番協との距離が近過ぎる。そしてまさかの歌いながらのマジック。重岡くんの下半身があるべきところに淳太くんが。サラッと普通にすごいことをやっていて、もう色々とツッコみたくなる演出だった。

パラダイス銀河(光GENJI)/A.B.C-Z&ジャニーズWEST

ふみきゅんが手にしていたものは、やはりナナナのぬいぐるみだった。とっつーと淳太くんのセレクションコンビ、重岡くんとはっしーのセンターコンビの並びがヲタク心を少しくすぐったのではないだろうか。最後にふみきゅん「ガチョーン」って言ってました?

Hey!Say!JUMP

『Precious Girl』初めて聴く曲…なのか?サビを聴いて、初めてでない気もした。知念くん、ジャケットが似合う年齢になったんだね。ジャケットのせいか、Hey!Say!JUMPがすごく大人に見えた。絶対的エースの山田くん、最後の動きは見間違いかと思って二度見してしまったよ。

堂本光一&長瀬智也

全部だきしめて』帰りの電車で、twitterで剛くんの事を知り、そして長瀬くんが代わりに歌ってくれた事を知る。それだけで目頭が熱くなったのだが、パフォーマンスを見ると本当に…ジャニーズのこういうグループを超えた絆が素敵だなと。お客さんもひとつになって、素晴らしい空間だった。

TOKIO

『宙船』始まり方が好きなのに、いつもと違って少しガッカリしてしまった。それでも溢れ出るベテランオーラに私は圧倒されて「やっぱりTOKIO兄さんカッコいい」と言ってしまった。他のアーティストさんたちもすごく楽しそうに手拍子していて、みんなを巻き込んで幸せにする姿がとても良かった。

関ジャニ∞

『今』大人な、爽やかな衣装がとてもお似合いで。派手派手な衣装もエイトらしくて良いけど、すごく正統派アイドルみたいでこれはこれで好き。最初の方で、おーくらと村上くんがぶつかっていたのが珍しかった。いや、ぶつかっているのに気づいたことが珍しいのかもしれない。アイドル村上信五を久しぶりに見て、とても胸がキュンキュンした。亮ちゃんを見ていると、なんだか平ちゃん先生を思い出して勝手に懐かしんでいたら、いつのまにかやすば!安定のやすば!緊張しているのか、初めは表情が硬かった横だけど、最後の方にチラッと笑顔が見れて安心した。

『前向きスクリーム!』

さすがの私でも躍りを覚えていたので、一緒にルンルンで躍る。バックがひょっとこのお面で、どこか物足りないなぁと思ったら。カメラの後ろにはたくさんの浴衣の人が!「いつのまにっ!!」と、月9『貴族探偵』のハナさんもビックリの人数。最後に亮ちゃんがカメラに向かって手を振る姿が可愛くて。思わず録画を止めて写真を撮ってしまった。

V6

MUSIC FOR THE PEOPLE』20年以上も前の曲なのに、このキレッキレの動き。信じられない。良い意味で全然変わっていなくて、アイドルを貫いている所がカッコいい。3分の1が既婚者だとは思えないくらいだ。

HONEY BEAT』イノッチの煽りで雰囲気がガラリと変わって、アイドルスマイル炸裂!おじさんなのにすごい!可愛いという感情が溢れる溢れる。普段は1人1人個人で仕事をしている所を見ることが多いが、こうして6人が集まった時の破壊力。やっぱりアイドルでした。おじさんなのに近距離で見つめあって笑うって、もうなんなの?可愛過ぎる…。

『Can’t Get Enough』最新曲。またガラリと雰囲気が変わり、今度は大人の色気ムンムンでオクターブ攻めしてくる。チラッと映る健くんの切ない表情が印象的。あと、皆もちろんカッコいいけれども、こんなカッコいいイノッチ知りません。

NEWS

『weeeek』CM前の登場シーンでカメラさんがコケるという斬新な演出、いや、事故があった。まぁそのおかげで自担の関西弁「危な!危な!」が聞けたので、少し感謝している。CMが明けて車の中から登場するNEWSくん。正直なところ、もう音楽番組での『weeeek』はお腹いっぱいだった。カメラワークも悪いし、セットもイマイチ。アイドルなのにアップができないセットを組むとはどういうことだろうか?チカチカトロッコのサイズはNEWSが可愛いく見えたから良いけれども、引っ張っていたロープ?が丸見えだったのは残念だった。そして番協のいる小さめのステージへ。

『恋を知らない君へ』手越さんがイヤモニを触った時点でまさかとは思ったが、そのまさかだった。番協がいるのにバラードを歌うのか。番協の意味は?手拍子するわけにもいかず、手を合わせた拝むような形になっている人が多く、途中からNEWS教の教祖様たちと信者達にしか見えず、音楽が耳に入ってこなかった。

TOKIO

『クモ』ビビットでも言っていた最新曲。アイドルを超えたアイドル(?) いや、日本を代表するアーティストだ。毎週島を開拓し、農作業し、廃棄されるはずの食べ物を集めて食堂をひらいているが、楽器を持つと人が変わる。ベテラン過ぎて言うことは何もない。

『LOVE YOU ONLY』何もないと言ったが、あとこの曲の感想だけ言わせて欲しい。松兄の番宣の仕方が独特過ぎて、途中までは松兄が呪われているからお札が貼られているのかと真面目に思っていた。(気づいたらお札が増えていたし) 最後はお客さんも歌って、会場のボルテージは最高潮に。いつかこういう場に行ってみたいなと思った最後だった。

 

さて、各グループの感想をここまで書いてきた。自担G以外は基本的に褒めているのに、自担Gのパフォーマンスに対してなぜそんなに文句ばかり言うのか。謎演出が多く、カメラワークが悪いテレ東。今までにもテレ東のお偉いさん達と絡ませたり、思い切ったわりにはエキストラが少なかったり(船の上で歌った時のやつ)と、色々あった。今までは他のグループも謎な演出があったのだが、今回は普通にカッコよく歌っていて、あれ?自担Gは?となってしまったからである。テレ東はコアな所を攻めるという印象を持っているのだが、ここは演出ではなく選曲でコアな所を攻めて欲しかった。なんやかんや言っているが、NEWSは可愛くキラキラアイドルを見せつけてきたので満足度50はある。来年のテレ東音楽祭に期待したいと思う。(気が早い)(誰目線)