Bright Memories

かすかな記憶、つたない言葉

Happy Birthday 〜好きな所10個挙げてみた〜

まっすーお誕生日おめでとう!何歳になっても、トイレを知らないキラキラアイドルのままでいてください!ということで(笑)小山さんに引き続きまっすーの好きなところを10個挙げていこう。

1.笑顔

まっすーといえば笑顔。笑顔といえばまっすー。笑った時の顔が猫みたいでたまらなく癒される。言ってしまえば顔だけでなく全身からマイナスイオン出てるんじゃないかってくらい癒し効果ありますが。どんなに「おいしい♡」しか言わない酷い食レポだったとしても、あの笑顔を向けられるともう許してしまう。「んもう〜しょうがないなぁ〜♡」って。

2.ファッションセンス

毎回ファッション雑誌をチェックしているわけではないのだが、たまに見るまっすーのセンスはインパクトがある。私はファッションセンスのカケラもない人間なので「これとこれを組み合わせるなんて!」「こんな服あるの!?」と驚いてばかりだ。コンサートでは、メンバーの体格を熟知した上で細部までこだわった衣装を考えているし、今回のコンサートの『Silent Love』からの衣装が好き過ぎて、こんなに煩くなるほど好きな衣装は久しぶりだ。*1 これからもまっすーのセンスを炸裂させてNEWSを輝かせて欲しい。

3.歌う時のマイクを持っていない方の手

コアかなとも思ったのだが、結構そんなことない気もする。私が1番好きなのはテゴマスの『ミソスープ』を歌っている時の手。掌を上にして、歌に合わせて優しく上下させる動き(伝われ〜)が、まっすーの人柄が手の動きに現れている気がして好きだ。

4.ロングトーン時の顔

DVDの特典での録音シーンや、コンサート、音楽番組などで見られる顔。あの、若干上を向いて目をつむり、口をグワァーっと開けて男らしさも出しつつ舌を少し出して可愛さも演出するという顔だ。(きっと本人はそんなこと考えていない)

5.ぽってりとした唇

まっすーの唇って、吸い寄せられる感じがしないだろうか?その唇に手を添えてこっちを見てくるとなると、耐えられる自信は無い。色気ムンムンのあの唇で、ぜひリップクリームのCMとかどうですか?あ、もちろんエイトの横山くんと2人で。

6.歌声

柔らかくてふわふわした優しい歌声。歌っている時の表情が歌声にも出ると言われているが、まさにまっすーの歌声はニコニコ笑顔で歌っているのがわかる。録音ブースが優しいオーラで包まれているのも見える。まっすーといえばこの優しい歌声なのだが、悲しい歌を歌う時の切なさが滲み出ている歌声もまた良くて。聴いているこっちも一緒に苦しくなるほど感情が出ている。

7.低い声

普段の声は低めなまっすー。ふざけているメンバーに対しての冷たい発言などを、低い声で言われるとドキっとする。歌声と普段の声のギャップにも萌えて、この男、ズルい。

8.プロ意識の高さ

プライベートをあまり見せないなど、プロ意識がとてつもなく高い。以前はフリップに書く文字も丸字で可愛く、ファンの前ではお酒も飲まなかったまっすー。今は色々解禁しているが、まだなのがトイレ。まっすーらしくこれからもアイドルを貫いて行って欲しい。

9.ラップ

昔は自担がラップを歌うことが多かったんだけれども、いつのまにかまっすーが歌っていた。メロディー付きのラップでもなんでもおまかせあれ。まっすーが歌うとヒップホップ感がとても強くなり、より一層雰囲気が出る。

10.先輩後輩の繋がりを大切にする所

本当にジャニーズが好きで、先輩も後輩も好き過ぎるまっすー。周りを愛している人はその人自身も愛されるし、この間の『THE MUSIC DAY』でも嬉しそうに嵐の曲を歌っていたまっすーは、お客さんはもちろん、他のジャニーズからも微笑ましく見守られてほっこりした気持ちになった。

 

以上、まっすーの好きな所10個でした。「私もそう思う!」と思った所はあっただろうか?もうまっすーが31歳だなんて、やっぱり信じられない。今私がまっすーに1番伝えたいことを最後に言って終わろうと思う。

まっすーの前髪COME BACK!!

*1:2013年のコンサートでの『ベサメ・ムーチョ〜狂おしいボレロ〜』の時のギンギラスーツ以来