Bright Memories

かすかな記憶、つたない言葉

Happy Birthday 〜自担の好きな所30個挙げてみた〜

我が自担加藤シゲアキ様、お誕生日おめでとうございます!*1ついに自担も30歳になった。三十路というやつか。元々老け顔だった(褒めている)ので、ここ数年で年相応のビジュアルになってきていて安心している。男は30歳から!もっといろんなシゲが見られることを楽しみにしています…。

さて、このブログを始めてから自担であるシゲの誕生日を祝うのは3回目。2年連続でシゲへの重くて気持ち悪い愛をつらつら書いていた。だが、今年は30歳という節目ということで、自担であるシゲの好きな所を年齢と同じ30個挙げてみようと思う。ただ30個もあるとゴチャゴチャしてしまいそうなので【性格・メンタル編】【身体編】【才能編】【その他】にわけてみた。うまくわけられるかどうか心配だが…まぁとにかく行ってみよう!

【性格・メンタル編】

1.地味な所

1発目がこれかい!というツッコミ、受け付けません。自担を見てきて、キラキラとしたアイドルの中にも地味な人がいるということに驚いたと同時に、私自身も地味なので、一般人の自分のような人間と同じ部分もあるものだと嬉しくもあったので。なお、非ヲタから自担が地味だと言われることは大嫌いです。(なんと勝手な)

2.ネガティヴな所

地味な所に続いてネガティヴな所だと!?本当に自担が好きなのか疑ったあなた、大丈夫です。好きです。あなたが今読んでいる記事は、自担の好きな所を挙げている記事です。そのまま続けてどうぞ!ネガティヴな所も、地味な所と理由は同じだ。人間、共感できる部分があると、不思議なことに好意を抱くもので。手越さんのようにポジティヴなのも良いけれど、ネガティヴだって良いじゃない、人間臭くて。

3.ナルシストな所

地味な所、ネガティヴな所ときて、ナルシストな所。地味でネガティヴなのにナルシスト。個性の渋滞だけれども、ナルシストだからこそ地味でネガティヴなのにアイドルでいられるのでは。自分自身を愛せない人は愛されることも少ないし、そもそも自分大好き人間でないとアイドルは務まらない。

4.アドリブがきかない所

『NEWS LIVE TOUR 2017 NEVERLAND』ツアーでのMCでも言っていたが、自担はアドリブに弱い。一見弱点に見える所だが、私はここに不器用さを感じ、普段器用だなと思っているのでこのギャップという名の素晴らしい裏切りに胸がキュンキュンするのである。

5.面倒くさい所

よく周りの非ヲタから「シゲと付き合いたいの?結婚したいの?」と質問される。私の答えはどちらも「ノー」だ。こんなに面倒くさい人と付き合いたくもないし、結婚もしたくない。じゃあどうして面倒くさい所が好きなのか。それは、アイドルとはイメージで作られた虚像であるが、面倒くさいということによって、生身の人間味が増して、ただのイメージで作られた虚像ではなくなるからだ。今までになかった新しい“アイドル”加藤シゲアキを作り出したのは、この面倒くさい性格であると私は思っている。

6.賢い所

私が特殊なのかわからないが、賢いというだけで(自担に限らず)好き度が増す。やはり人間というものは優秀な遺伝子を残したいものであるから、賢い人間を求めてしまうのだろうか?

7.なのにたまに天然な所

“なのに”と言うところがポイント。ただの天然でもアイドルとしては「可愛い」と思うけれども、普段頭の回転が速くてキレッキレ“なのに”たまにやらかしてしまうのが高ポイント。見てはいけないものを見てしまった感覚に近いものがある。

8.人見知りな所

もっと周りに絡みに行こうよ!ってか、まずは周りに近づこう?と、テレビに向かって自担に熱く語りかけていることがある。毎回お世話を焼いている感覚。もっと喋ればいいのに…先輩なんだから話しかけてあげたらいいのに…と思ってしまうけど、どんなに思っても人見知りの自担には無理だ。なんだかこのまどろっこしさ(別にイライラしているわけではないけど)は、焦らされている感覚になんとなく似ていて。NEWSファン(特に4人になる前からのファン)って、焦らされることに慣れっ子じゃないですか。NEWSファンって、焦らされてナンボみたいなところあるじゃないですか。(ない) だからわざと焦らされるポイントを探している私って……え?変態?まぁそうですね。(開き直り) 焦らされるのが好きだからこの記事に載っているので。

【身体編】

9.くっきりとした二重

関ジャニ∞の村上くんと比べるとそこまでくっきりとは行かないのだが、NEWSの中では手越さんとならんでくっきりコンビである。目力があって、ギロっとされたら心を射抜かれた感覚に陥るし、少し伏し目がちになると色っぽくて。いろんな表情を持つ目だと思う。

10.鼻の下のくぼみ

だいぶ前にこの鼻の下のくぼみが好きだとどこかで書いた気もするが、私は本当にここが好きなんです!深過ぎるのもダメで、自担くらいの深さがベスト。何言ってんのこいつ、と思ったあなた。別に共感は求めていないので、大丈夫でーす。

11.左利きな所 

これも以前どこかの記事に書いた気もするが、私は左利きの人が好きで。いや、気づいたら、好きな人のほとんどが左利きだったというのが正しいか。左利きの人って天才肌とも言われているし(やっぱり賢い人に弱い)、右利きの人が多い世間では生き辛さを感じつつも健気に生活している姿に胸を打たれるといいますか…(なんか重い)

12.掠れた声

皆さんしゃがれしゃがれと言いますが。私からするととても魅力的な声で。私が名付けると「ハイパーセクシーハスキーボイス」ですね。(なぜかドヤ顔) まぁ…たしかにアイドルっぽくない声なのは認めます。でも、味はあるから。いい出汁出てるから。この素敵な声を生かせるようなお仕事(ナレーションとか)が自担に舞い込んだ来ますように。

13.毛が濃い所

本人はあまり良い様には思っていないかもしれないが、私は男っぽくて好きだ。逆に毛の薄い人は女々しく見えてしまって、どうしても拒否してしまう。自担のヒゲの濃さはいろんなDVDを観たらわかるもので。夜などの、ヒゲを剃ってから時間が経った時に1番顎のあたりが青くなるのは、NEWSの中ではシゲがダントツだと思う。(手越さんは脱毛してるしね) そんな自担を見て、男らしさを感じて愛が増す私は変なのだろうか?

14.眉間のシワ

よく出現するやつ。元々自担の好きではない部分で、若いのに眉間のシワがめちゃくちゃ刻まれてるよ…と心配していた。だが、このシワは自担が何かを真剣に考えている時に出現頻度が高く、それに歳を重ねるごとに味になっている気がしてきて、これはマイナスなことではなく、彼の良いポイントなのでは?とここ数年で感じ始めた。

【才能編】

15.トークの才能

選ぶ言葉ひとつひとつにセンスがある。頭の回転が早く、トーク内容を操る天才。最近の流行りももちろん知っており、常にタイムリーなトークで楽しませてくれる。コンサートのMCでは小山さんと安定のトーク展開で、NEWSのお仕事の宣伝からメンバー個人のお仕事の宣伝まで、サラッと自然に話を持っていく。地方でのコンサートではご当地トークもしてくれるので、地元の人たちが喜ぶこと間違いなし!

16.ツッコミの才能

メンバーからの愛のあるボケや質問に本気でツッコんでいく自担を見て、心がスッキリする。まさに的確なツッコミで、非常に気持ちがいい。一部では「キレ芸」とも言われているそうだが、元々ツッコミが怒っているような口ぶりだから、少しキツめにツッコむとキレてるように感じるだけだと思っている。

17.文章を書く才能

皆さんご存知の通り、自担はアイドルであり作家である。作品を追って行くと彼の文章は毎回成長していることに気づく。徐々に読みやすく、読者に寄り添った温かみのある文章になっている気がするのだ。文庫サイズで発売されている作品もあるので、良かったらどうですか?

18.妄想の(ストーリーを考える)才能

自担の想像力は計り知れない。彼の処女作である『ピンクとグレー』2作目の『閃光スクランブル』、そして3作目の『Burn.-バーン-』と、3作連続で渋谷を舞台にストーリーを考えている。同じ街を行き交う性別や年齢が違う人たちを想像し、頭の中でその人たちの生活を創り出す。彼は本だけでなく雑誌にも連載があり、以前連鎖していたものの中には性的な表現もあった。あのキラキラアイドルも、やっぱり1人の男で、頭の中でそういうことも考えるんだなと勝手に安心している。スキャンダルなどで、第三者から自担の性的な部分を暴露されるより、こういう形で知る方が断然メンタル的に良い。自担の頭の中を覗いている感覚で、この感覚を味わえるのはシゲ担の特権だと思う。

19.作詞作曲の才能

楽器(ギター、ピアノ)ができる自担は、曲作りをだいぶ前からやっていた。自担のソロ曲は全て自ら作詞しており、作曲も1曲*2を除いて自ら行なっている。彼が創り出す音楽は、その時その時の彼の音楽の好みが影響していて(特に2010年より前のソロ曲)「こういう音楽が好きだったんだなぁ」と、これまた頭の中を覗いているような特別な感覚になる。ここ数年のソロ曲は洋楽っぽい印象で、アイドルっぽさがはっきり言ってない。そういう、アイドルという枠に囚われない所が好きだ。また、他のメンバー(手越さん)のソロ曲や、NEWS皆で作った曲の作曲もしていた。

20.セルフプロデュースの才能

この才能が爆発したのはいつだろう。DVD『NEWS LIVE DIAMOND』のソロ曲のMVだろうか?彼のセルフプロデュース力は凄まじく、ここ数年のコンサートでのソロ曲はJr.と共に世界観を創り出して、まるでひとつの舞台を観終わったかのような感動がある。今までには考えられなかったこともソロ曲の演出でやってのけ、見ているこっちがハラハラすることもあるが、毎回息を飲むような新しいチャレンジを見せてくれる。

21.歌の才能

これは今年のツアーで多くの方が感じただろう。元々自担の歌は、お世辞にも上手いとは言えなかった。(ファンなのにごめんね、シゲ) 本人も自信がないようで、叫んで若干投げやりに歌うこともあった。(それでまっすーが怒っていた) それが、今年に入ったくらいからか、テレビでも歌うのが楽しいと言うようになり、音楽番組(特に生放送)でいつもはハラハラして観ていたソロパートも、何も問題なく歌い上げる自担。人の成長ってこんなに自分のことのように嬉しいもんなんですね。とっても幸せな気待ちです。ありがとう。…だからこそ、今年のツアーで『I・ZA・NA・I・ZU・KI』をやって欲しかったんだ。(昨年のオーラスでやらかしたことは忘れないぞ)

22.演技のセンス

自担の、驚きや焦りの演技が好きで。自担そのまんまなんじゃないかという位の自然な演技で、実際に生で舞台を観に行った時も思わず感心してしまった。(上から目線でごめんなさい) なので、今年放送されたドラマ『嫌われる勇気』では主人公の蘭子に振り回されるバディー役で、自担にピッタリな役だと思った。

23.ファッションセンス

LIVE DVDやシングルのメイキングで見ることができる私服が好み過ぎる。派手さはないのにオシャレで、落ち着いた大人のファッション。決して背伸びはしていない。ダンスの練習シーンでの服装は遊び心が見られ、つい「どこで売ってんの!?」と思ってしまうTシャツを着ていることも。それでも普通に着こなしている自担がカッコよくて惚れてしまう。

24.料理のセンス

奥様方が見るような情報番組*3で料理を披露することもある自担。以前ドラマ『花のズボラ飯』でドラマのオリジナルキャストとしてエンディングにズボラ飯を披露した自担。Johnny's webでの連載で自炊したメニューを載せる自担。男っぽい料理なのに洒落ていて、私たちでも作れそうな料理が多い気がする。私も料理はするけれど、自担の料理を食べてみたい。いつか料理番組やってくれないかな…。

25.運動神経が無い所

これを好きな所として挙げていいのか悩んだが挙げてしまった。(ただの盲目) 本人も丸いもの(つまりボール)がダメだと前に言っていたし、走るのもダメ。『嵐にしやがれ』のMJのコーナーに出るのは難しいだろうなと諦めているので、安心してねシゲ。以前ドラマで走るシーンがあったけれども、そこまで遅くは見えなかった。やはりここはカメラマンさんの腕のおかげ。カメラマンさんの技術で速く走っているように見えるならそれでいいじゃない!ね!『変ラボ』で“神に運動神経を奪われた男”と紹介された自担。弱みではなくむしろ強みじゃないかと感じた瞬間であった。

【その他】

26.ダンス

決して上手いとは思わないんだけれども、独特なクセがあって私は好きだ。なんというか、少しクネクネしていて、静止画で見るとたまに変な方向に手首が曲がっている時がある。NEWS4人並んだいて1人だけ内股だったりすることもあるけれど、なんだか可愛く見えてしまう。私の目がおかしいのかな…。

27.ゴツい指輪をコンサートの時に着ける所

普段テレビで見る時は着けていないのだが、コンサートになるとゴリゴリの、手越さんが着けていそうな指輪をはめているのだ。爽やかな王子様と見せかけて手はゴリゴリ。みんな大好きGAP!今年はやっていなかったけれど、2015,16のツアーではツーブロックだったので、コンサート前半は髪の毛は下ろしていたのに、後半からはかき上げて剃り込みが見えている状態でのイケメン曲攻めという所もたまらなく好き。

28.音楽番組などのテレビ番組に登場する際に、芸人さんのネタをやる所

今年もやっていたような。安田大サーカスのクロちゃんの「ワワワワー」を…『THE MUSIC DAY』だったかもしれない。他にもシングル『SUMMER TIME』のMVでは、当時流行っていた小島よしおさんの「ぴーや」をやっているメンバーもいて、NEWS自体が芸人さんネタに敏感なのかな?といった印象で。だけど最近もやっているのは自担だけのような気がするので、そういう細かい所で笑わせてくれる所が好き。

29.時々みせる変態気質な所

皆さん「デニール」って知っていますか?そう、パンストの厚さを表す単位のことである。自担はパンストの厚さに拘りがあり、以前何かの番組で「40デニールが最も興奮する」と言い放ち、共演していた女性アーティストにひかれるという過去を持つ。だが私は逆にキュンキュンしてしまい(やっぱり私も変態か)、それ以降にパンストを買うことがあれば40デニールを選ぶことにしている。

30.毎回見るたびに惚れさせてくれる所

おっと、もう最後の項目になってしまった。彼の1番好きな所は、今まで挙げてきた項目のどれかを必ず毎回見せてくれるということ。何回見ても毎回毎回恋をさせてくれる自担に感謝している。いつもありがとう。

 

実際書き始めた時は、30個も好きな所が出てこなかったらどうしよう?と思っていた。だが、そんな心配は必要なかった。書いているうちに30個を超えてしまい、いくつかカットせざるを得ない結果になってしまったのだ。それくらい自担への愛が溢れて止まらないということで(笑)

今年もNEWSファンと自担のお誕生日をお祝いするので、その模様は後日UPする予定…。

*1:なんか初っ端からヤバい文章。どっかの国の独裁者的な位置にいる人に対する言葉みたい

*2:シングル『チャンカパーナ』初回盤E収録曲『ヴァンパイアはかく語りき』

*3:TBS朝8時から放送の『ビビット』司会はTOKIO国分太一さんと真矢みきさん