Bright Memories

かすかな記憶、つたない言葉

BLUE発売から11日経った

発売日に更新した記事では『BLUE』をはじめ『NEWSニッポン』と『Stand Up』の感想を書いた。その記事がこちら↓

ofxt11.hatenablog.jp

少し遅くなってしまったが、今回は新曲『Cascade』と『夜よ踊れ』そしてMusic Clipの感想を書いていく。

Cascade

フィンガースナップが特徴的な曲。歌う順番が、増田さん→小山さん→シゲ→手越さんの繰り返しで。少しずつだがサビでもソロパートがあり、珍しいパターンだなと。「cascade」とは名詞で滝、動詞で滝のように落ちるという意味があるが、この場合は後者だろう。今年のアルバム『EPCOTIA』に収録されていてもおかしくない様な、星や宇宙を意識した楽曲。野外だと、暗くなってから歌って欲しい。屋内だと、2016年のQUARTETTOで『I・ZA・NA・I・ZU・KI』を披露した時の衣装が似合いそう。

『夜よ踊れ』

衝撃。Twitterで周りがヤバいヤバいと言いまくってて、聴く前は「そんなに?」「大袈裟過ぎじゃない?」と思ったが、決してそんなことはなかった…。NEWSっぽくない、いや、アイドルっぽくない楽曲で(そんなに聴いたことないから勝手なイメージだけれど)ゲスの極み乙女さんとかが歌ってそうだと思った。メロディーも歌詞もセリフも全てが新鮮で、これは聴き方によっていろんな味を楽しめる曲なんだろうなと、これからもどんどん聴いて新しい発見をしたいと思った。うまくは言えないが、すごく大人な曲で。高めのキーだが難なく歌いこなすし、これはオシャレにカッコつけて歌って頂きたい。

Music Clip

NEWSの爽やかさを残しつつも、男らしさを感じる。サッカーボールに青い炎と、歌詞の世界観を表した演出がわかりやすい。地面が濡れていて、バックの四角い枠の光や、4人の靴の光が反射していてこれまた綺麗。4人の目*1だけのカットもそれぞれの魂を感じるし、是非サッカーの試合と一緒に楽しみたい作品。日本は残念ながらベルギーに負けてしまったけど大健闘だったし、なによりまだW杯は終わってないから。それにしても、ラップの増田さんの帝王感?教祖感?凄くないですか!?なんですかこれ…。増田教があったら入りたい。(真顔)

Making

まぁなんとNEWSさんのバッグで波打つ壁は手動。スタッフさんありがとうございます。手越さんからボールを自然に受け取って軽く上に投げたりして、自担がボールと友達になれた様に見えたけれどもそんなことはなかった。メイキングで普通にビビってた(笑)でも早口で喋りつつもどこか楽しそうで。増田さんは例のラップのところで、自分からも動きを提案しながら撮影をこなすという、できる男を見せてくるー!小山さんは…アルコール入ってないですよね!?(お酒をネタにするのはまだ早いかも) とにかく嬉しそうでなによりです。お疲れな自担に絡んでいくコヤマス。ちょっとお兄さん達何してるんすか(笑)打ち合わせしたみたいに動きもバッチリだし。コヤテゴの男同士のイタズラはどうやらコンプライアンス的にアウトだったのかカットされていて残念!動きが激しいシーンも良かったが、個人的にはじっとしていて後ろで炎がメラメラと燃えているシーンが好きで。体の中で魂がメラメラと燃え上がっているのを表現していて、この静かな闘志がカッコいい。最後のトークでは、サッカーのメインキャスターということで手越さんが流暢にお話しし、自担は控えめで。やっぱりお疲れなんでしょうね。今年の梅干しは作った本人もたくさん食べるべきかと(笑)手越さんに食べ尽くされませんように!

ということで、今回発売になった全ての作品の感想を書いた。発売日から今日までの間、風邪を引いたり、病み上がりで仕事で遠出をして1日中歩き回ったり、大雨の影響で新幹線に予定の4倍の時間閉じ込められていたり…。*2思ったよりも遅くなってしまったが、とりあえず更新できて良かった。ということで、昨日のMUSIC DAY見直してきます〜

*1:自担の眼力の鋭さたるや…

*2:自由席の席がなく立ちっぱなしでスマホの充電もほぼ皆無