Bright Memories

かすかな記憶、つたない言葉

ジャム

関ジャニ∞のコンサートに行くということで、アルバム聴かねば……。師匠に連絡してみると、貸してくれるとのこと。今回借りたのは初回盤AとBで、楽曲は関ジャムで聴いたことがあるものもあったので楽しみにしていた。それでは早速、初聴きの感想いってみよう!

【初回盤A】

1.罪と夏

1曲目がテンション爆上げソング。このアルバムのジャケットからは少し想像できないチャラさ。でも、この曲をこのアルバムに入れるなら1曲目だなと。こういう曲を間に挟むのは難しいんじゃないかな…。コンサートも、この曲からドカンと勢い良く始まるのか!?

2.今

Mステや、夏の音楽特番でも披露された曲。サビのメロディーが、音階を上がって下がるだけというとてもキャッチーなつくりで。曲名も念押しするように、サビの最後に「今」を連呼。こんなに記憶に残る曲を作ったニセ明さんが、めちゃくちゃ気になる…。

3.DO NA I

関ジャムで聴いた曲。オファーした段階からの経緯を見てきた曲で、細かいこだわりも知ることができて。そういう部分に注目して聴くことができて、なんだか得した気分(笑)がっつり関西弁の所もあるのに、メロディーがめちゃくちゃ洒落てるからむしろ関西弁もお洒落に聴こえるスゴい。ところで、歌い出しが横なのは名前がYOUだから…?

4.なぐりガキBEAT

イントロの初めは、大人なバーで流れてそうな感じなのに…その感じを残しつつも関西色をプラスしてくるという。映画の主題歌ということで、映画のストーリーに寄せてる歌詞なのかな?(横ごめん映画観てない)とにかく、聴いててつい体を揺らしたくなるような曲だなと思った。

5.夢への帰り道

切ない丸ちゃんの歌声から始まるこの曲。ピアノもなんだかノスタルジックな感じで、全体的にしっとりほんわかしている。BEGINさんが作ってくださったからだろうか?帰り道ということで、夕焼け空を見上げながらサトウキビ畑を歩く少年が頭の中に出てきてなかなか消えてくれなかった…。

6.えげつない

この曲の感想、えげつない(笑)これにもっとファンが知り得ない情報とか盛り込んであれば最高だった…。今までにはない関ジャニ∞の新しいジャンルを開拓している曲で、デビューしてから10年以上経っているけどどんどん新しい姿を見せていって欲しいと思った。

7.パノラマ

PVのすばるくんが可愛過ぎるやつ。この曲はキーが低めだから、今回のツアー以降歌うのか疑問…。まぁとにかくサビ前の「Ride On!!」が気持ちいい。カラオケで歌ったことがない方は是非、全力でやってみてはいかがでしょうか?

8.Never Say Never

タイトルからしてオシャレな曲かと思ったら、意外とキャッチーなメロディーで。亮ちゃんパートの3連符の所がツボ!サビにも3連符使われているし、私の好み。それにしても、サビ前と曲最後の良い声は誰ですか?おーくらですか?丸ちゃんですか?コンサートで確かめて来よう…。

9.侍唄

『夢への帰り道』のような温かさがあって、聴いてて心地いい。あ、いや、この曲がシングルだって知ってましたよ?だいぶ前に発売されているのも知ってましたよ?iPodに入っていたものの、入っていることを忘れてずっと聴いていなかったという…。こんな良い曲を聴き逃すなんて本当に私はバカだ。

10.S.E.V.E.N 転び  E.I.G.H.T 起き

ガラッと雰囲気は変わり。コンサートでeighterさんがペンライトを振りながら楽しんでいる姿が簡単に想像できる。タイトル通り「七転八倒」「七転び八起き」を前面に押し出した曲で、こんなに風変わりな曲を歌えるのは関ジャニ∞しかいないなと。(褒めてる)

11.NOROSHI

男前丸山登場。バラエティー番組などでおちゃらけてる時とは全く違う、ベースを演奏する時の表情にグッとくる。和装が似合う関ジャニ∞も最強。歌詞も心に問いかけるものがあるし、生で聴けるのが楽しみ過ぎる。

12.青春のすべて

風が吹いた様な始まり方で、2人ずつユニゾンで歌う所が印象的。サビで細かいメロディーに言葉を詰め込む所が、いきものがかりの水野さんらしい。torn*1のファルセットが綺麗で、じっくり聴きたいと思った曲。

13.ノスタルジア

歌詞を見ると、主人公が君と星とを重ね合わせているのかな?イントロから機械的な感じの音がリズミカルに流れて来てオシャレだけど、どこか淋しげで。細かい休符が所々あるけれど、それは主人公の気持ちを表情しているのかな〜なんて深読み。

【初回盤B】

13.Answer

イントロは各楽器を演奏するということでよろしい?それにしても、アイドルが歌うにはめちゃくちゃ重いテーマなような。そんな曲を作って歌う三馬鹿はやっぱりそこら辺のアイドルとは一味も二味も違うってことか。 単語ひとつひとつの重みが凄くて、心にグサグサくる。あの3人にしか歌えないし、あの3人だからこそ歌えるし。「マイナス美学」って言葉が印象的で、今の自分には分からないけどこれからわかって行くのかな〜なんて思ったり。

 

ユニット曲が三馬鹿と歳下(あの4人の呼び方があったらすみません)で分かれている所がeighter得なのでは?ずっとこの分け方を待っていた人が沢山いる気がする。この感想、実は6月末にCDを受け取ってからすぐに書き始めたのだが、自担の誕生日やらなんやらで書き上げるのに時間がかかってしまった。もうコンサートに行くのは明日(7月21日)だ。行くまでに間に合ってよかった。なお、コンサートの感想はツアーが全て終わってから公開するので、当分先になるだろう。

今回借りることができなかった通常盤にのみ収録されている『生きろ』『JAM LADY』『Traffic』の3曲はどんな曲かわからないままコンサートに臨みます…。

*1:大倉×錦戸