Bright Memories

かすかな記憶、つたない言葉

THE MUSIC DAY 願いが叶う夏〜各グループ感想編〜

今回は各グループのパフォーマンスの感想を。メドレーの感想を書いた前の記事はこちら↓

ofxt11.hatenablog.jp

それでは出演順に雑な感想をどうぞ!

Sexy Zone

『ROCK THA TOWN』マリウスが見る度に成長していて、本当にカッコいい大人になったなぁ…。勝利くんも大人になって、全員がグループ名に相応しいビジュアルになってきたかと。そして安定の聡くんのキレキレダンス、見てて気持ちがいい!英語が多い歌詞だからか、衣装がシックだからか、すごく大人に見えてドキドキした…!

A.B.C-Z

『Za ABC〜5stars〜』はっしー以外の4人はニコッとしているのにはっしーだけ笑わずに躍っていて、緊張してるのかな?いや、単にクールにキメてるだけだよね。

Reboot!!!』五関さんと塚ちゃんなにそれー!めちゃくちゃ微笑ましいショットをありがとう。テレビの画面いっぱいに幸せが広がっていたよ。なんか、A.B.C-Zの動きがすごいのかカメラマンさんがダメなのかわからないけれども、A.B.C-Zの動きをカメラが追えていない気がして…と思っていたら、とっつーに「Bang」されました。死亡。

ジャニーズWEST

『おーさか☆愛•EYE•哀』肩パッド入っててメンバーカラーのスーツで、めっちゃキャラが濃い(笑)カッコよくキメていたのに、途中からどうした!?いつものWESTに戻った時は大笑いしてしまった。エイトよりも大阪感が強くて、今のWESTにしか歌えない感じの曲だなと思った。

Kis-My-Ft2

『PICK IT UP』シャッフルメドレーの時の衣装よりこっちの方がカッコいい。スポーティーな衣装で躍りやすそうだし。上着をつまむのはいいけど、Tシャツをつまんだら「服伸びるー!」ってお母さんに怒られるよ?大丈夫かな?

『SHE! HER! HER!』本家なのに、エイトがチラついてもう頭の中はリサイタルが再生されてしまった。こっちが本家なのに…。今回はローラースケートは無いのか?と最後の方で気づいた(遅)

関ジャニ∞

『奇跡の人』さだまさしさんの音楽。現代の『関白宣言』的な?いや、この曲での「君」に『関白宣言』をするのかもしれないな。関ジャニ∞が歌うからこそすごく味が出ていて、さだまさしさん素晴らしい。黒を基調とした衣装が落ち着いていて、それでいてオシャレ。シュッとした脚が余計にシュッと見えてカッコよ過ぎる…。

 『なぐりガキBEAT』好きですよ、最初の「湧いてくる」で丸ちゃんが下から湧いてくる所(笑)後ろでノリノリな三馬鹿が可愛いー!やっぱり三馬鹿愛おしい…。それにしても横と大倉の脚が長過ぎる。怖いくらいに長過ぎる。

NEWS

『渚のお姉サマー』衣装が!自担以外はカッコいいと思うのだが、自担だけはなんか「ナンクルナイサ〜」って言ってそうだった。でも、お姉サマー可愛かった。自担の歌唱力もツアーのまま変わらずで、良かった。そのままで、いや、もっと上を目指して頑張って欲しい(誰) 開いた中指と薬指から覗く可愛いお顔たち。自担が少しふっくらした?気もするが、まぁ彼は顔から肉がついてしまうタイプなのでそこまで気にはしていない。それにしても、もうあの4年前のピンクのキラキラ浴衣衣装?は無理なのか…そうなのか…。

『エンドレス・サマー』前日のザ少年倶楽部でジャニーズJr.がこの曲を披露しており、久しぶりに聴きたくなっていたところに本家が披露。ファンの心をわかっているなぁという選曲。たまたまだろうけどすごい奇跡。元々亮ちゃんのパートを歌う自担。低い音程も、落ち着いてその掠れた素敵な歌声で難なく歌って、本当に歌が上手くなったなと。そして、NEWSってどうしてこんなに音楽に恵まれているんだろう?と思うくらい、素敵な楽曲が溢れている。この『エンドレス・サマー』もそのひとつで。歌詞に注目して欲しい。「大人になっても幼い日に見た夢が心にあるから、たとえありふれた大人になっても、現状に満足していなくても、扉はあの夏に繋がっているから、輝く自分を探す旅に出るよ」って。こんな素晴らしい曲を作ってくださったのは『フルスイング』を作ったヒロイズムさんである。

亀と山P

『背中越しのチャンス』衣装が素敵過ぎる〜!2人で目を合わせるシーンが多くて、お客さんや視聴者が何を観たいか察してるあたり、さすがアイドルだわ…と感心しきっていた。

青春アミーゴ』 懐かしの曲。2人も、学生時代の友達と学生時代の懐かしい曲を一緒に躍って歌っている感じで、まさに2人の同級生になったような感覚だった。「休み時間に毎回これ躍ってたよね(笑)」って、言いたくなる。学生時代に躍ってた人、多いのでは?

『Beautiful days』懐かしの流星の絆…功一兄ちゃんセンター!リアルタイムで観ていたのだが、星を取るのに必死だったので、録画したものを観た感想を。「楽しくても 苦しくても」の所で、後ろでヲタクの様にリズムをとる相葉ちゃん、リーダー、松潤がゆるかわ〜!曲的にも、なんだかほっこりした気待ちになった。

Hey!Say!JUMP

『Come On A My House』昔の映像可愛すぎー!皆可愛い可愛い言ってたら、薮くん(笑)もう既に出来上がってるから変わらん…。それにしても、みんなカッコいい大人に成長したね。(誰) 

『Ride With Me』昨年末の音楽で歌っていたような。ラップの所ないんかーーーいとツッコんでしまった。

『Precious Girl』やっぱり聴いたことありました。CMのやつでした。「リンラリンラ」(違ったらすみません)って歌っている所が頭から離れなくて、ずっと脳内をグルグルしている。最後の山田くん、もしかして間違えた?間違えて舌をペロッと出すなんて、なんてズルい子なんでしょうか!

KinKi Kids

愛されるより 愛したい』なんて豪華なんでしょうか。両サイドの後輩2人は緊張して表情が堅いけれど、センターの光一先輩の余裕の笑み。カッコよすぎか…。そして終わった時の松潤と相葉ちゃんのホッとした顔(笑)見てるこっちも良かったねぇ〜!と一安心した。最後にお祝いの言葉を忘れないMJさすが(拍手)

『Anniversary』ピアノと光一くんの歌だけという、なんとも贅沢なパフォーマンス。あれ、サビこれ2番の歌詞じゃないですか。光一くん…深読みしちゃう……。(でも、PON!か何かの番組で、2番にしたのは剛くんがいないのと関係ないですよって言っていた)

TOKIO

『リリック』亮ちゃん聴いてますか。全員真剣な眼差しで、目力が凄い。TOKIOの曲にはひとりひとりの個性を生かせるように曲を作る長瀬くんの愛が沢山詰まっているんだなと感じたパフォーマンスだった。

『クモ』TOKIOってメンバー皆が思っていることが同じで、向いている方向も同じで、長瀬くんがそれをグループ代表でいつも答えているんだなと思った。他のメンバーは同じ想いだからこそ何も言わずに全て長瀬くんに任せているのかなと。

『つなぐ』シンプルな衣装も似合う〜!フリで膝曲げたままキープとか、正直キツそうだけど忍者っぽくて世界観がしっかり守られていた。

『Believe』番組のテーマにピッタリな選曲。最後を飾る曲として最高だった。いつかNEWSが最後を任される時が来るのかな…ないのかな…。なんて思いながら先輩嵐さんのパフォーマンスを見させてもらった。

 

やっと書き終わった…というのが素直な感想。この時期忙し過ぎて感想が書けなくて毎年何かに追われている気がする(笑)