Bright Memories

かすかな記憶、つたない言葉

人生で充実度No.1のGW

なんでGWのことを今更…とお思いの方もいらっしゃると思うが、ネタバレ防止のために今まで公開しなかっただけなのでご理解ください。

また、タイトルにある「人生で」と言ってもまだ四半世紀程しか生きていない奴の人生なんて…とお思いの方もいらっしゃると思うが、私にとってこれまでGWとは基本的に最悪なものだった。*1 今まででまだ良かったGWといえば、数年前就職活動をしていた時に内定をもらった年だ。それ以来の良きGWが、いや、その年とは比べ物にならない程最高なGWがやってきたのだ。私のGWは5月3日〜6日の4日間だった。この最高なGWを記録として残す。この世に生を享けてから四半世紀が経っている独身ジャニヲタ女が「人生で充実度No.1なGWだわ〜」ということを、未来の辛いGWを過ごしている自分に届けるために書くので、お暇な方は先にお進みください…。(ちょっとレポ的なものも有り)

5月3日

前日夜勤だった私は、お昼まで仕事の後片付けに追われていた。やっと仕事が終わった私は家には帰らず、職場で昼食を摂って美容院へ。このGWを忘れられない最高なものにするために、私は気合が入っていた。(今考えると気合が入り過ぎていて気持ち悪い) 髪の毛を、プリンになってもほとんどわからない程度のダークブラウンにしか染めたことがない私だったが、今回は思い切って毛先のみだがブリーチし、なんと緑色に染めようと決めたのだった。いつもお世話になっている美容師さんが「ねぇ、どうしたの?何かあったの?」と心配するほど珍しいことだった。思ったよりも短時間で色が入ってくれ、あっさり帰宅。

5月4日

5時半起床。仕事の早起きは辛いが、楽しみのためなら早起きだってへっちゃらだ。この日は大阪での『NEVERLAND展』へ。集合時間が早く、かつ大阪まで距離があるので早起きしなければならなかった。『NEVERLAND展』は、昨年のツアーでNEWSが着ていた衣装(『恋を知らない君へ』の時の衣装は、次の衣装の下に着せられていたので詳細は不明)が展示されていた。じっくり目に焼き付けてやろうと必死に隅々まで見た。自担以外の衣装も見て「こんな服着てたんだ…」と呟いた。基本的に小山さんは細身なのでスラッと見える衣装で、増田さんは胸板が厚いのでゴツめ。手越さんは、なんか私も着れそうだった。いや、きっと着れる。なぜなら、身長と足のサイズがほぼ一緒だからだ。自担は端がほつれていたり、装飾が取れかかっていたり。私的に1番の収穫は、自担の靴底が外側だけ微妙に減っていたこと。(個人の見解です) なんと、私も同じなので「歩き方気をつけようね…」とマネキンに声を掛けてきた。衣装を見る前に、本人確認後入場前に待機場所があり、NEWSからのメッセージもあった。『NEVERLAND展』の後は増田担のお友達と待ち合わせ。城ホ前の噴水で待っていると、グッズが入った段ボールが運ばれていた。ふと気づくと、桜の花びらが舞っており、おそらく『AVALON』の花びらが出てしまったのだろう。強い風に乗ってヒラヒラ空中を彷徨う花びらを、一部のファンが一生懸命追っかけていた。無事落ち合った後はジャニショに行き、Johnny's LIVE COLLECTIONと写真を購入。その後はご飯を食べたり買い物をしたりお茶したりご飯を食べたり…。NEWS(特に『NEVERLAND展』の感想とアプリ『NEWSに恋して』)について語り合い、かなり楽しい時間を過ごした。

5月5日

お昼過ぎに家を出発。行き先は、大阪城ホール。そう、NEWSのコンサートに行ってきたのだ。快晴で最高のコンサート日和だった。広島でグッズはペンライトとうちわ、タオルとボディーシールしか買っていなかったので、他の物はこの日に購入。一緒に入ってくださった方は手越担のお姉様。はじめましてだったが、めちゃくちゃ良い方だった。お席はスタンドFで、もしスタトロがあったら神席だった。この日のMCを簡単に思い出してみた。(話の順番絶対合ってないし、言葉もニュアンスで。思い違い記憶違いもあり。そしてこれが全てではありません!)

【突然のアナウンス】

機長から小山アテンダントへアナウンスが入り、お誕生日おめでとうケーキが出てくる。みんなで『Happy Birthday』を歌ってお祝い(メンバーによる替え歌もあり、シゲマスがその時に慶ちゃん呼びしていた) ニヤニヤしたシゲが小山さんを呼ぶ。何かを察した小山さん!そこにはケーキを手掴みするシゲが。「はい、あーん」と言われてめちゃくちゃ嫌そうな小山さん。手で食べさせられて、口周り(鼻とか)にもクリームをつけられる小山さん。小山さんも手掴みで、手越さんに食べさせようとするとみせかけて、鼻にクリームをつける。そんな中1人セクシーにイチゴを食べる増田さん。「食べる?」と口パクでカメラ(の向こうの増田担)と会話する増田さんに「俺のイチゴ!」と必死な小山さん。そのうちJr.たちもケーキに手をつけ出すと「俺のケーキ!」とまたもや必死になる小山さん。

後々、広島でお祝いしてもらえなかったからもうないかもと思っていた小山さん。このMCに入った時、小山さんが「えっ、アナウンスのタイミング違うくない?」という表情を増田さんに向けると「なんでだろ?」という表情をした増田さん。増田さんはこのアナウンスの意味(小山さんのお誕生日のお祝い)を知っていたのに、知らない演技をしたんだよ、とその演技を再現。「ドラマの仕事来るかな?」と徐々に大袈裟になっていく増田さん。「だとしたら、芝居がデカいっす!」とシゲにツッコまれる。

「てか、手越ってこういう時も(Happy Birthday)ハモるんだな。俺主メロ頑張らなきゃってなった!」とシゲが楽しそうに話していたのも可愛かった。

【PON!の写真撮影】

「ねぇ、なんでこんなみんな口周り汚いの?w」と小山さん。スタッフさんがまっすー(?)のiPhone(?)で撮るものの、横向けで撮ってしまう。するとNEWSが「縦ね!縦PON!」と教えてあげていた。撮った写真をモニターで写してくれる増田さん。アップにしてよく見えるようにサービスも。写真を撮るためクリームを付けられないように必死で逃げていた増田さんだけ綺麗なお顔で写っていた。

【MADE10周年の話】

代表して秋山くんがコメント「昨日で結成して10年になりました!……(この後も喋る)」「なんかそろそろ俺より長くない?」と、何回か言っちゃう小山さん。手越さんと秋山くんが同期という話の時「お兄ちゃんみたいな存在です!」とマイク無しの地声でハッキリ聞こえた秋山くんの声に驚いた。

【小山さんの抱負】

誕生日を迎えて34歳になった小山さんに仕事とプライベートの抱負を言わせるシゲ。「仕事ではキャスター毎日やって、NEWSに還元できるように」「プライベートではすみませんでした!もう生まれ変わりました!皆さん安心してください!」と頭を下げる小山さん。聞いておいて「生まれ変わったってどういうこと?w」とわかってないフリでイジるシゲが怖かった。そして「もうそういうありきたりな抱負(仕事の抱負)とかいいからメンバーの好きなところ言って」と無茶振り。「10個ずつね!」と増田さんが提案。シゲの前まで行き「シゲは愛してる」と言って、間があってからの「…シゲは俺の精神安定剤だから」と言って照れたのか増田さんに逃げる小山さん。「増田くんの好きなところはぁ~(小学生風)」とふざけつつ話し出す小山さん。両手を広げて、小山さんが好きなところを言う度にちゃんと10個言うか指折り数える増田さん。小山さんを照れさせるためにメンバーの好きなところを言わせたシゲだったが、小山さんが手越さんの好きなところを言っているとめちゃくちゃ照れる手越さん。ステージの反対側に立っていたのに、わざわざコヤテゴのところまで近づくシゲ。小山さんが手越さんの好きなところを言い終わった時にシゲが「手越くんの好きなところはぁ~!」と乱入。これを言うためにゆっくりステージ上を移動していたとは。

【前夜一緒に飲んだ話】

シゲと前夜飲んだ小山さん。その時の話をしたくて「言ってもいい?言ってもいい?」とシゲに聞く。「えー、ちょっとやめろよ」とシゲは言って欲しくなさそうにするが話を続ける小山さん。「俺はいつでも小山の味方だから。どんなことがあっても小山を裏切らないから」って言ってくれたと話す小山さんに「すげー深読み!めっちゃ暴露すんじゃん!」と強めの口調で言い、照れ隠しをするシゲ。

5月6日

4日ほどではないが、この日も早起きをした。もう知り合って10年弱になるヲタクのお友達と大阪でランチするためだ。え?どこでランチかって?大阪ビジネスパーク駅周辺ですよ。察しのいい方はもうお分かりでしょう。そう、この日もNEWSのコンサート。しかも両部参戦。1部はまさかのアリーナ席。しかもBだったので広島とは反対側。この日のMCも簡単に書いていこう。

【MC直前】

「桜のような君でした〜♩」と金八先生風に歌う手越さん。「なんでさくらガールを金八先生風に言うのw」とツッコむシゲ。「夢はツールドフランスです!」とノる増田さんに小山さんが「シゲマスだシゲマス!お、ハセケンハセケン!」と興奮。すると「リコーダーちょうだい!」とシゲがハセケンに。「イエスタデイだっけ?」と聞く小山さんに「そうそう」と答えるシゲ。「小学生の時好きな子のリコーダー使いたかったよね」とサラッと言う手越さんに対して「おい!」「手越だけナチュラルに変態の話なんだけど!」と即座にツッコむコヤシゲ。

【シャワーブースでの話】

昨日小山さんと同じシャワーブースに入った手越さん。手越さんのアレ(シゲ曰く小手越w)がシャワーを浴びている小山さんの腰にペシペシ当たっていた…。そしてシャワーから上がってきた手越さんが「あれ!?頭がベトベトする!…あ!コンディショナー流し忘れちゃった!」とシャワーブースに戻ったのをシゲに暴露されていた。他にも、ご飯屋さんに行った時何もないところで手越さんが転けかけて、両膝がビヨーンってなった、というエピソードも暴露するシゲ。

【好きなところ言って!】

「昨日誕生日だったマネージャーにNEWSの好きなところ聞いてさ…あ、まっすーが来る前ね」と話し出すシゲ。ショボンとした顔の増田さんが「まっすーの好きなところは〜?」と超絶可愛い顔と声で!(客席から悲鳴もあり笑)「まっすーが来る前だったからさ」と言うシゲに「じゃあシゲが言ってぇ?」と、また可愛い顔と声でお願いする増田さん。「昨日俺の誕生日お祝いしてなぜか俺がみんなの好きなところ言ったじゃん?」と、普通反対じゃない?的なジェスチャーをする小山さん。好きなところ言って!と言わんばかりに手越さんの前に立つ小山さんに「メンバー愛が強いところ!僕たちも愛してるけど、この人はほんと凄い!」と手越さん。その次にシゲの前に行く小山さん。照れつつもニコニコで待っているシゲ。「小山さんの好きなところ?うーん…俺が言ったアドバイスをすぐやってくれるところ。ここ良くなかったよ、とか言うと、はい!って。ある意味素直だよね」と、もう言ったからいいでしょ?的な顔をするシゲ。「行けっ!あっちに行けっ!」と、増田さんの方を指して恥ずかしそうなシゲ。ニッコリと満足そうな小山さんの顔がモニターに映り、増田さんの方に素直に移動する。が、逃げる増田さん。捌ける階段の途中で小山さんに捕まる。と、ここで手越さんが「巨神兵巨神兵!」と言って小山さんが巨神兵のマネをしながらステージに戻る。そして「バルスバルス!」とはしゃぐテゴシゲ。仕切り直して増田さんが「小山がにゅーすにいることによってバランスが取れてるよね。シゲも手越も俺も頑固でそれぞれ意見出し合って、そのみんなの意見をまとめようとしてくれてる。いつもありがとう」と真面目に小山さんの好きなところを言う。そして「まぁ、小山がまとめても、これにしようとはならないけどね!」と最後に余計なことを言う増田さん。好きなところを言ってもらいたい人の前に立つという謎の制度ができてしまい、増田さんがシゲの前に立つ。「まっすーの歌とダンス好きだよ」と言うシゲに対し「歌とダンスぅ~?」と、可愛い顔と声で言う増田さん。この間にコヤテゴが増田さんの後ろに並んで、シゲに好きなところを言ってもらおうとしていた。それを見て「やだー、このロケット鉛筆方式!」と言いつつも「手越さんは人が好き。いつも元気でみんなを幸せにするところ」と、手越さんの好きなところを言うシゲ。満足げに捌ける手越さんの後ろには小山さんが。「あなたは(さっき)言ったよね!?」とシゲがツッコんでいた。

【手越語録】

「昨日好きなところ言った時に手越は目がキョロキョロしてウルウルして可愛かった〜!子犬みたいだった!」と、はしゃぐ小山さん。それに対して「ウォータアイなのよ」と返す手越さん。一同「ウォーターアイ?」となり、シゲが「ドライアイ?」と言うが「ううん、反対」と手越さん。「だとしたら、言わないと思うけどウェットアイじゃね?」と優しいシゲ。

【マネージャーさんの話】

マネージャーさんが思う小山さんの好きな所は、お洋服を買ってくれる所と
ご飯を奢ってくれる所という話になり。「お金です。僕お金」と笑いながら言う小山さん優し過ぎる!続けて小山さんが「でも最近結婚して、吉野家誘っても「嫁が作ってるんでごめんなさい」って言われるの」と悲しそうでどこか羨ましそうな顔をする。すると手越さんが「1回言ってみたいね!うちのが作ってるんでって!」いいねとばかりに首を縦に振る小山さん。「嫁がさぁ?」と言う手越さんにすかさず「チャラいよw」とツッコむ小山さん。「いや、結婚する時にはもうちょっとちゃんとしよう?」と冷静な増田さん。「お父さんお母さんとはすぐ仲良くなれるよ。一緒にお酒飲んだりしてさ」「それかボコボコにされるかだな」と増田さん。「ターミネーターみたいに復活する!」と手越さんがふざける。

【スイッチ】

「不思議だよね、みんなの人生にNEWSがいるって」と言う小山さんに「不思議じゃないよ、運命だから」とカッコつける増田さん。「ちょっと目を細めるのやめてw」とコヤシゲがシンクロ。「みんなに出会えたこと?奇跡?」とドヤ顔の増田さんに「おしゃくれになってますけど?」とシゲ。「違うスイッチの方入れちゃった間違えた」とごまかす増田さん(笑)じゃあシゲに聞こう!ということで、小山さんが「加藤さんにとってファンとは?」と聞くと「…愛(ドヤ顔)」「加藤さんにとってNEWSとは?」と聞かれ「(間をあけて)…愛(キメ顔)」と答えるシゲ。コヤマスに「スターの間!」と言わせるシゲさすが。「小山さんは?アイドルスイッチ入る?」とシゲが聞くと、頑張ってスイッチを入れようとしてしかめっ面になる小山さん。その顔を見て「あれ公園で蜘蛛の巣にひっかかった時の顔!」と増田さん。「小山さんにとってファンとは?」とシゲが聞くと「…嫁?(キメ顔)」「小山さんにとってNEWSとは?」と聞かれ「…人生?(キメ顔)」と答えると「こんなアイドルいやだ!」とシゲに言われてしまう小山さん…。

この昼公演のMCがかなり印象的で面白かったので、かなり長くなってしまった。が、ここから個人的なファンサの話をするので嫌な方は2部のMCまでスクロールどうぞ!アリーナBということで、シゲ担にとっては最高の場所だった。『U R not alone』の時、シゲが汗を飛ばしながら懸命に歌う姿を下から見上げていた。その後『イノセンス』で小さいアリトロでこちらに向かってくるシゲ。ファンの顔をしっかり見てファンサをしながら近づいてくる。そして、私の目の前を通る直前にそっぽを向いて通り過ぎていく…。「ああ、もうダメか…まぁファンサを貰いに来ている訳ではないし…」と思っていると、振り向いて私の方を見ているシゲ。片付けかけたファンサうちわをダメ元で出すと、しっかり目を見て指さししてくれた。そう、昨年のオーラスと同じファンサうちわ「指さして」を持っていたのだ。このファンサうちわ、最強かもしれない…。

さて、2部ははじめましての増田担と参戦。お席は20列。大阪城ホールは23列までしかないので、つまり後から3列目。これだけの情報だとあまり良くない席だと思うかもしれないが、角度が良かった。そう『U R not alone』で自担のリフターが目の前だったのだ。ということで、お待たせしました2部のMCです〜。

【ゲームの話(主に手越さん)】

「バカな友達の話なんだけど〜」と話し始める増田さんに、小山さんが「そのバカな友達って言い方いいね(笑)」と褒める。「ポケモンを探してリアル草むらに行って、ポケモン捕まえようとしてた奴がいて…」と話す増田さん。そいつヤバい!となったところで「それ俺やないかーい」と手越さんのツッコミが入る。「横浜って草むら多くてね、市販のモンスターボールで捕まえようと思って」と話す手越さんに「いや、もしいたとしても市販のモンスターボールじゃ無理でしょ!」と小山さんがツッコむ。手越さんが「小学生の時の話」と言うが「あれ、中学じゃなかったっけ?w」と増田さん。「諦めてピカチュウの人形買って、獅子座流星群にこのピカチュウが喋るようになりますように!ってお願いした、小4の頃」と話を続ける手越さん。 「それ去年の話だろ!去年テッドが喋りますようにーってお願いしてたじゃん!」と可愛いエピソード暴露される手越さん。「いや確かに、家のソファーにいるけど!」とあたふたする手越さんに「(俺があげた)そらじろーは?」と小山さん。「あ、もしかしていまテレビに出てるそらじろーは獅子座流星群で叶ったやつなのー?」と言う増田さんに「よくわかんなくなってきた」と小山さん。いや、会場全体が「?」とよくわからない状態に。(そらじろーの)くちばしをよくエマが噛んでる」と話す手越さんに対して「あれくちばしじゃないから!鳥じゃなくて怪獣だから!」と必死な小山さん。「あいつ怪獣なの?」と言う手越さんに「あいつって言うな!」と怒る小山さん。何色のそらじろーが好きかという話になり「紫!」と答える増田さん。また会場全体が「?」となる。「金色!」と言い直した?増田さんに「シャイニングスコーピオンじゃん!」とミニ四駆ネタをブッこむ手越さん。

【漫画の話】

「俺ねーちゃんいたからさ!」と、小山さん安定のお姉さん話。「あれ読んでた!なんだっけ…」と昔読んでいた漫画を思い出そうとする小山さん。「アリサ?アリス?」と思い出し切れてない様子の小山さんに客席から「アラレちゃん?」と聞こえて「それ!アラレちゃん!」とパッと顔が明るくなる。「よくわかったね」と感心するシゲ。他に漫画何読んでたかという話になり「ドラゴンボールとか」と言う増田さん。そして「スラムダンクとか」でハモるシゲマス。

【今の流行りは?】

「今の子は何が流行ってるんだろうね?」と言う小山さんに「NEWSじゃない?…流行って行きたいよね」とアイドルスイッチオンで答える増田さん。「何が流行ってるー?」と客席に向かって聞く小山さん。「妖怪ウォッチー!」と答えが返ってくる。「せーのヨーデルヨーデル…」と完璧に躍る手越さんに「なんで完璧なんだよ!」とシゲ。ゲームの話になった時も、今何が流行っているか客席(親子席)に聞く小山さん。女の子が何やら答えるが、聞き取れない小山さんは「ごめん、おじさん聞こえなかったからもう1回言って?」と言い「スプラトゥーン!」と元気に答える女の子。手越さんは小山さんより遠くにいたが、小山さんよりも先に「スプラトゥーンかぁ〜」と聞こえていた様子。

【機長!】

そんな手越さんはそろそろ次の準備に移らなければならないのだが…なかなかステージから降りたくなさそう。「わがままはだめよ〜」と美声で優しくなだめる様に言う機長。シゲが「もうライブ止めて帰ろっかなー?」小山さんが「あー、もう寝よう!」増田さんが「お腹いっぱいだけどもっと食べよう〜!」と、自分も機長に言われたくて、わがままを言い出す他の3人。それに対して「そうですか」と冷たい機長(笑)

【歌詞間違えた】

1部でソロの歌詞を間違えた小山さん。大サビで「あんなに〜眩しくて〜」を「あんなに〜抱き合って〜」と歌ったのだが、それをなぜか2部のMCで増田さんに間違いを指摘されていた。(前に『HAPPY ENDING』で歌うタイミングを間違えた増田さんを小山さんがイジったから…?)「どんだけ抱き合うんだ!」と言うシゲに「2回抱いてやった。抱いて抱いてね。がっつり抱いてやった」と会場に悲鳴を響かせた小山さん。間違い繋がりで『KINGDOM』でも振りが逆だったって言われた小山さん。「元々小山さんはこの後歌うから躍ってなくて、でもそこ躍ろうよってなってね…。すっごい頑張って逆っていうw」と経緯を話しつつ笑うシゲ。「一生懸命に頑張ってるよ」と小山さんが言うが「『チュムチュム』の時ももっとここ(中腰くらいまで)下げるんだよ!って言ったら下げすぎてた」と増田さんに過去を掘り下げられる。「なんで逆になるんだろ…」と言う小山さんに、増田さんが立ち位置を伝えて『KINGDOM』の振り付けを3人で再現しようとする。そしてひとつ振りが抜けていることが判明。「ステージで振りを直すんじゃないよ!」とシゲに怒られる。

だいたいこんな感じだろうか。こんなにも詳しめにMCの内容を書くことは今までなかったと思う。かなり大変だった。だが、その分この先いつでも見返せると思うと嬉しくて仕方がない。

今回初めての両部参戦、大阪全公演制覇を経験した。Twitterを開くとタイムラインにはフォロワーさんのチケツイが。譲ってくださいというツイートが溢れていて「こんなにも求めている人がいるのに私だけこんなに行ってもいいんだろうか…」「全滅した人にひとつ譲った方がいいのだろうか…」と考えていた。大阪の会場にてフォロワーさんとお会いした時に、そのフォロワーさんのお友達も交えてコンサートについて話していた。私が「こんなに沢山コンサートに入るのは初めてで…」と言うと「行ける時に行っとかな!」と言われた。確かに、昨年はあまり行けなかったなぁと思い出し、この言葉に救われた。それに「やらない後悔よりやって後悔」という言葉もある。私はこの後の公演も全て全力で楽しむことを誓った。

*1:いや、きっとこれからもGWにコンサートがない限り最悪なままだ。最悪な理由は…親戚との人間関係のあれこれです。本当に面倒くさい。誰か嫁にもらって?